簡単に記憶力を鍛える20のコツ -感情を刺激しながら記憶する

Pocket

male「無理をしないで記憶力を鍛える方法はないものだろうか……」
そう考える人は少なくありませんよね?

でも、「○○式記憶法」や「記憶術」という言葉を聞くと難しそうに聞こえますよね。

脳や記憶力を鍛えるトレーニングを解説した書籍はたくさんありますが、特別なものを用意したり、わざわざ時間を作ってトレーニングするのは簡単にできることではありません。

しかし、トレーニングなどと意気込まなくても、楽に記憶力をアップさせることは可能です。
ここでは日々の生活の中で、無理をせずに記憶力が鍛えられるコツを解説します。

脳と記憶の基本的な関係を知っておくと、ひとつひとつの項目の目的や理由がわかるので、少々専門的な話になりますが、冒頭で少しだけ脳と記憶のしくみを解説します。

目次

1 脳と記憶
  1-1 海馬
  1-2 脳番地
  1-3 記憶と脳番地の関係
  1-4 感情をともなう記憶
2 記憶力を鍛える20のコツ
記憶力を鍛えるコツ1 好きになる
記憶力を鍛えるコツ2 笑顔で覚える
記憶力を鍛えるコツ3 プライドをもつ
記憶力を鍛えるコツ4 情熱をもつ
記憶力を鍛えるコツ5 数字は意味をもたせる
記憶力を鍛えるコツ6 ものごとのしくみを理解する
記憶力を鍛えるコツ7 目標を定める
記憶力を鍛えるコツ8 身体を使って覚える
記憶力を鍛えるコツ9 五感を総動員する
記憶力を鍛えるコツ10 真剣に打ち込んで感動する
記憶力を鍛えるコツ11 イメージする
記憶力を鍛えるコツ12 覚えられると信じる
記憶力を鍛えるコツ13 意識して言葉にする
記憶力を鍛えるコツ14 工夫をして繰り返す
記憶力を鍛えるコツ15 軽い運動を取り入れる
記憶力を鍛えるコツ16 短い昼寝をする
記憶力を鍛えるコツ17 思い出すきっかけをもつ
記憶力を鍛えるコツ18 旧友とたまに会う
記憶力を鍛えるコツ19 楽しかったことを思い出す
記憶力を鍛えるコツ20 決めた場所にメモを置く
あとがき

1 脳と記憶

脳は入ってきた記憶を保持するところですが、それだけはありません。記憶することによって脳は成長し、記憶する力を高めていきます。

しかし、入ってきた情報も引き出しにしまっておくだけでは意味がありません。使わない情報は、だんだん引き出すことが困難になるのです。記憶した情報を使うことによって、記憶が素早く引き出せるようになり、記憶の内容も強固になります。

1-1 海馬

image脳の中でもっとも記憶とかかわってるのは側頭葉の奥にある「海馬」という部位です。

目や耳から入った情報は、電気信号としてそれぞれの感覚を担当する脳の部位へ送られます。その情報を集めて整理する場所が海馬です。

記憶は、数日程度で消去される「短期記憶」と長期保存される「長期記憶」に分類されます。海馬ではフィルターを通して、保存する必要があると判断した情報だけが側頭葉の貯蔵庫へ送られ、長期記憶になるのです。

脳は役割ごとに「脳番地」という番地で分けられており、「記憶脳番地」は海馬を中心として周りの側頭葉に広がっています。

1-2 脳番地

image脳には1000億個を超える神経細胞があります。神経細胞は、同じような働きをするものどうしが特定の場所に集まっています。

役割によって大脳はおよそ120の脳番地に分けられています。左脳と右脳に各60ずつの数字が割り振られ、小脳、脊髄などにはアルファベットが割り当てられて、どの番地がどのような役割をしているのかがわかるようになっているのです。

ただし、大脳に割り振られた約120の脳番地は、それぞれが独立しているわけではありません。

脳の神経細胞は、複数の脳番地で複雑なネットワークを作っています。脳細胞は1日に約10万個が失われるといわれており、年齢を重ねると減っていきますが、ネットワークは逆に成長を続けることがわかっています。

神経細胞同士をつなぐ「樹状突起」という枝のようなケーブルは、脳が刺激を受けることで伸びます。

1-3 記憶と脳番地の関係

記憶系脳番地を鍛えるためには、思考系脳番地や感情系脳番地などを同時に刺激すると劇的に効果がアップします。

・思考系脳番地と連動する記憶は「知識の記憶」
・感情系脳番地と連動する記憶は「感情の記憶」

となって、単なる丸暗記よりも強く記憶されるのです。

記憶力を高めるためには、記憶系脳番地を刺激する必要がありますが、そこだけを刺激してもあまり効果がありません。ただ暗記するだけでは効果が薄いということです。

記憶系脳番地の中心は海馬で、左脳と右脳にひとつずつ存在します。同じ記憶系脳番地でも、左脳側は言語の記憶、右脳側は非言語の記憶を担当しています。

記憶系脳番地は、思考系脳番地や感情系脳番地と密接な関係にあり、それぞれ右脳や左脳部分から特有の記憶経路を作っているのです。

1-4 感情をともなう記憶

female何かを記憶するときには、感情を刺激するように工夫すると、脳に強く記憶されます。単に出来事や年号を覚えるだけでなく、その出来事の登場人物に感情移入する方が頭に入りやすくなります。

脳の中で感情をつかさどっているのは扁桃体のある脳番地ですが、扁桃体は海馬の近くにあって情報交換をしているので、扁桃体に刺激が加わると海馬に情報が届きやすくなるのです。

感情系脳番地を刺激するのは、最も手軽な記憶力アップの方法といえます。

脳の司令塔といわれる前頭前野にある思考系脳番地は、それぞれ違う場所で受信された五感の情報を統合する場所なので、五感と連動させることも効果的な方法です。

2 記憶力を鍛える20のコツ

ここからは、脳の特性を活用したラクラク記憶のコツを紹介します。

どれも日々の生活に取り入れることが簡単なものばかりです。できるものから実践してみましょう。驚くほど記憶力が鍛えられるはずです。

記憶力を鍛えるコツ1 好きになる

imageなにかを覚えようとするならば、まずそのことを好きになるのが一番の近道です。好きになると、脳はそのことを受け入れるために変化していきます。

興味がないことを覚えようとしても、脳はその事柄を理解しようとしないので、なかなか頭に入りません。

しかし、興味をもった事柄は、脳の中でいろいろなネットワークが形成されます。いろいろなことと関連性が作られるので、情報は記憶として残りやすくなるのです。

記憶力を鍛えるコツ2 笑顔で覚える

female笑顔で記憶すると、脳は良い環境で記憶できます。楽しいと思えるときは、脳がそれを受け入れている状態なのです。

ネガティブな考え方は脳にストレスを作り出し、それが続けば神経細胞を壊してしまうことにもなります。とくに海馬はストレスの影響を受けやすい場所なので、記憶力に悪影響を与えます。

ですから、できるだけストレスのない状態にして、脳が良い環境で働くようにした方がいいのです。

そうかといって、なんでも楽しみながらできるものではありません。
でも大丈夫。作り笑顔でも脳は覚えようと変化します。

記憶力を鍛えるコツ3 プライドをもつ

male「自分にはこのくらいなんでもない。簡単に覚えられる」というプライドは、記憶力を強化します。

これだけやったのだから記憶できるはずだというプライドがあれば、快感や幸福感をつかさどる脳内物質であるドーパミンの分泌が促されます。

よりストレスのない環境を作り出すことができると同時に、日頃から強く思うことによって潜在意識に訴えかけるようになります。

プライドを磨くためには、なにごとにも動じない精神的な強さをもつことです。高級ホテルに宿泊したり、有名レストランで食事をしたりすることにも、擬似的にプライドをつくり出す効果があります。

記憶力を鍛えるコツ4 情熱をもつ

image情熱さえもっていれば、無理に覚えようとしなくても記憶できます。好きなことには情熱がもてるものです。

自動車が好きな人は、いろいろな車種のスペックを覚えてしまいます。これは自動車が好きでたまらないという情熱があったから、覚えようと意識しないうちに数値を記憶したのです。

ここに記憶の原点があるといってもいいでしょう。情熱はどんな記憶術にも勝るのです。日頃から、好きことは情熱をもって深めましょう。

記憶力を鍛えるコツ5 数字は意味をもたせる

image意味のない数字には、語呂合わせや物語性をもたせて記憶しましょう。

数字はそれ自体に意味がありません。「意味がないことは覚えられない」というのが、脳の特性です。

ある数字がその人にとって意味をもつかもたないかは、仕事や趣味などがかかわってきます。たとえば「1536」という数字は、ある自動車の排気量であることから自動車好きには馴染み深いものかもしれません。

しかし、覚えなければいけない数字が意味をもつものばかりであることなど、そうそうあるものではありません。だったら、意識的に意味をもたせて記憶するのです。

記憶力を鍛えるコツ6 ものごとのしくみを理解する

female覚えることがらのしくみやルールを理解しましょう。

この記事にしても、まず脳や記憶のしくみを理解することによって、ひとつひとつの「記憶力を鍛えるコツ」が頭に入りやすくなります。

しくみやルールを理解することで、記憶を広く応用できるようになるからです。理解するということは、頭の中に受け入れる回路ができたということ。丸暗記ではこの準備態勢がないので、効率が非常に悪くなります。

ルールに基づく記憶は定着しやすいといえます。

記憶力を鍛えるコツ7 目的や目標を定める

imageなぜそのことを覚えるのか、目的をはっきりさせます。実現可能な目標を定めると、意欲が高まり、記憶力もアップします。

「なぜこれを覚えなければいけないのだろう?」という疑問をもつと覚えることは難しくなります。脳が入ってくる情報に対して否定的になるので、なかなか記憶できなくなるのです。

目標はあまり遠いものでなく、近いものの方が効果的。仕事でいえば、「社長になる」よりも「今月は課内で一番の成績をあげる」というように、がんばれば実現が見える目標を設定すると、やる気も脳の記憶力も持続します。

記憶力を鍛えるコツ8 身体を使って覚える

image単語や文字を覚えるときなどは、「書く」という運動と結びつけて記憶します。

運動の記憶は、小脳に組み込まれています。小脳では必要のない神経細胞がなくなっていき、運動などを記憶したネットワークだけが残っていきます。

この運動の記憶は作り変えるのが大変ですが、ほとんど忘れることのない記憶になります。ゴルフのスウィングや野球のバッティングフォームを作り変えるのは大変なことですが、5年ぶりにやってもだいたい同じようにできるのはそのためです。

暗記するようなときには、身体を使って別の脳番地を連動させた方がいいのです。

記憶力を鍛えるコツ9 五感を総動員する

maleできるだけ「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」という五感を関連付けて記憶しましょう。

黙読より音読、字を見るだけでなく書くといった記憶法もありますが、意識的に味覚や嗅覚を結びつける方法もあります。

人の名前を覚えるときなどは、名前や顔から連想される食べ物や匂いを組み合わせてしまうのです。

要は脳に幅広い刺激を与えることです。視覚系脳番地、聴覚系脳番地、運動系脳番地など、五感で得た情報は脳内のいろいろな部分に刺激を与えて活性化します。そして、その情報は前頭前野で統合されて海馬と連動することになるのです。

記憶力を鍛えるコツ10 真剣に打ち込んで感動する

female何かを記憶しようと思ったら、心から打ち込んで感動を大切にしましょう。

すでに、感情を刺激するのは効果的な記憶法と解説しました。喜び、怒り、悲しみ、楽しさなどの気持ちを統合している扁桃体は、感情に訴えた情報にタグをつけて長期記憶とするのです。

しかし、問題は自分で感情を作り出すのはなかなか難しいということです。感動というものは、しようと思ってできるものではありません。

では、どうすればいいのか?

簡単な方法は、集中力をもって真剣に取り組み、印象に残るようにすることです。少々大げさでもいいのです。「なんて素晴らしい言葉なんだ」「なんて悲しい話なんだ」と、心から思える感受性を育てましょう。

記憶力を鍛えるコツ11 イメージする

male覚えたいことをイメージ化して、短期記憶の長期記憶化を促します。

左脳は言語、計算、識別、分析など文字情報を主につかさどり、右脳はイメージ、想像力、感受性、音楽など目に見えないものや文字にできないものを感じ取ります。

どちらか一方を使っているわけではありませんし、意図的に右脳と左脳のスイッチすることもできません。左右の脳をバランスよく使うことで、記憶力を高めることができます。

イメージをつかさどる右脳の情報処理能力は左脳の数倍ともいわれています。しかし、情報過多の現代人は左脳偏重の傾向があります。左脳偏重の状態は、長期記憶には向いていません。

誰もがやった記憶法に、「鳴くよ(794)ウグイス平安京」というものがありますね。このとき、頭の中で「平安京で鳴くウグイス」をイメージしたはすです。

記憶力を鍛えるコツ12 覚えられると信じる

female「絶対に覚えられる」という自信を持ちましょう。

急に自信をもてるように頭を切り替えらえる人は少ないでしょうが、まず、「絶対に覚えられる」と口に出すようにするのです。
これは自分に対する宣言です。

「こんなにたくさんのことは覚えられないよ」などと思ってしまうと、脳は情報を拒絶するようになるので、覚えることはできません。最初から「無理だ」と宣言してしまったり、苦手意識をもっていたりすると、記憶することはできないのです。

自信は経験を重ねることで確実なものになっていきます。日々の前向きな姿勢が記憶力を高めることにもなるのです。

記憶力を鍛えるコツ13 意識して言葉にする

male覚えたいことは、意識して口に出すようにしましょう。覚えることを言葉にするのは記憶法の基本です。

口に出しても、カラオケの歌詞のように言葉を使っている意識がないと、なかなか記憶にはなってきません。

言葉を意識することによって、言語系脳番地や聴覚系脳番地などを連動させることになり、イメージ化も楽にできるようになります。

記憶力を鍛えるコツ14 工夫をして繰り返す

female脳に繰り返し刺激を与えて、記憶を定着させましょう。反復は、脳神経細胞同士のつながりを強固なものにします。

脳は「忘れる」ことを主体にしたしくみになっています。必要のない情報を詰め込んでいては、脳のメモリが効率的に使えません。生きていくために必要なことや、自分にとって重要な情報を優先して記憶するようになっているのです。

ですから新たな情報を記憶しようとすれば、反復する必要があるのです。しかし、ただ反復する丸暗記は時間がかかります。感情を連動させるなど、繰り返しの中に変化をつける工夫をしまよう。

記憶力を鍛えるコツ15 軽い運動を取り入れる

male軽い運動で脳を活性化させて、記憶力アップのスイッチを入れましょう。適度な運動は、脳の血流を増やし、脳神経細胞のネットワークを成長させることがわかっています。

軽いジョギングやウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動を20分から30分すると、記憶力アップのスイッチが入ります。

仕事に疲れていいアイデアが浮かばなくなったら、外に出て歩いてみましょう。気分がリフレッシュして、脳も活性化されます。

記憶力を鍛えるコツ16 短い昼寝をする

female昼食後に10~20分間の短い昼寝をして脳を活性化させましょう。

睡眠中は、神経細胞を増やしたり、ネットワークを構築したりして記憶を整理する時間です。睡眠は脳と記憶にとても重要な意味を持っているのです。

会社で難しかったら喫茶店に行って少しだけ眠ってしまいましょう。30分以上眠るとかえって身体が疲れてしまうので注意。

昼寝を習慣化している人は認知症の発症が少ないことや、記憶力もいいことが証明されています。

記憶力を鍛えるコツ17 思い出すきっかけをもつ

覚えておかなければいけないことは、メモや関連する目印など、思い出すきっかけを作っておきます。記憶は次のようなプロセスをもちます。

・記銘  なんらかの事柄を心に刻む機能
・保持  記銘された内容を維持する機能
・再生  保持されている内容を引き出す機能

再生は「想起」「アウトプット」ともいわれます。想起は、関連する言葉やイメージがあればすぐに回復します。

「ど忘れ」は、この再生がうまく機能しない状態です。こんなときは場所を変えたり、ほかのことをしたりしてから、もう一度思い出すようにしましょう。

記憶力を鍛えるコツ18 旧友とたまに会う

male古い記憶はときどき思い出して、記憶を鮮明にしておきましょう。

長期記憶として定着した昔の記憶は簡単には消去されません。しかし、決して忘れるはずはないと思い込んでいると、いつか思い出せなくなってしまいます。

どんな記憶も使わないでいると、時間とともにゆっくりと薄れていくのです。古い友人などとたまに会って昔話をするのは、記憶力を保持するコツです。

記憶力を鍛えるコツ19 楽しかったことを思い出す

image時間があるときには、過去の良い記憶を思い出して脳を心地よい状態にしましょう。

小学校1年生くらいまでさかのぼって、自分が成長してきた時間を追って楽しい思い出を思い出してみるのです。嫌なことはストレスになるので飛ばします。

プラスイメージを働かせることで、脳を心地よい状態にすることができます。過去の記憶を鮮明にし、記憶力を鍛える効果もあります。

記憶力を鍛えるコツ20 決めた場所にメモを置く

image覚えておきたいことはメモにして、決めた場所に置いておくようにします。場所という情報と記憶を結びつけるのです。

場所の記憶や空間記憶は強烈な記憶です。子どもの頃に住んでいた家の間取りや、学校の教室の情景は忘れません。

決まった場所にメモを置いておけば、その場所を思い出すことによってメモの内容も思い出せるようになります。

昔の人が仏壇や神棚に大切なものを隠したのは、絶対に忘れない場所だからなのです。

あとがき

昔から地道な記憶法として、反復丸暗記法がありました。

「英単語は何度も繰り返し読むことで覚える」
「方程式は何度も書いて覚える」

ところが、脳科学が進歩して記憶のメカニズムが解明されてくると、シンプルな反復法は時間がかかってあまり効率的ではないことがわかってきました。現在、感情を結び付けたり、イメージ化したりという記憶法が効果的であることは、一般的な常識になりつつあります。

ここで解説した記憶力を鍛えるコツは、そうした最新の科学を踏まえながら、無理をせず生活の中に取り入れられるものばかりです。ぜひ試してみてください。

【参考資料】
『無理せず覚える記憶術』(インデックス・コミュニケーションズ・2006年)
『記憶力の鍛え方』(宝島社・2014年)

Pocket

無料E-book:大反響!実用的にお金と自由をもたらす8つの習慣をプレゼント!!

「自分を変えてお金も増やしたい」
「好きな事ややりたい事が見つからない」
「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」

けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか?

そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします!

・本当にやりたい事の見つけ方とは?
・才能、学歴、能力に関係なく成功するには?

・自分が変えて目標を実現するメカニズム
・凡人から脱するための2ステップ戦略とは?
・成功者だけがこっそりやっているコト
・潜在意識をプログラミングする作業
・年収を10倍にする鍵とは?
・極めて生産性を上げる究極の勉強法
・最大の収入と安定をもたらすセールス
・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性
・新しい自分を作るプロセスとは?

など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。

ぜひ、この機会に貴重な秘訣の数々を受け取って下さい!
(さらなる特典も準備中)

今すぐ無料E-bookを受け取る

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*