仕事のやりがいを高める15の方法

Pocket

male今の仕事にやりがいを感じない、と悩んでいませんか?

仕事にやりがいを感じていないと、仕事をすることへのモチベーションが下がって、その結果として仕事の効率やパフォーマンスも下がっていってしまうので注意が必要です。

「仕事を辞めたいな」とか「同期や友人はバリバリ楽しそうに仕事をしているのに、自分は何をしているんだ」など、どんどん思考がネガティブな方向へ行き始めたら、それは今までの自分を見つめ直す良い機会です。

仕事のやりがいを高める方法を実践して、仕事にやりがいを感じる自分に生まれ変わりましょう。

目次

1 仕事のやりがいを高める正しい仕事の選びかた
  1-1 大好きなことを仕事にする 
  1-2 仕事をお金で選ばない
  1-3 会社が全てではない
2 仕事のやりがいを高める正しい気持ちの作り方
  2-1 体を鍛える
  2-2 自分にとって適切な距離感を学ぶ
  2-3 使命を持つ
  2-4 一つのやり方に固執しない
  2-5 現在に集中する
3 仕事のやりがいを高める自己刷新の仕方
  3-1 年齢と共に品格を身に付ける
  3-2 よく遊ぶ
  3-3 プラスの信念を持つ
  3-4 大胆に振る舞う
  4-5 洗練された社交術を身につける
  3-6 海外旅行へ行く
  3-7 古風な部分も併せ持つ
4 まとめ

1 仕事のやりがいを高める正しい仕事の選びかた

「良い大学に入って、良い会社に入ること」、これは日本で多くの人が今でも信じている人生観であり仕事観です。

確かに、今までは新卒で入った会社にずっと定年まで勤めあげるということが一般的でした。そのため、ほとんどの人が社会に出る時に、どんな仕事をしたいのかということよりもどんな会社に入りたいかということを優先してきたのです。

仕事にやりがいを高めるためには、この固定観念を壊すことが先決です。

1-1 大好きなことを仕事にする

group仕事のやりがいを高めるための一番の近道は、大好きなことを仕事にするということです。

「長く勤められそうな会社で、自分にも出来そうな仕事を我慢してこなし、失敗することやリストラされることに怯えながら、次の休みのタイミングを心待ちにする。」というような働き方で、仕事にやりがいを感じられる訳がありません。

「一部上場企業で安定した会社だから」「親が安心するから」「友人に自慢できるから」という消極的な理由で仕事ではなく会社で選ぶのではなく、「自分が大好きなことだから」というたった一つの理由で仕事を選びましょう。

大好きなことを仕事に選べば、情熱を持って仕事に取り組めます。その結果、仕事の効率もパフォーマンスも上がり、ますます仕事に夢中になって更に大きな成功を掴むことができるのです。

「仕事のやりがいを高めるためには、大好きなことを仕事にしよう」ということは多くの成功者が発しているメッセージなので、一度は見聞きしたことがあると思います。ですが、それを実行出来ている人はまだまだ少ないため、実行できると他の人と大きな差をつけることが出来るのです。

1-2 仕事をお金で選ばない

image仕事のやりがいを高めたいのであれば、お金で仕事を選んではいけません。

どれだけお金を稼げるのかという視点ではなく、どれだけ自分が充実感を得られるのかという視点で仕事を選ぶことが大切です。

仕事をお金で選ぶと、自分の時間と労力の対価として報酬を得るということが主眼になってしまいます。ですが充実感で仕事を選ぶと、働いているという感覚よりも大好きなことをしているという感覚の方が強くなり、その状態こそが報酬と感じることが出来るのです。

成功者ほど、「大好きなことを夢中でやっていると、お金は後からついてくる。」と言います。大好きなことなので誰よりも上手に出来るので、その結果として多くのお客様が報酬を支払ってくれるのでより多くのお金を稼げるようになるのです。

仕事に充実感を感じられていないのであれば、今すぐ、遅くとも1、2年以内に自分が充実感を感じられる仕事をするということを目標にしましょう。

1-3 会社が全てではない

male仕事を選ぶ時に、会社ありきで発想することをやめましょう。

多くの人は、「会社で働くことは安定している」と考えて、より良い会社を求めて就職(転職)活動をします。ですが、終身雇用と年功序列も破綻している現代社会においては、会社という存在を前提としたキャリアは返って不安定なものなのです。

社長のように会社に独自の貢献をしてその対価として高収入を得ている人は別として、多くの会社員はあまり多くの収入を得ることは出来ていません。更に、仕事もその会社内でしか通用しないような内容のため市場に対して独自の優位性を見出せないため、ずっとその会社に留まざるを得ないのです。

仕事を選ぶ時は、「会社」という枠組みを捨てて選ぶことが大切です。先行きが不透明な現代社会においては、自分の才能やスキルを磨くことこそが安定に繋がるのです。そうすれば、会社勤めをせずとも起業してより多くのお金を稼ぐことも出来るようになります。

2 仕事のやりがいを高める正しい気持ちの作り方

仕事で成功を収めるためには、知力よりも気力が大事です。

仕事に没頭出来ない状態に陥らないようするための、そしてやる気や集中力を発揮するための、強力な「気」さえあれば仕事を円滑に進めることが出来るのです。この「気」という目に見えないものをいかにして自分がコントロール出来るようになるかが成功の肝なのです。

2-1 体を鍛える

female気持ちをコントロールするのはテクニックと強い自制心が必要なので、非常に難しいものです。

一番簡単な方法は、体を鍛えること。心と体は密接に連動しているので、体を鍛えることで間接的に心も鍛えることができるのです。

運動でも筋トレでも、何でも良いので体を動かして筋肉を鍛えましょう。体を鍛えると、ドーパミンが分泌されるので、集中力とやる気が高まっていきます。

2-2 自分にとって適切な距離感を学ぶ

male仕事のやりがいを高めるには、自分と仕事との適切な距離感を知っておくことが大切です。人付き合い同様に、仕事のやりがいにおいても適切な距離感を保つことを心掛けましょう。

1日24時間365日ずっと仕事のことを考えるのが性に合う人もいるでしょうし、土日は完全に仕事から離れるのがしっくり来るという人もいるでしょうし、3週間仕事に集中して取り組んで次の1週間はインターバルを取るという人もいるでしょう。

自分が仕事を嫌いにならないためには、どういう距離感がベストかを一度じっくり考えてみましょう。

2-3 使命を持つ

image一流の企業や一流の人ほど、自分なりの「使命」をもって仕事に取り組んでいます。

使命を別の言葉で表現すると、自分に与えられた役割や本分になります。使命を自覚すると、余分な考えが抜けて思考が澄み渡り、やる気が上がって自分がやるべきことに集中して取り組めるようになります。

使命とは、迷いや心配などが生じた時に、自分の行くべき道を照らしてくれる指標のようなものです。仕事をしていると目先のことで雑念が生じてやる気を失ってしまうこともありますが、そうした時に使命を思い返すとやる気を復活させることが出来ます。

2-4 一つのやり方に固執しない

femaleずっと同じことを繰り返していると飽きてしまいますよね。これは人間の心理として仕方ないことです。

そのため、仕事のやりがいを高めるためには、一つのやり方に固執せずに色々と新しいことを取り入れて脳に刺激を与えることで、新鮮な気持ちになれるようにしましょう。

例えば、ずっと自分のデスクで企画を考えるのではなく、気分転換に周囲を散歩しながら、カフェでコーヒーの香りを楽しみながら、企画を考えるのです。また、いつもと同じプロジェクトでもゴールやフロー、メンバーを変えたりとやり方を柔軟に変えてみましょう。

2-5 現在に集中する

male仕事のやりがいを高めるためには、意識を集中させることが大切です。

逆に、意識が分散されている状態とは、過去のことを思い返して後悔したり、もしくは未来に思いを馳せて不安を感じたりしている状態のこと。過去のことでもなく、未来のことでもない、今現在に意識を向かわせると、意識が高まりやる気を出すことができます。

この「今に意識を集中させる」というのは禅の言葉で言う「悟りの境地」に達するということでもあります。思考の中の余分なものを全て取り除くと、自然と今出来ることは何か、今出来ることに集中しようという気持ちを作ることが出来るのです。

3 仕事のやりがいを高める自己刷新の仕方

前述したように、ずっと同じままの現状維持の状態だと脳は刺激が足りずに飽きてしまいます。脳に適度な刺激を与えて自分のやるきを高めるために、絶えず自己刷新するようにしましょう。

これは、日々刻々と変化し続けるビジネスの世界で競争する力をつけることにも繋がります。ビジネスの世界では、現状維持は退化と同じ。リスクをとってでも変化し続ける人が成功を収めることが出来るのです。

3-1 年齢と共に品格を身に付ける

maleビジネスの世界では、年齢に応じた役割というものが求められます。

例えば、会社から部長として部のマネジメントをするようにと任命された時、Aさんは新しい自分の役割を全うしようと慣れないマネジメント業務にチャレンジし、Bさんは現場の仕事が好きだからマネジメント業務をしないと我儘を通したとします。

Aさんは、リーダーとしての資質を高めるべく論語、孔子などの古典や国内外の経営書を読み込んで年齢相応の品格も身につけ、さらに大きなチャンスを引き寄せるでしょう。

一方のBさんはリーダーとしての品格を学ぶ機会を自分から放棄してしまったので、いつまで経っても自分自身がスタッフのままで、今後大きなチャンスは巡ってこないことでしょう。

年齢を重ねるとただ仕事が出来るだけでは不十分です。人を惹きつける品格を身に付けられるように、キャリアパスを設計しておきましょう。

3-2 よく遊ぶ

group仕事のやりがいを高めるには、仕事だけを頑張るのではなく、遊びにも全力投球できるようになりましょう。

多くの人が、成功者や仕事が出来る人は仕事中毒でプライベートの時間がないというように認識しています。ですが、これは間違いです。彼らは、確かに仕事中毒な一面も持っていますが、同時にプライベートにも同じくらいの意欲を注いでいます。

仕事とは、自分の時間や労力で対価を得るだけの「作業」ではありません。自分のアイデアや才能、スキルで対価を得るものです。また、仕事は人生において大きな割合を占めているものですが、人生は仕事がすべてではありません。

仕事をする時には仕事に全力で挑み、プライベートな時間は仕事から離れて家族とゆったりした時間を過ごしたり、趣味を楽しみ、休暇には旅行へ行きましょう。

よく遊ぶことで、そこから仕事だけでは出てこないアイデアに巡り合うことができます。心身をリフレッシュできるので、仕事に対して新鮮な気持ちで取り組め、仕事のパフォーマンス向上にも繋がります。そして、仕事を頑張ったから経済的自由を手に入れて自分の人生を楽しめるという事実に感謝することも出来るのです。

3-3 プラスの信念を持つ

image松下電器(現在のパナソニック)の創業者である松下幸之助氏は面接の時に必ず、「あなたは自分で運が良いと思いますか?」と質問し「はい」と答えた人を採用したそうです。

自分の事を自分で運が良いと思っている人は、何事もプラスに捉えることが出来るので、仕事や人生に対してプラスの信念を持つことができるので努力してそれらを実現させることができます。しかも、それを「運が良いから」を捉えるので、自分の力だと奢ることなく周囲の人に感謝することが出来るのです。

仕事のやりがいを高めるためには、「自分は運が良い」と思うことを徹底しましょう。

そうすれば、困難なことに出会った時も、「自分は運が良いから、これは乗り越えられる」と立ち向かうことができます。失敗してしまった時も、「自分は運が良いから、失敗することで間違った方向に行かなくて済んだ」とクヨクヨと思い悩むこともなく、次へと前向きに進むことが出来るようになります。

3-4 大胆に振る舞う

female幸せな人が幸せでいられる理由は様々な理由があるけれど、不幸せな人が不幸せでいる理由は共通しています。この法則は、仕事が出来る人仕事ができない人、仕事のやりがいを感じている人仕事にやりがいを感じていない人など、すべてのことに当てはまります。

つまり、仕事にやりがいを感じて人生をもっと楽しむためには、周囲に蔓延る「仕事は自分の時間と労力をお金に変えるもの」「仕事は辛く大変なもの」「仕事でより多くのお金を稼ぐには長時間働くこと」「仕事をするには、会社に雇われることが必要」というような間違った固定観念から脱却し、もっと大胆に振る舞うことが大切です。

安全策をとって楽な方へ楽な方へと流されるのではなく、大きな夢や理想を追求しそれに向かって大胆に行動し続けることが大切なのです。

3-5 洗練された社交術を身につける

image仕事のやりがいを高め、もっと自分を高みに持っていくためには、洗練された社交術を身につける必要があります。成功者やお金持ちほど、人生をもっとより良いものにするためにはプラスの波動の中に身を置くことが重要だと強く認識しているものです。

学生時代の友人と集まって「お金がない」とか「上司や同僚がいかにダメな人間か」ということを永遠と愚痴るなんて、「洗練された社交術」とは対極にあります。ネガティブなことはしない、言わない、ということを徹底しましょう。

例えば、若い人がパーティーで緊張してグラスを倒して床にワインをこぼしてしまった時、「床もワインを飲みたかったんだよ」とユーモアに変えてあげられる人は、失敗した人の心を救うことができますし周囲のムードも寛容なものに変えることができます。

洗練された社交術、つまり、心に余裕を持ち、温かい気持ちで人と接するコミュニケーション術は、常に自分の心はもちろん周囲の人の心もプラスの状態に保つことができるので、仕事や人生をもっとより良いものに変えてくれる力があります。

3-6 海外旅行へ行く

image年に1回は、まとまった休みをとって海外旅行へ行きましょう。

本を読んだり映画を観たりという間接的な経験ではなく、自分が実体験する異文化は、視野を広げてくれるので仕事や人生に大きな意義を与えてくれます。

さらに、成功者やお金持ち、仕事が出来る人ほど知的好奇心が高く海外旅行に興味も高いので、彼らと仲良くするためのきっかけにもなってくれます。事実、ハーバード大学では多くの人が日本に興味を持っているそうです。

海外旅行へ行くのには国内旅行以上にお金が掛かります。また、まとまった休みを取るには仕事などの調整も大変です。慣れない土地に短期間とはいえ滞在することは、勇気も要ります。ですが、こうした大変なことを「出費」と捉えるのではなく「自分に必要な投資」だと捉えることが大切です。

仕事のやりがいを高めるため、そして人生をもっとより良いものにするために、積極的に海外へ出て、自分の見聞を高めましょう。

3-7 古風な部分も併せ持つ

image仕事面では特に、人は信頼に値して好感の持てる人と付き合いたいと思うものです。

新しい時代や価値観に順応することも大切ですが、それ以上に昔から大切とされている価値観も忘れないことが大切です。成功者やお金持ちほど、古風な一面を併せ持つ人が多いのです。

年賀状に始まりお中元やお歳暮など、お世話になった人には時候の挨拶をする。定期的に神社へお参りし、昔からの風習を大切にする。手書きのお礼状を書いたり、会費などを渡す時にお金を裸で渡さずにきちんと封筒に入れる。などのように、ちょっとしたことでも丁寧に心を込めてやれば相手にも伝わります。

また、立ち振る舞いだけではなく洋服や小物選びにおいても、年配の人をギョッとさせるようなものは選ばないようにしたり、アイテムの中で一つは伝統あるブランドの物を身につけるようにしたりして、品良く仕上げることも重要です。

若いうちから徹底すれば、「若いのにしっかりしていて、見どころがあるな」と目上の人から目をかけてもらえますし、年齢を重ねた時には、「この人のために頑張ろう」とか「この人について行こう」と若い人から真の尊敬を得られる存在になることが出来ます。

4 まとめ

「仕事にやりがいを感じられない」とか「仕事がつまらないから仕事を辞めてしまいたい」と悩んでいるのであれば、まずはその時間が自分の時間を浪費してしまっていることに気づきましょう。

仕事のやりがいは、自分の行動によって作るものです。他人任せにせず、「仕事のやりがいを感じるか感じないかは自己責任だ」と腹を括って、やりがいを感じられるように努力した人から人生が良い方向へ変わっていきます。

ここに紹介した仕事のやりがいを高める方法を今すぐ実践して、自分と仕事と人生をもっとより良いものに変えてみましょう。

【参考図書】
「スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則」(ハワード・ビーハー、ジャネット・ゴールドシュタイン、日経ビジネス人文庫)

「やりがいのある仕事」という幻想」(森博嗣・朝日新書)

Pocket

無料E-book:大反響!実用的にお金と自由をもたらす8つの習慣をプレゼント!!

「自分を変えてお金も増やしたい」
「好きな事ややりたい事が見つからない」
「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」

けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか?

そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします!

・本当にやりたい事の見つけ方とは?
・才能、学歴、能力に関係なく成功するには?

・自分が変えて目標を実現するメカニズム
・凡人から脱するための2ステップ戦略とは?
・成功者だけがこっそりやっているコト
・潜在意識をプログラミングする作業
・年収を10倍にする鍵とは?
・極めて生産性を上げる究極の勉強法
・最大の収入と安定をもたらすセールス
・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性
・新しい自分を作るプロセスとは?

など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。

ぜひ、この機会に貴重な秘訣の数々を受け取って下さい!
(さらなる特典も準備中)

今すぐ無料E-bookを受け取る

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*