キャッシュフロー計算書の基本的な読み方ーお金の流れを知る

Pocket

femaleキャッシュフロー計算書(C/F・cash flow statement)とは、会社の中でのお金の出入りについて記録したものです。

起業したら、会社のお金の動きについてしっかりと理解しておくことは基本中の基本事項となります。

ここでは、キャッシュフロー計算書とは何かを見ていきます。

目次

1 キャッシュフロー計算書とは
  1-1 キャッシュフロー計算書の「キャッシュ」について
  1-2 キャッシュフロー計算書のキャッシュの流れ
  1-3 キャッシュがないと困ること
2 キャッシュフロー計算書でわかること
  2-1 キャッシュは多い方が良い?
  2-2 プラスのキャッシュフローをチェック
  2-3 キャッシュフロー計算書の活用法
3 キャッシュフロー計算書と貸借対照表・損益計算書の関係
  3-1 キャッシュフロー計算書と貸借対照表
  3-2 キャッシュフロー計算書と損益計算書
  3-3 キャッシュフロー計算書の役割とは
  3-4 記載される内容について
4 キャッシュが大切な理由
5 キャッシュを確保するための工夫
  5-1 資金に余裕を持たせる
  5-2 代金回収に工夫
  5-3 債権回収の徹底管理
  5-4 支払は可能な限り後払い
  5-5 クレジットカードを活用
まとめ

1 キャッシュフロー計算書とは

「キャッシュフロー計算書」とは、会社の中でのお金の出入りについてその内容を記録したものです。耳にしたことはある、でもしっかりと理解はしていない、という方に基礎知識から分かりやすくご説明していきたいと思います。

起業して経営者となったからには、何となく知っているではNGです。その中身をきちんと理解した上で、自分の会社のキャッシュの流れを把握しておきましょう。

1-1 キャッシュフロー計算書の「キャッシュ」について

image「キャッシュ」という言葉からイメージするのは現金ですよね。キャッシュそのものの意味については、それで間違いはありません。しかし、決算書においての「キャッシュ」とは少し意味合いが変わってきます。

「現金及び現金等価物」。つまり、現金だけでなく、普通預金、当座預金などの預金も含まれます。現金等価物とは、会計上“現金”とみなされるものなので、3ヶ月以内に満期をむかえる定期預金、短期手形、公社債投信、コマーシャルペーパー(CP)なども入ります。

「キャッシュフロー計算書」とは、キャッシュの増減を示す帳票を指します。つまり、キャッシュが一定期間内でどれだけ増えたのか、またどれだけ減ったのかを表しています。一定期間とは、通常1年度分となっています。「キャッシュフロー計算書」を見れば対象年度に出入りしたお金の動きが把握できるというわけです。

1-2 キャッシュフロー計算書のキャッシュの流れ

「キャッシュフロー計算書」の中では、キャッシュの動きを3つに分けて見ていきます。

(1)営業活動によるキャッシュフロー
(2)投資活動によるキャッシュフロー
(3)財務活動によるキャッシュフロー

どの活動の場合においても、会社にお金が入ってくればキャッシュフローはプラスに、会社からお金が出て行けばキャッシュフローはマイナスになります。

(1)営業活動によるキャッシュフローとは

営業することで得られる利益のことです。「営業活動によるキャッシュフロー」は多ければ多いほど会社に取っては良いことになります。

(2)投資活動によるキャッシュフローとは

土地や建物等の売買によって動いたお金の流れ、それが「投資活動によるキャッシュフロー」です。単語だけ見るととても難しげな印象を受けますが、どのキャッシュフローも意味を理解するのは難しくないものと分かるでしょう。

(3)財務活動によるキャッシュフローとは

中小企業においてはそのほとんどは銀行からの借入によるお金の流れを示しています。キャッシュフロー計算書においては、営業活動、投資活動、財務活動とどの種類のキャッシュフローがどのように変化しているのかを見ることが大切なポイントです。

1-3 キャッシュがないと困ること

imageキャッシュがないと困る!それは当たり前じゃないかと思うかもしれません。会社を経営していくにあたって、利益が出ないことはとても困った状況と言えます。しかし、キャッシュがないということはそれ以上に会社としては困ることなのです。

キャッシュがない=お金がない、つまり支払ができなくなります。支払ができないということは仕入ができない。つまりは、売るモノがない。会社としての活動が停止状態になってしまいます。もちろん社員への給料の支払もストップしてしまいます。

利益が出ていても実際に動かせるキャッシュがなければ意味がないのです。支払ができなければ、銀行の取引も停止となり、会社が機能停止、つまりは倒産という流れをたどってしまうのです。利益が出ていない状態でも、とりあえずキャッシュさえあれば、このような状態は防ぐことができるのです。キャッシュは会社経営をする上でとても重要なものと理解しておきましょう。

 キャッシュフロー計算書でわかること

営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフロー、この3つのキャッシュフローの増減の組み合わせで分析していくことがポイントです。

2-1 キャッシュは多い方が良い?

キャッシュがないと困る、利益が出ていてもキャッシュがないと会社はうまくまわらないということはお分かりいただけたと思います。

では、キャッシュがあれば良い、あった方が良いということは多ければ多いほど良いのか?と考えますよね。しかし、キャッシュは多ければ多いほど良いというわけではないのです。

(1)営業活動によるキャッシュフローについて

営業活動によるキャッシュフローがプラスであること。それは利益を得たことで会社にキャッシュが入ってきたことを意味します。逆にマイナスの場合は、利益が出ていない状況ということで、会社の経営状態が良くないという意味になります。

(2)投資活動によるキャッシュフローについて

image投資活動によるキャッシュフローがプラスのとき。投資した固定資産や有価証券などを売却してキャッシュが入ってきた状態です。現金化のタイミングは大きく分けて2つあります。

1つは現金が必要だったから。この場合、経営がうまくいっていないことを意味することもあるので注意が必要です。もう1つは売り時(売却することで利益が得られると見込まれる時)です。これは、経営状態とは関係ない状況です。その現金を使用することなく、次の投資のための資金とするのであれば、会社は順調と言えるでしょう。

投資活動によるキャッシュフローがマイナスの場合。キャッシュが出ていっても投資をおこなっているので今後売却益を生む可能性を秘めています。

(3)財務活動によるキャッシュフローについて

財務活動によるキャッシュフローがプラス。この場合には、借入か増資によってキャッシュが増えたという意味になります。借入が増えるというのは、会社経営が良い状態とは言えません。逆に、マイナスのときには、借入を返済する資金の余裕ができたと考えられるので会社経営は良い状態と言えます。

2-2 プラスのキャッシュフローをチェック

image先ほどは3つのキャッシュフローをそれぞれ別々にプラスの場合、マイナスの場合はどのような状態を示しているのかを説明しました。ここからは3つのキャッシュフローを組み合わせて見ていきたいと思います。

営業活動によるキャッシュフローがプラスの場合には、会社の経営は良い状態と言えます。さらに投資をしながら借入返済もできれば、順調な状態と言えるでしょう。

投資をする際には、資金がどのような形で出ているのかという点がポイントになります。先ほどのように、営業活動によるキャッシュフローがプラスになることによって生まれた資金で投資するのがベストですが、借入をして投資をするというケースもあります。今後の成長に期待という状態です。借入をすること=会社の経営状態が良くないとはならないのです。

固定資産などを売却し借入返済の資金に充てている場合には、注意が必要です。動かせる資金がないため、キャッシュを作るための売却、つまり事業や財務状態が良くないことを意味します。

営業活動によるキャッシュフローがマイナスの場合でも、良くない状態ばかりではありません。もし、借入をしながら投資をしているのであれば、今後巻き返す可能性があるのです。

投資活動によりキャッシュフローがプラスの場合には、資産を売却している状況を指すので、良い状態とは言えません。それに加えてもし、財務活動によるキャッシュフローがマイナスとなっていたらさらに注意が必要です。銀行が返済の金額を引き上げた可能性もあります。プラスとなっていたら、売上がなくお金が減っている状況なのに借金はあるという状態なのです。

【参考URL】
キャッシュフローの8パターン(東京商工リサーチ)

2-3 キャッシュフロー計算書の活用法

キャッシュフロー計算書を作る必要があるのは、株式の公開をしている会社のみとなっています。キャッシュフローはキャッシュの増減が分かる決算書です。

たとえ利益が出ていても安心できないのが会社経営の難しいところ。利益と会社のキャッシュの関係性を、キャッシュフロー計算書を活用してしっかりとチェックするのが、経営者として求められることです。

3 キャッシュフロー計算書と貸借対照表・損益計算書の関係

ここまではキャッシュフロー計算書とはどんなものなのか、キャッシュフロー計算書そのものだけに注目して見てきました。今度は、他の財務諸表との関係性についてチェックしていきます。

3-1 キャッシュフロー計算書と貸借対照表

image前年度の貸借対照表の「現金及び預金」、これはキャッシュフロー計算書の期首残高になります。当年度の貸借対照表の「現金及び預金」はキャッシュフロー計算書の期末残高と一致します。

貸借対照表に記載されている現金及び現金同等物の1年間(年度ごと)の増減を表したものがキャッシュフロー計算書になるのです。

3-2 キャッシュフロー計算書と損益計算書

image今度は損益計算書の収益および費用。この中で当年度中に収入(キャッシュインフロー)、支出(キャッシュアウトフロー)のあった金額を表しています。

例を上げて分かりやすく説明すると、損益計算書の中で「売掛金」となっているもののなかには、当年度中に回収されないものもあります。

つまり、キャッシュフロー計算書に記載されているキャッシュインフロー、キャッシュアウトフローは、損益計算書の収益、費用とぴったり一致するわけではないのです。

3-3 キャッシュフロー計算書の役割とは

キャッシュフロー計算書は、一定期間(年度ごと)のキャッシュフローの状況を表しています。キャッシュフロー計算書に期待される役割は、企業の現金創出能力を示すこと、企業の債務返済能力および配当金支払能力、そして、損益計算書で表されている利益と資金の増減との関係を示すこと。

3-4 キャッシュフロー計算書に記載される内容

キャッシュフロー計算書には次の内容が記載されます。

(1)営業活動によるキャッシュフロー
(2)投資活動によるキャッシュフロー
(3)財務活動によるキャッシュフロー
(4)現金及び現金等価物の増減額
(5)現金及び現金等価物の期首残高
(6)現金及び返金等価物の期末残高

【参考URL】
キャッシュ・フロー計算書を自動的に作成(中小企業庁)

(1)営業活動によるキャッシュフロー

image営業活動とは、その会社が利益を得るための活動、つまりメインとなる活動、本業のことを指します。損益計算書の中で該当するのは、「売上高」「売上原価」「販売費および一般管理費」の項目です。

投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュフローに含まれないものは、この区分に入ってきます。営業活動によるキャッシュフローにおいては、本業の“現金創出能力”を表しています。

(2)投資活動によるキャッシュフロー

image企業の営業力、つまり本業の能力を拡大し、そして維持していくための設備投資や資金運用を目的とした金融商品への投資、また第三者に対しての融資等に関する活動、それが投資活動になります。

投資活動によるキャッシュフローにおいては、将来の利益そしてキャッシュフローを生み出すための投資が十分であるかどうか、適切な状態であるのかということを表しています。

例を挙げて説明していきますと、現在の事業活動を維持することを目的に設備を充実させたり、修繕を行ったりするときには、投資活動によるキャッシュフローはマイナスを示します。

逆に、保有している有価証券、土地などを売却したときには、投資活動によるキャッシュフローはプラスとなるわけです。

(3)財務活動によるキャッシュフロー

企業経営に必要な資金を調達すること、株主への配当金の分配のための諸活動が、財務活動です。財務活動によるキャッシュフローを確認することで、営業活動と投資活動によって生じた資金の過不足、これがどのように調整されたのかを理解することができます。

(4)フリーキャッシュフロー

堅苦しい漢字表記のキャッシュフローが続きましたが、フリーキャッシュフローについて説明していきたいと思います。中身はとてもシンプルで、営業活動によるキャッシュフローと投資活動によるキャッシュフローの合計額を指します。

投資は企業の将来の存続成長を支える重要な活動です。しかし、営業活動によるキャッシュインフローに対して投資活動によるキャッシュアウトフローが大きくなりすぎた場合には、身の丈に合わない投資をしている状態なので、資金の減少を招くこととなり、ときには財務活動による資金調達が必要になることもあります。

フリーキャッシュフローの値が常にプラスであるという必要はありませんが、中長期的に見てみると、安定した数字をキープすることが望ましいというわけなのです。

4 キャッシュが大切な理由

image会社を経営するにあたり、キャッシュが大切であることは常に頭の中に入れておく必要があります。キャッシュが大切であること、つまりはキャッシュフローが大切ということになるのです。

キャッシュがなければ何もはじまりません。仕入も支払もできないのです。帳簿上に売上があっても、利益が出ているよといくら示しても、実際に手元に「使えるキャッシュ」がなければ安定した経営を行うことができません。「黒字倒産」という言葉があります。帳簿上は黒字なのに、キャッシュがないために倒産してしまうケースです。

現在のビジネスでは掛取引が多く行われています。実際の入金がある前に売上が確定した時点で売上計上をするのです。売上がグングン伸びて売掛金、買掛金が大きくなっていくと、運転資金がたくさん必要になり、手元にある資金がどんどん減っていくことになります。

そんな状況で、買掛金の支払期日がやってくると、まだ売掛金を回収していないので、手元のキャッシュではまかなえないということになります。売上があるのに、動かせるキャッシュがないために、会計上は黒字なのに、会社が倒産する、これが黒字倒産の仕組みです。

逆に、赤字なのにいつまでも倒産しないというケースもあるのです。手元に動かせるキャッシュが十分にあるので、支払や借金はできるのです。収益が上がっていない状況なので、企業としては良いと言えないのですが、会社が潰れるよりは良いということで、じりじりこの状態をキープして倒産を免れているケースもあるのです。もう一度言いますが、決して好ましい状況ではありません。

起業直後のいわゆる創業期においては、資金繰りはなかなか安定しないものです。そんな時期だからこそ、キャッシュフローを重視した経営を行うべきであり、この時点でキャッシュフローを意識した経営に慣れておくべきです。損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)を意識することがあっても、キャッシュフローを意識するということはこれまで少なかったかもしれません。しかし、起業して経営者となったのであれば、一番に意識すべきは“キャッシュフロー”なのです。

5 キャッシュを確保するための工夫

キャッシュフローを意識する、つまりは、キャッシュの確保に工夫が求められます。どのようにすればキャッシュを上手に確保できるのか、基本的なテクニックをいくつかご紹介していきたいと思います。

5-1 資金に余裕を持たせる

image資金はギリギリではなく、余裕のある状態で確保しておくことが望ましいです。

資金に余裕があれば、いざというときにも資金繰りで困ることがありません。資金調達により余裕資金を確保しておくようにしましょう。

5-2 代金回収に工夫

売上代金の回収にはひと工夫が必要です。回収はなるべく早くなるように設定するのが基本です。長期に渡る契約になる場合には、料金の前払い、場合によっては一括前払いの契約を交わすこともポイントになります。

起業直後の創業期においては、代金回収で自社に取って有利な条件で契約することはなかなか難しいことかもしれません。値引きやインセンティブをつけることで、前払い、一括払いなどの契約をするという方法もあります。避けたいのは長期に渡る契約での納品後の一括払いです。少なくとも分割払いや、着手金などを受け取るような交渉をすることを意識したいところです。

5-3 債権回収の徹底管理

image売掛金の回収を徹底する。厳しいくらいがちょうどいいのです。請求書と入金状況をしっかりとチェックして、期限を超えたらなるべく早めに連絡、ときには督促をするように心がけましょう。

時間が経過するほど回収が難しくなるのが支払期限を過ぎた債権の特徴でもあります。

5-4 支払は可能な限り後払い

回収は早めに、確実に。支払はなるべく後払いとなるようにする。調子の良い話に思われるかもしれませんが、支払サイトには余裕がある方が、特に創業期にはありがたいことです。遅くする=支払わないということではなく、支払日までの猶予期間に余裕を持たせることがポイントです。

5-5 クレジットカードを活用

imageクレジットカードは、利用した分の支払日が翌月もしくは翌々月となるので、キャッシュアウトを後ろ倒しにすることができます。

会社設立時に法人カードを準備することは難しいケースもあります。経営者であれば、個人のクレジットカードでの一時的な立替支払を検討するのも1つの方法です。

まとめ

キャッシュフロー計算書を見ることで、会社のお金の動きそして、経営状態までをチェックすることができます。

売上があるのでうまくまわっている会社、というわけではないのです。売上はあるけれど、キャッシュが少ない、つまり資金不足の状態ということもあり得るのです。

貸借対照表や損益計算書だけでなく、キャッシュフロー計算書こそが、経営者が理解すべき、必ずチェックすべき書類なのです。

【参考図書】
「ポケット図解 キャッシュフロー計算書がよ〜くわかる本」(秀和システム)
「実学入門 経営がみえる会計―目指せ! キャッシュフロー経営」(日本経済新聞社出版社)
「図解と設例で作成法を学ぶ これならわかるキャッシュ・フロー計算書」(日本実業出版社)
「マンガで入門! 会社の数字が面白いほどわかる本」(ダイヤモンド社)

Pocket

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*