人に好かれる方法-また会いたいと思わせる40のテクニック

職場や学校の人間関係で悩んでいませんか?

職場の悩みでもっとも多いのが人間関係にかんするものです。
一度こじれてしまうと関係の修復や和解には時間がかかるので、ストレスを重ねてしまう原因にもなってしまいます。

いろいろな性格の人たち、主義主張の違う人たち、そうした自分を取り巻くすべての人たちとうまくやっていくのは、とてつもなく大変なことに思えます。

しかし、人間関係の悩みの多くは、自分自身をほんの少し変えることで解決できます。
要は、あなたが大勢の人から「好かれる人」になれば、ほとんどの悩みは消えるのです。

ここでは、誰にでもできる「人から好かれる40の方法」を紹介します。
できることから生活に取り入れて、好かれる人を目指してください。
続きを読む

Pocket

イライラや怒りにさよなら!あなたの心を整える呼吸法

male現代に生きている人は、誰もがイライラや怒りと無縁ではありません。特に会社に勤めている人々は、他人との関わり合いの中で上手く行かないことにぶつかり、精神的な安定を失いがちです。

「部下が言うことを聞いてくれない」
「あの上司はいつも小言を言ってばかりだ」
「自分は正当な評価を受けていない」

などなど、イライラや怒りの種が次から次へと湧き、そこから意識をそらすことができずに、いつもネガティブな感情に囚われている。そんな人は多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな人に声を大にしておすすめしたい「心を整える呼吸法」をご紹介します。
続きを読む

Pocket

見た目で差がつく企画書の作り方-読む気にさせる7つの秘訣

female企画書の見栄えがよくなる方法を知りたいと思いませんか?

パソコンでのビジネス文書作成が当たり前になり、以前はデザイナーに任せていたような仕事もやる機会が増えました。

「デザインが苦手なもので……」などとは言っていられなくなったのです。

企画書の作成も同様です。以前はプランナーの仕事だったものが、今やビジネスパーソンの必須業務になっています。

誰もが企画書を作るようになったわけですから、なにか差別化できなければ企画採用への道は開けません。読み手に訴えかける差別化で、もっともわかりやすいのが「見た目」なのです。

ここでは企画書の見た目で差をつける秘訣を7つの要素から解説します。
続きを読む

Pocket

他人より2倍早い企画書の書き方-スピード勝負の20ポイント

image人よりも早く企画書が書けたら、ビジネスチャンスが大きくなると思いませんか?

何事にもスピードが求められる激変の時代、早い提案は採用される大きな要素となります。ビジネスパーソンには、レスポンスの良さが求められているのです。

しかし、早いだけで内容のクオリティが低ければ、採用はされません。他人よりも早い、的を射た提案に意味があるのです。

ここでは、時短とクオリティを両立させた企画書の書き方を、「早く書くために必要なノウハウ」と、「紙面に表現する際の裏技」という2つの観点から、それぞれ10のポイントをあげて解説します。
続きを読む

Pocket

勝てる企画書の構成と見せ方-説得力をもたせる20のポイント

male勝てる企画書作成のスキルを身につけたいと思いませんか?

「指示されたことを確実に実行できる人間」と「新しいビジネスプランを立ち上げられる人間」。企業にとっては、どちらも必要なタイプです。

しかし、「誰かの指示で仕事をする人間」は、正社員である必要がありません。仕事量に応じて補充と削減ができる非正規雇用のほうが、企業にとっては都合がいいのです。

これからのビジネスパーソンは、企画力を磨かなければ生き残ることができません。自ら作成した企画書で勝ち残っていかなければいけないのです。

ここでは勝てる企画書作成のポイントを、書く前にチェックする「構成の10ポイント」と書くときに意識する「見せ方の10ポイント」
に分けて解説します。
続きを読む

Pocket

企画書の作り方 | 4工程でまとめてアイデアを企画にする方法

male「企画のアイデアが浮かばない」
「アイデアは浮かぶけど、それをカタチにできない」

そんな悩みを抱えている人は多いですよね?

常に新しいビジネスプランが求められるこの時代、企画立案ができなければ、ビジネスパーソンとして企業で生き残ることは難しくなります企業が必要としているのは、企画立案ができる人間なのです。

課題解決のための提案が企画立案です。多くの場合は提案先から課題を提示されて、その解決策を提案します。しかし、企画書はテーマや課題を与えられて書くものばかりではありません。

ここでは、テーマを提案するケースでも役立つように、ゼロから企画をまとめる方法を4つの工程で解説します。
続きを読む

Pocket

企画書フォーマットの作り方(基本)| ワンシートから6枚超えまで

image企画書をまったくの白紙から作成するのは時間がかかりますよね?

本数をこなして慣れてくると、自分なりの作成手順やレイアウトがパターン化されるでしょう。しかし、そうなるまでは1本ごとに最適なスタイルを考えなければいけません。

そこで、基本フォーマットが威力を発揮します。ある程度パターン化した基本的な型を何種類か作って頭に入れておくのです。そうすれば、企画書を作成する前に基本方針を決めることができます。

ここでは、企画書の枚数によって分類した4パターンの基本フォーマットを解説します。この分類が頭に入っていれば、企画書作成が驚くほどスムーズに行えるようになるでしょう。
続きを読む

Pocket

企画書の例5選 | A4サイズ1枚企画書の基本パターン

maleA4サイズ1枚にまとめる「究極の企画書」の作り方を知りたいと思いませんか?

現代は、ビジネスにおけるあらゆるシーンで企画書が求められています。コストの削減、業務の改善、体制の改革、商品開発と、多くの問題を解決するビジネスプランが必要なのです。

また、管理統制のために報告書やレポートの提出を義務づける企業も増えています。今や、企画書を中心とするビジネス文書を書くスキルは、ビジネスマンにとって不可欠な要素となりました。

そこで重要となったのが、もっとも提出する機会が多いA4サイズ1枚に内容をまとめる能力なのです。ここでは、企画書を中心としたA4サイズ1枚文書の作り方と、5つの基本パターンを解説します。
続きを読む

Pocket

企画書の書き方入門編-初心者でも簡単にできる15のステップ

female簡単に企画書を書ける方法があったら身につけたいと思いませんか?

「誰かになにかを提案する」という行為は、ビジネス活動の基本といってもいいでしょう。今や、「言われたことだけをやっている」だけの人間は、ビジネスマンとして失格とされてしまいます。

企業が必要としているのは提案力のある人材なのです。

提案内容を具体的に表すものが企画書。提案したいことがあっても、それをわかりやすくまとめることができなければ、相手には伝わりません。

ここでは、企画書を作るのが初めてという人も、社会人1年目の新人でもできる、わかりやすい企画書の書き方を解説します。15のステップで、企画書作成の基本的なスキルを身につけてください。
続きを読む

Pocket

レポートの書き方-読む人を納得させる基本となる2スタイル

male上司から「○○についてレポートを提出しろ」といわれて、頭を抱えたことはありませんか?

学生時代にレポートを書いたことはあっても、ビジネス文書としてのレポートとなると、何をどう書けばいいのか悩んでしまうのです。

まず、報告書との違いがわからない。
「なぜ、報告書ではなくレポートを提出しろと言うのだろう?」

加えて、自分の文書作成力に自信がない…。
業務報告書のようにフォーマットがないので、枠に必要事項を書き込むだけというわけにはいきません。

ここではこうした悩みを解決するために、レポートという文書の目的を明確にし、文書作成のコツを具体的に解説、さらに基本となる2タイプのレポート形態を紹介します。
続きを読む

Pocket