起業に失敗しない!成功・失敗パターンと特徴を事前チェック

Pocket

male起業するときに失敗については考えたくないものです。失敗という文字すら何だか縁起が悪くて目にしたくないという人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、起業で失敗をしないためには、成功話より、失敗話をチェックすることこそが重要なのです。

今回は、起業の準備段階から、起業時、そして、起業後事業を軌道に乗せるまでの各ステージでチェックしておきたい“失敗しないため”の失敗パターンや特徴をご紹介していきたいと思います。

目次

1 起業に失敗しないために再確認したいこと
  1-1 スキルについて
  1-2 人脈について
  1-3 資金について
2 起業に失敗する人の特徴
  2-1 起業の理由が曖昧
  2-2 数字に弱い
  2-3 人に任せられない
3 起業に失敗しない人の特徴
  3-1 柔軟性
  3-2 リーダーシップ力
  3-3 ポジティブ思考
  3-4 失敗を恐れない
  3-5 お金の流れを把握できる
4 起業後も失敗しないためのポイント
  4-1 お金をかけすぎない
  4-2 時間をかけすぎない
  4-3 大きくしすぎない
まとめ

1 起業に失敗しないために再確認したいこと

起業しようと決めたときには、もう前に進むだけという気持ちになっているかと思います。しかし、起業はお金も時間も労力もかかるもの。

起業前に、本当に自分は起業すべきなのかどうか、起業に向いているタイプなのかどうか、改めてチェックする必要があります。動いてしまってからではムダなモノを生み出してしまう可能性があるので、「いざ、起業」の前に再度確認の意味も込めて、基本的なことから見直してみましょう。

1-1 スキルについて

imageスキルはあればあるに越したことはないものです。しかし、時間やコストの問題、起業のタイミングによっては、十分なスキルが身に付いていないケースも発生します。ここでチェックしたいのは、起業時に身につけておくべきスキルが足りているかどうかという点です。

起業後に事業を進めながらの方が身に付きやすいスキルもあります。準備段階ではコレもあった方が良い、あれもあった方が安心、というようにどんどん理想のスキルの幅も広がってしまいがちです。大切なのは、必要なときに的確なスキルで対応ができるかどうかということです。

スキルに関しては、ココまででOKというゴールはありません。あればあるだけ便利なことは確かです。しかし、各段階である程度の区切りをつけることも大切なのです。起業前に習得しておくべきスキル、起業後に実務で身についていくスキル、実際の事業に必要なスキルというように、ステージ別に分けてしっかりと把握しておくことをおすすめします。

スキル取得に捕われて、起業のタイミング、チャンスを逃してしまうのはもったいないことです。もちろん、必要なスキルも身につけていないのに見切り発車してしまうのは自ら失敗に向かっているようなもの。いつ何がどのくらい必要なのかを見極めて準備していきましょう。

1-2 人脈について

female起業を決めたら、いろいろなセミナーや勉強会、交流会などに参加して人脈作りに励む人も多くいるかと思います。しかし、出会いの数が勝負ではありません。大切なのは“質”です。名刺の数だけは増えたけれど、起業にプラスになるような出会いはまったくなかった…というケースも少なくありません。むしろ、その方が多いかもしれません。

セミナーや勉強会、交流会といったものに参加する際には、時間もかかりますし、参加費用が必要になる場合もあります。体力も意外と必要だったりしますよね。ポイントは、やみくもに多くの機会に顔を出さないということです。どんなセミナーなのか、ためになる講演なのか、参加者はどんなタイプの人たちなのかなど、詳細をしっかりとチェックしてから選別して参加するようにしましょう。

それでなくても起業には、時間もお金も体力も必要なのですから、少しでもムダは省きたいものですよね。効率よく動く。これがポイントです。

1-3 資金について

image起業に欠かせないのが“資金”です。ある程度の資金がないと起業は難しいものですが、潤沢な資金があるからといって成功するという保証もありません。お金をかけずに成功した起業家たちもたくさんいます。

起業に失敗すると資金不足のせいにするというダメなパターンの考え方をしてしまう方たちもいます。ポイントは、準備できる資金の範囲内で始められるビジネスを探すことです。もしくは、自分のやりたいビジネスでの起業に必要な資金をしっかりと確保してからスタートすることです。

NGは言い訳をしてしまうこと。探せば意外とアイデアは転がっています。少ない資金での成功例もありますし、少ない資金なら万が一失敗したときのリスクも小さく抑えられるので、その後の動きに与える影響も最小限にすることも可能です。

2 起業に失敗する人の特徴

起業する前に認めるのも嫌なものですが、現実的に考えて、起業して成功する人の方が失敗する人の数より圧倒的に少ないと言えます。

成功できる人は、全体のなかでほんの一握りなのです。しかし、そのひと握りにはいるために、まずは失敗する人の特徴をチェックしてみましょう。当てはまるものがあれば、動き出す前に直す。これが成功に繫がる一歩となります。

2-1 起業の理由が曖昧

imageお金も時間も体力も使う起業だから、むやみやたらに「起業したい」という人は少ないでしょう。と言いたいところですが、意外とふんわりとした理由で起業を考えているというケースもあるのです。起業という響きがなんかイイとか、成功例だけを見て「あの人ができたなら」など。

起業の成功には、アイデア、実現させる能力、強い意識やモチベーションなどが求められています。これらなしに、起業家としての成功はないというくらいに思って良いと言えます。

「どうして起業をしたいのですか?」という質問に対しての答えが曖昧な状態の人は失敗します。理由はあるけれど、それがきちんと説明できない、相手を納得させることができない、そういったケースも失敗に繫がります。

2-2 数字に弱い

image経営者となった以上、数字が苦手という人でも、数字の理解は求められます。別に数学が得意な必要はありません。数字を理解し、お金の流れに敏感に反応できなければ、ビジネスチャンスをみすみす逃すことにもなってしまいます。

自分の業界だけでなく、日本経済、そして世界経済にまで目を向けて世の中の流れと経済の流れ、そして自身のビジネスとの繫がりを考える、これが経営者に求められる習慣のひとつと言えるでしょう。

2-3 人に任せられない

image何でもできることは悪いことではありません。しかし、何でも自分でやってしまうことにより失敗してしまう起業家が多いのも事実です。会社を経営することにおいて、時間はとても重要な要素の1つです。ムダにすべきではありません。

他の人でもできることを経営者自ら行う必要はないのです。経営者しかできない、もしくは経営者がすべきことをするための時間を確保する、これはとても大切なことです。経営者がすべきこと、起業家がすべきこと、それは会社を軌道に乗せること、売上をしっかり上げること。それと同時に、費用対効果についてしっかりと考えるということです。

売上が安定していない時期には、自分で何でもしなければいけないものです。しかし、いつまでもその状況では会社は飛躍しません。他の社員に任せること、場合によっては外注して解決することができる経営状況であるならば、経営者は経営者がやるべきことに集中するのがベストです。

3 起業に失敗しない人の特徴

失敗ばかり見ていても気分が上がらないですよね。今度は成功する人はこんな人というポイントを見ていきたいと思います。失敗例から学び、そして成功例は自分に合うものを選別して吸収していくことが大切です。

3-1 柔軟性

image失敗するコトなしに成功者となった例は少ないでしょう。どんな起業家もさまざまな問題にぶつかり、悩んだ経験があるはずです。何かをするときには失敗も想定して動くことも大切です。つまり、リスクヘッジが必要なのです。

トラブルに直面したときどのように対処するのか。そのときになって考えるのでは対処が遅くなります。リスク管理という面では、過去の事例を参考にすることが効果的です。リスク例と解決法をセットで知ることで、問題に直面した際の対処方法が変わるということを頭に入れておきましょう。

実際にトラブルにあってしまったら、まずは状況を受け入れることが大切です。マイナスの状況は認めたくないから目を逸らすというのはNGです。どんな状況でも現実を受け入れ、ベストな解決法を自分の知識から導き出す、これが成功する経営者の資質といえます。

3-2 リーダーシップ力

image成功している起業家を見ていると、「なんかこの人違うな」と感じることってありませんか。オーラというかなんというか。人を惹きつける魅力を感じたりするものです。それが、「この人についていきたい!」と思わせるリーダーシップのようなものに繫がるのです。

経営について学ぶなら成功者の書籍を読むのがおすすめ! と先ほど触れましたが、そういった書籍の中ではリーダーシップについても多く記載されています。会社を立ち上げて軌道に乗るまでの間、加速が求められる時期には、経営者のリーダーシップはとても重要な役割を果たします。

3-3 ポジティブ思考

imageネガティブな思考は、自分だけではなく周りのモチベーションも下げてしまうことがあります。成功する人は、いつまでも失敗にとらわれず、次のステップへと進もうとします。

これは、失敗は無視してよいというわけではありません。失敗は失敗として受け入れ、そして、やるべきことにシフトチェンジすることが大切なのです。

3-4 失敗を恐れない

maleポジディブ思考にも繫がる部分はありますが、マイナスなことをいつまでもくよくよ考えても何も生まれません。失敗は失敗として受け入れ、そこから学ぶべきことを学び、次に生かして成功へ導く、これが成功する起業家に求められることです。

ポイントは、同じ失敗は繰り返さないこと。頭をささっと切り替えて、早めに立ち直り、失敗を恐れずに次のステップに進む。これが理想の形です。

3-5 お金の流れを把握できる

成功する起業家は「キャッシュフロー」をしっかりと理解しているものです。経営戦略におけるキャッシュフロー(現金の流れ)の重要性について、ここでは詳しく触れませんが、重要であるということだけは、理解しておきたいところです。

4 起業後も失敗しないためのポイント

さて、今度は無事に起業できたときにチェックすべき事項をご紹介していきます。起業まではうまくいったとしても1年、2年でダメになる…というパターンは少なくありません。

たとえ準備段階でしっかりと計画を立てたとしても、失敗に終わることは珍しくないのです。逆に準備はそれほど万全ではなかったのに、起業後の事業状況は順調そのものといったケースもあります。

起業後に軌道に乗せるために必要なこと、起業することで終わらずに事業を継続するために抑えておくべきポイントを見ていきましょう。

4-1 お金をかけすぎない

image起業には資金が必要です。借入をしたり、出資を受けたり、自分でコツコツ貯めたりと、お金を集める方法はさまざまです。

会社立ち上げ時、売上が安定するまでは固定費の負担がのしかかって来るでしょう。ある程度の時期までは、準備した資金でまかなうのが普通ですが、事業を軌道に乗せて売上で支払をしていくことにシフトしていく必要があります。

軌道に乗るまでの間は、何もしなくてもかかってしまう「固定費」にはできる限りお金をかけないように工夫をすることが大切です。

4-2 時間をかけすぎない

imageいきなり起業という形を取らなくても、できるときにやるビジネスもありという考え方も検討してみましょう。起業は簡単なことではありませんし、片手間でできるものでもありません。

しかし、規模次第では、今、費やせる時間のみを有効活用してじっくり軌道に乗せていくという方法もあるのです。つまり、会社勤めの人が起業しよう! と考えた時、会社を辞めてから起業するのではなく、休日や平日に使える時間内でビジネスを始めるということです。

この方法のメリットは、安定した収入をキープしたままの起業なので、お金の心配が軽減されるという点です。安定収入がもたらす安心感は想像以上にあります。徐々に費やす時間を増やしていき、シフトしていくという形で始めることも検討してみてはいかがでしょうか。

限られた時間内で行うからこそのアイデアが生まれたり、時間の有効活用などができるなどのメリットもあるのでおすすめです。

4-3 大きくしすぎない

起業するからには、夢は大きくということで、大きなビジネスプランを描いている方も多いと思います。しかし、起業して、事業が軌道に乗って、その勢いで一気に事業拡大をしたために失敗してしまった…というパターン、意外と多くあります。

せっかく軌道に乗ったのに、もったいないですよね。失敗を少なくする方法としては、少しずつ大きくすること。利益率などをしっかりチェックして、一歩一歩進んでいくことが大切です。軌道に乗っても調子に乗らないことが大切です。

まとめ

成功の秘訣は失敗からの学び。これをいつも頭の片隅においておきましょう。

うまくいっているときや、目標に向かって突き進んでいるときには、失敗に繫がる動きをしてしまっていることに気づかないものです。意識的に自ら立ち止まり、状況をチェックし把握して、間違った方向に進んでいるものがあれば早めに軌道修正するようにしていきましょう。

【参考図書】
「起業を考えたら必ず読む本」(明日香出版社)
「はじめの一歩を踏み出そう」(世界文化社)
「起業1年目の教科書」(かんき出版)

Pocket

無料E-book:大反響!実用的にお金と自由をもたらす8つの習慣をプレゼント!!

「自分を変えてお金も増やしたい」
「好きな事ややりたい事が見つからない」
「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」

けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか?

そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします!

・本当にやりたい事の見つけ方とは?
・才能、学歴、能力に関係なく成功するには?

・自分が変えて目標を実現するメカニズム
・凡人から脱するための2ステップ戦略とは?
・成功者だけがこっそりやっているコト
・潜在意識をプログラミングする作業
・年収を10倍にする鍵とは?
・極めて生産性を上げる究極の勉強法
・最大の収入と安定をもたらすセールス
・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性
・新しい自分を作るプロセスとは?

など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。

ぜひ、この機会に貴重な秘訣の数々を受け取って下さい!
(さらなる特典も準備中)

今すぐ無料E-bookを受け取る

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*