どこで始めたら得か?│個人型確定拠出年金の金融機関を比較しよう!

Pocket

male確定拠出年金を始めようと思っている方、金融機関の選択でお悩みじゃありませんか?

平成29(2017)年1月から加入資格が拡大されて、誰もが絶大な税制優遇の恩恵に預かれるようになった確定拠出年金。

いざ、資料を集めてみたものの、書かれていることが難しくてどこを判断基準にしたらいいのかわからないという方も多いことと思います。

確定拠出年金の資産をどれだけ増やせるかは、個人の責任において選択する金融機関と商品にかかっています。

ここでは各業態で注目されている金融機関をピックアップして、商品の品揃えやサービス内容などを比較してみます。

1. 個人型確定拠出年金の加入手順と運用の概要
  1-1. 個人型確定拠出年金のしくみ
     1-1-1. 国民年金基金連合会とは
     1-1-2. 運営解離機関とは
  1-2. 個人型確定拠出年金の資料請求から運用開始まで
  1-3. 個人型確定拠出年金のメンテナンスとリバランス
     1-3-1. 2種類の運用指図
     1-3-2. リバランス
2. 個人型確定拠出年金における金融機関を選ぶ際の3つのポイント
  2-1. 個人型確定拠出年金の手数料
  2-2. 品揃え
     2-2-1. 元本確保型
     2-2-2. 投資信託を選ぶポイント
  2-3. サービス
3. 個人型確定拠出年金の運営管理機関となっている金融機関
  3-1. 個人型確定拠出年金 | 銀行
     3-1-1. りそな銀行
     3-1-2. 三井住友銀行
     3-1-3. スルガ銀行
     3-1-4. 琉球銀行
  3-2. 個人型確定拠出年金 | 信用金庫
  3-3. 個人型確定拠出年金 | 労働金庫
  3-4. 個人型確定拠出年金 | 証券会社
     3-4-1. SBI証券
     3-4-2. 岡三証券
     3-4-3. 楽天証券
  3-5. 個人型確定拠出年金 | 保険会社
     3-5-1. 第一生命
     3-5-2. 東京海上日動火災保険
  3-6. 個人型確定拠出年金 | 専業会社
     3-6-1. SBIベネフィット・システムズ
  3-7. 個人型確定拠出年金 | 信託銀行・投信会社
     3-7-1. 損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
4. 個人型確定拠出年金のメリット、デメリット
  4-1. 個人型確定拠出年金の主な特徴
  4-2. 個人型確定拠出年金のメリット
  4-3. 個人型確定拠出年金のデメリット
  4-4. 個人型確定拠出年金でおすすめ金融機関
まとめ

1. 個人型確定拠出年金の加入手順と運用の概要

個人型の確定拠出年金は、20歳以上60歳未満の社会人であれば誰もが加入できるようになりました。ただし、公的年金の被保険者分類や勤め先の年金の状況によって拠出できる限度額が変わってきますから確認が必要です。

1-1. 個人型確定拠出年金のしくみ

image貯蓄と公的年金だけでは老後の資金が足りない場合に、上乗せ型年金として自分で資金運用する確定拠出年金は、拠出時、運用時、受給時という3重の税制優遇を得られる大きなメリットがあります。

企業型確定拠出年金は企業が掛金を拠出するのに対して、個人型は加入者自身が掛金を拠出します。

運営管理機関に登録した口座から引き落とされた拠出金は、国民年金基金連合会で管理されます。

1-1-1. 国民年金基金連合会とは

国民年金(老齢基礎年金)の上乗せ年金である国民年金基金の運営を行う機関で、平成14(2002)年から個人型確定拠出年金の実施主体となりました。規約の作成や加入者の資格の承認、掛金の収納などの業務を行っています。

1-1-2. 運営解離機関とは

運営管理機関とは確定拠出年金の運用商品を提供する金融機関のことです。

厚生労働省と金融庁の承認を受けた銀行、証券会社、保険会社などが、国民年金基金連合会から業務委託を受けて以下の業務を行っています。

①個人口座残高の管理や個人からの運用指図を取りまとめる記録関連業務
②運用方法の選定や運用商品の提示を行う運用関連業務

1-2. 個人型確定拠出年金の資料請求から運用開始まで

個人型確定拠出年金の加入手順は以下のようなものです。

個人型確定拠出年金の加入手順
①金融機関に資料を請求する
②金融機関を選択する
③運用商品と配分割合を決める
④申込書を金融機関に提出する
⑤登録口座に掛金を用意する
⑥IDとパスワードが送られてくる

1-3. 個人型確定拠出年金のメンテナンスとリバランス

個人型確定拠出年金で運用を開始すると、インターネットかコールセンターへの電話で資産の確認や、運用指図ができるようになります。

1-3-1. 2種類の運用指図

female定期的に資産状況を確認して必要であれば運用指図を行うことを「メンテナンス」と呼びます。

運用指図には、運用商品の割合を変える「配分変更」と、商品を売却して新たな商品を購入する「スイッチング」があります。

1-3-2. リバランス

資産配分の調整を「リバランス」といいます。

具体的には、元本確保型と投資信託の配分変更や、価格の上がり過ぎた商品を売却し、値下がりした商品を購入するスイッチングを行います。

2. 個人型確定拠出年金における金融機関を選ぶ3つのポイント

長期運用で大きなリターンをン狙う確定拠出年金では、どの金融機関を選ぶかで成果が変わってきます。

選択の際には、「手数料」「品揃え」「サービス」の3ポイントで判断しましょう。

2-1.  個人型確定拠出年金の手数料

確定拠出年金の積み立てにかかる主な手数料は4つあります。

主な手数料
①新規加入時の手数料・・・・・・国民年金基金連合会に2777円
②毎月かかる収納手数料・・・・・国民年金基金連合会に103円(年間1236円)
③毎月かかる資産管理手数料・・・事務委託先金融機関に64円(年間768円)
④毎月かかる運営管理手数料・・・運用管理機関に年間0円~7000円

運営管理手数料は加入する金融機関ごとに設定が異なり、口座を保有している間は支払い続けなければならないので、比較の大きなポイントになります。

2-2. 品揃え

商品は「元本確保型」とリスク性商品の「投資信託」に大別され、その品揃えは金融機関ごとに異なります。自分の運用方針に合った品揃えをしている金融機関を選びましょう。

商品を運用している間は自動的に引かれるコストである「信託報酬」の低い商品が充実しているかどうかも比較の対象になります。

2-2-1. 元本確保型

imageとにかく元本割れだけは避けたい、運用指図を気にせず、利率は低くてもいいから安全に資産を残したいという人に向いているのが、定期預金や保険商品などです。

安定型の運用を行う人は比重が大きくなります。

バランス型の運用を行う人は自分が目指す運用利率に合わせて組み込みましょう。

2-2-2. 投資信託を選ぶポイント

投資信託を選ぶときのポイントは以下の4点です。

①投資対象(国内か外国か、債権か株式かなど)
②単一商品型か、いくつかの商品を組み合わせたバランス型か
③運用手法は、あらかじめ定めた指標を上回る成果を目指す「アクティブ型」か
 指標に連動した成果を目指す「パッシブ型」か
④運用している間はかかり続ける信託報酬の低さ

ファンドとも呼ばれる投資信託は、多くの人から少しずつの拠出金を集めて運用のプロが債券や株式などに投資し、得られた利益を投資割合に応じて配分すること目的とした金融商品です。

買ったときの値段より下がることもあるので元本割れすることもありますが、長期投資をすることによる大きなリターンが魅力です。

2-3. サービス

インターネット上での手続きは充実しているか、コールセンターの開設時間は自分の生活スタイルに合っているかなど、サービ体制もチェックポイントです。

最初に詳しく話を聞きたいという人は、窓口で相談できるかどうかということも判断材料になるでしょう。

3. 個人型確定拠出年金の運営管理機関となっている金融機関

image個人型確定拠出年金は銀行、証券会社、保険会社などいろいろな業態の金融機関で取り扱っています。

金融機関を決める際にはインターネット上の情報だけで判断せずに、必ず資料を請求して詳細な情報を確認しましょう。

運用管理機関の一覧は、国民年金基金連合会が運営する「個人型確定拠出年金」というサイトで確認することができます。

また、モーニングスター社の「個人年金プランを選ぶ」というサイトでは、一覧に加えて手数料や商品数のランキングも知ることができます。

ここでは各業態で人気の高い金融機関の特長を紹介しましょう。
各データは2016年12月現在のものです。商品の構成内容はよく変わりますから、各機関のウェブサイトで最新の情報をご確認ください。

3-1. 個人型確定拠出年金|銀行

運用管理機関の中でもっとも多いのは銀行で、50以上の機関で個人型確定拠出年金を扱っています

3-1-1. りそな銀行

銀行の中で商品数が最大の33本で、信託報酬が0.1~0.2%台の商品が豊富であることもポイントです。

●運営管理手数料  年間3792円
●商品数      33(そのうち元本確保型は2商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~21:00、土日9:00~15:00
          店頭での対応可能、信託報酬が0.162~0.27%(税込)

3-1-2. 三井住友銀行

安定型から積極型までのタイプ別に幅広く商品が用意されているのが特長です。

●運営管理手数料  年間3756円
●商品数      16(そのうち元本確保型は2商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~21:00、土日9:00~15:00
          店頭での対応可能、信託報酬は0.1%台から幅広く用意

3-1-3. スルガ銀行

りそな銀行と同数の品揃えに加え、運営管理手数料が無料という大きなメリットがあります。

●運営管理手数料  管理資産が50万円以上で無料、それ以下は年間3240円
●商品数      33(そのうち元本確保型は3商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~17:00

3-1-4. 琉球銀行

野村證券と提携して信託報酬が低めの投資信託を豊富に用意しているのが琉球銀行です。
書類のやり取りなどは郵送で行えるので、県外に住む人でも問題なく加入できます。

●運営管理手数料  年間4668円
●商品数      18(そのうち元本確保型は2商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~21:00、土日9:00~17:00
          信託報酬の低い商品を豊富に用意

3-2. 個人型確定拠出年金|信用金庫

全国で60を超える信用金庫が扱う個人型確定拠出年金はすべて信金中央金庫で取りまとめられます。

5本用意された元本確保型商品には固定金利型と変動金利型が用意され、投資信託はすべてパッシブ型なので、安定型の運用を目指す人におすすめです。

●運営管理手数料  年間5184円
●商品数      14(そのうち元本確保型は5商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~17:30
          信託報酬の商品はすべてパッシブ型

3-3.  個人型確定拠出年金|労働金庫

全国13の労働金庫は、公務員約167万人が顧客となっているので、新たに加入できるようになった公務員の人は職場と密接な関係にあって利用しやすいでしょう。

関東地方を管轄する中央労働金庫は以下の設定、他の地方の労働金庫もほぼ同様の内容です。

●運営管理手数料  年間3888円
●商品数      9(そのうち元本確保型は1商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~17:00

3-4.  個人型確定拠出年金|証券会社

確定拠出年金を扱う証券会社は、「SBI証券」「岡三証券」「野村証券」「大和証券」「楽天証券」の5社です。

3-4-1. SBI証券

インターネット専業のSBI証券は、最大の商品数と運用管理手数料が無料という点から、もっと多くの人が有利と判断しています。

●運営管理手数料  管理資産が50万円以上で無料、それ以下は年間3888円
●商品数      62(そのうち元本確保型は3商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日8:00~18:00
          最多の商品数でバランスのよい品揃え

3-4-2. 岡三証券

岡三証券はインターネット上の商品情報が充実しており、過去実績や運用状況なども簡単に確認できるのが特長です。

●運営管理手数料  年間2460円
●商品数      40(そのうち元本確保型は7商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日8:00~18:00
          商品情報がわかりやすい

3-4-3. 楽天証券

2016年9月から個人確定拠出年金に参入した楽天証券は、なんといっても手数料の安さが魅力です。2017年12月までは資産残高10万円以下でも運営管理手修了が無料になりますので、人気が急上昇しています。

楽天証券の口座をもっていれば、共通のIDとパスワードを用いて確定拠出年金の口座情報も管理できます。

●運営管理手数料  管理資産が10万円以上で無料、それ以下は年間2712円
●商品数      28(そのうち元本確保型は1商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日8:00~18:00
          低コスト中心の品揃え

3-5.  個人型確定拠出年金|保険会社

確定拠出年金を扱う生命保険会社は「ソニー生命」「第一生命」「日本生命」「富国生命」「明治安田生命」の5社、損害保険会社は「東京海上日動火災」「あいおいニッセイ同和損害保険」「三井住友海上火災」の3社です。

3-5-1. 第一生命

投資信託の商品タイプごとにパッシブ型とアクティブ型を用意して幅広い投資ニーズに対応しています。

新興国株式の組み込み比率を変えたラインナップのバランス型が好評です。

●運営管理手数料  年間4260円
●商品数      29(そのうち元本確保型は2商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~21:00、土日9:00~17:00
          パッシブ型とアクティブ型両面での品揃え

3-5-2. 東京海上日動火災保険

商品数は決して多くはありませんが、自社系列である東京海上アセットマネジメントの運用商品を中心としたラインナップがタイプ別に充実しています。

インターネットサイトの見やすさにも定評があります。

●運営管理手数料  年間4272円
●商品数      18(そのうち元本確保型は2商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日9:00~18:00、土日9:00~17:00
          パッシブ型とアクティブ型両面での品揃え

3-6.  個人型確定拠出年金|専業会社

個人型確定拠出年金を扱う専業会社は、「ジャパン・ペンション・ナビゲーター」「SBIベネフィット・システムズ」「損保ジャパン日本興亜DC証券」の3社です。

3-6-1. SBIベネフィット・システムズ

確定拠出年金の記録管理業務(レコードキーピング)を行う機関として設立されたSBIベネフィット・システムズは運営管理機関として個人型確定拠出年金の販売も行っています。

24本ある投資信託のうち16本がアクティブ型という構成である一方で、パッシブ型は信託報酬が0.1%台から用意されており、あらゆるニーズに対応した品揃えとなっています。

●運営管理手数料  年間4920円
●商品数      27(そのうち元本確保型は3商品)
●サービス等    コールセンターの開設時間:平日10:00~18:00
          信託報酬は0.1%台から用意、アクティブ型も充実

3-7.  個人型確定拠出年金|信託銀行・投信会社

個人型確定拠出年金を扱う信託銀行は、「三井住友信託銀行」、投信会社には「さわかみ投信」「損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(予定)」があります。

3-7-1.  損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント

損保ジャパン日本興亜DC証券のグループ会社である損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントは、平成28(2016)年12月を目処に個人型確定拠出年金の運営管理業に参入する予定です。

●運営管理手数料  年間0~3888円
●商品数      未定
●サービス等    未定

毎月の掛金と資産残高によって金額が変わる新しい設定の運営管理手数料が話題となっています。

①1万円未満
資産残高が100万円未満で3888円、100万円以上200万円未満で1680円、200万円以上で無料

②1万円以上2万円未満
資産残高が100万円未満で1680円、100万円以上で無料

③2万円以上
無料

4. 個人型確定拠出年金のメリット、デメリット

4-1. 個人型確定拠出年金の主な特徴

確定拠出年金の重要な特徴をまとめると以下です。

個人型確定拠出年金の主な特徴
・毎月一定額を積み立てて、引き出すのは60歳以降
・利息や配当金などには税金がかからない
・積立額は経費とみなされ、所得税と住民税が少なくなる
・受取時には、退職所得控除や公的年金等控除が適用される
・銀行や証券会社に払う運営管理手数料+口座維持手数料と投資信託の手数料は、銀行や証券会社によってピンキリ

となります。

4-2. 個人型確定拠出年金のメリット

image個人型確定拠出年金のメリットとしては、積み立てた金額が損金扱いになって所得税と住民税が減らせることです。

例えば、月2万円の支払い、年間24万円支払えば、24万円分の所得が減ったことになります。

課税所得が350万円の人の場合、税率は所得税20%、住民税10%の合計30%なので、毎年7万2000円の節税ができます。

4-3. 個人型確定拠出年金のデメリット

個人型確定拠出年金のデメリットとしては、銀行や証券会社、保険会社といった金融機関経由でないと、確定拠出年金に入れず、その金融機関で手数料が高い投資信託をセールスされると手数料ばかりかかってしまい、節税できても積み立てた金額が減ってしまうという危険があります。

4-4. 個人型確定拠出年金でおすすめ金融機関

imageそこで個人型確定拠出年金のポイントとしては、必ず、信託報酬が低いインデックスファンドを揃えた金融機関を選ぶことです。

確定拠出年金は、時間の経過とともに資産額が膨れ上がるので、0.1%の違いが後々大きく左右します。

それを踏まえ、現時点でおすすめとして、楽天証券は、REITも含めて信託報酬が低い商品を揃えています。また、りそな銀行も株式と債券およびバランス型を中心に低い報酬のファンドがそろっています。(2016年10月末現在)

そして、次に大切なのが手数料です。

多くの金融機関の手数料は月額500~600円と、年間7000円近くもかかるので、せっかくの節税効果が台無しです。

また、銀行によって手数料が低くても、確定拠出年金用のラインナップが信託報酬の高い投資信託ばかりだと福利効果が帳消しになることもあります。

ネット証券であれば、手数料が良心的で、楽天証券では年金資産残高が20万円以上、SBI証券では50万円以上になれば、管理手数料が無料となります。月額167円の口座維持手数料のみです。信託報酬が0.3%以上の投資信託を選ばないように注意することです。

もっと詳しく知りたい方は『お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?』(元メガバンク行員 坂下仁著、元保険代理店役員 宮大元著)で具体的に初心者でもわかりやすくアドバイスしています。お金を効果的に貯めたい人は必見の内容ですので是非参考にしてください。

まとめ

female平成29(2017)年1月に加入枠が拡大されると、個人型確定拠出年金の顧客獲得競争は激化して各金融機関が品揃えや手数料を見直すことが予想されます。

長期の運用で大きなメリットを生む年金制度ですから、できるだけ早く始めた方が有利であることは間違いありませんが、平成29年の前半は業界の様子をうかがってみるのもひとつの手かもしれませんね。

自分に合った運用スタイルをよく検討して、少しでも有利な運用ができる金融機関を選択してください。くれぐれも最新情報の確認をお忘れなく!

【参考図書】
・『はじめての確定拠出年金』(学研プラス)
・『絵でわかる日本版401k 確定拠出年金』(すばる舎)
・『お金のプロに聞いてみた! どうしたら定年までに3000万円貯まりますか?』(フォレスト出版)
年金基金連合会 web site
モーニングスター個人型確定拠出年金総合ポータルサイト
モーニングスター401kポータビリティガイド
・各運営管理機関のweb site

Pocket

無料E-book:大反響!実用的にお金と自由をもたらす8つの習慣をプレゼント!!

「自分を変えてお金も増やしたい」
「好きな事ややりたい事が見つからない」
「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」

けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか?

そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします!

・本当にやりたい事の見つけ方とは?
・才能、学歴、能力に関係なく成功するには?

・自分が変えて目標を実現するメカニズム
・凡人から脱するための2ステップ戦略とは?
・成功者だけがこっそりやっているコト
・潜在意識をプログラミングする作業
・年収を10倍にする鍵とは?
・極めて生産性を上げる究極の勉強法
・最大の収入と安定をもたらすセールス
・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性
・新しい自分を作るプロセスとは?

など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。

ぜひ、この機会に貴重な秘訣の数々を受け取って下さい!
(さらなる特典も準備中)

今すぐ無料E-bookを受け取る

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*