体脂肪を燃焼させる2つのアプローチ-糖質オフと簡単部屋トレ

shutterstock_124535572

好きな物は食べたいけど、体脂肪が気になるという人は多いですよね?

体脂肪をコントロールするためには、エネルギーを体内に取り込む「食事」と、エネルギーを燃焼させる「運動」という2つのアプローチが必要です。

摂取したエネルギー量より、消費するエネルギー量が少なければ、余ったエネルギーは体脂肪となって体内に蓄積されていきます。
その状態で体脂肪を燃焼させなければ、肥満になり、生活習慣病などを引き起こす要因となります。

ここでは、体脂肪を効果的に燃焼させる食事の概要と、部屋で簡単にできる体脂肪燃焼運動を紹介します。
どのようにして体脂肪が溜まり、どのようにして燃焼されるのかという、体脂肪や肥満に関する基礎知識を身につけて、2つのアプローチを実践してください。

続きを読む

ストレッチの効果を科学した15の真実-筋肉の柔軟性とは何か?

shutterstock_651222154

身体が硬い人ほど、ストレッチで柔らかくしたいと思いますよね?

日常生活の中で体を動かしていても、それだけでは筋肉を柔らかくすることはできません。
正しい方法で筋肉を伸ばすことが必要とされます。

ただ筋肉を伸ばすだけではなくて、このポーズがどこの筋肉を伸ばしているのか、なぜこの動きで身体の柔軟性が高まるのかといったことを理解して行わないと効果が上がらないのです。

そのためには、科学的検証に基づいたストレッチの意義や効果を知らなければいけません。

ここでは、ストレッチで得られる身体の柔軟性と、正しいストレッチによる効果を15の真実として解説します。
ストレッチの事前知識として活用してください。

続きを読む

ヨガがもたらす5つの感覚と5つの効果-心身を強くしなやかに

shutterstock_1048448299

ヨガには興味があるけど、難しいのではないかと思っている人は多いですよね?

修行のようなものなの?
ストレッチとどこが違うの?
どういう効果があるの?

こうした疑問をもちながら、ヨガを遠巻きに見ているだけという人も少なくありません。

まず、厳しい修行のようなものであったら簡単にはじめることはできませんし、気持ちいいものでなかったら続けることはできません。
続けても効果なしというケースが多ければ、世界中でこれだけの人たちが支持するはずはありません。

多くの人が続けて、心身の健康や精神の集中に役立てているという事実は、ヨガがそういうものではないことを証明しています。

ここでは、ヨガの基礎知識にはじまり、5つの感覚がもたらす5つの効果をわかりやすく解説します。
ヨガの概要を知りたい人はもちろん、これからはじめてみたいという人も、事前知識として役立ててください。

続きを読む

食事で体脂肪を減らす方法の12ポイント-消費以上に摂取しない

shutterstock_572861518

体脂肪を減らすのは、なかなか難しいですよね?

いろいろなダイエットを試してきたけど、結局リバウンドしてしまうという人が多いのではないでしょうか。

体脂肪を増やさない秘訣は、「消費する以上のエネルギーを摂取しない」ことです。
文章にすれば簡単なことですが、これが難しいために多くの人が肥満に悩んでいるわけです。

ここでは、まず体脂肪の正しい基礎知識を解説してから、体脂肪を減らす食事のポイントを紹介します。
正しい体脂肪の知識を頭に入れて、必要以上のエネルギーを摂取しない食事方法を身につけましょう。

摂取するエネルギー量に配慮しても、エネルギーを消費する運動をしなければ、体脂肪はなかなか減りません。
食事は、あくまでも体脂肪を減らす方法のベースであることを理解しておきましょう。

続きを読む

ストレッチで10種の症状を改善する方法-最新のスポーツ科学!

shutterstock_1105920875

慢性の肩こりや腰痛は辛いですよね?

肩や首のこりといった症状は、筋肉が緊張して収縮し、血行不良のために老廃物が排出されなくなってしまうことが原因です。
また、悪い姿勢を続けることは、背中や腰といった体幹部分のこりや痛みの原因となります。

ストレッチは、筋肉を伸ばして血行を改善し、関節の可動範囲を修正することが目的です。

全身の関節が正常に動くようになると、血液やリンパの流れが改善されるので、肩こりや腰痛だけでなく、内臓の活動を促し、リラックスできるようになることによって、便秘や不眠といった症状の改善も可能になります。

消化吸収機能や代謝機能が高まるので、結果としてダイエット効果も現れるのです。

ここでは、すべてのストレッチの導入部にあたる5つの準備体操と、症状別に選べるストレッチの方法を紹介します。
血行不良や悪い姿勢を治したいという人も、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

KPIの意味がわかる部門別設定例9件-目標達成度を評価する数値

shutterstock_231425377

「KPI」という言葉は、ビジネスシーンでよく見かけるので気になりますよね?

KPIと一緒に「KGI」や「CSF」「PDCA」といった言葉も、よく使われます。
マーケティングやマネジメントには、こうしたアルファベットの略語が多いので、苦手意識をもっている人が少なくありません。

しかし、KPIを活用する「KPIマネジメント」は、ここにあげた「KGI」「CSF」「KPI」「PDCA」という4つの言葉の意味さえ理解すれば、簡単に概要をつかむことができます。
苦手意識をもつようなものではありません。

「KGI達成のためのKPIはCSFの数値目標」
簡単にいうと、この意味さえわかるようになればいいのです。

ここでは、KPIマネジメントの基本となる4つの言葉の意味を解説してから、9つの部門や組織でKPIを設定した例を紹介し、さらにKPIマネジメントの理解を深めていきます。

続きを読む

8部門のKPI活用例と設定のポイント-PDCAで目標を達成するしくみ

shutterstock_574156267

KPIマネジメントを実践しようとしてKPIを設定しても、本当にそれが適正なものなのか、なかなか自信がもてないものですよね?

「本当にこれでいいのだろうか?」
達成状況を管理する立場にある人間がそんな不安を抱えていたのでは、目標達成を目指す以前に、KPIマネジメントの運用を開始すべきではありません。

適正なKPIは、どうすれば設定できるのか?
効果的なKPIマネジメントを運用するにはどうすればよいのか?

ここでは、こうした疑問を解消するために、PDCAサイクルを回してKPIマネジメントを運用する方法と、部門ごとのKPI活用例を紹介します。
KPIマネジメントは、正しいステップを踏んでこそ、最強の目標達成手段となります。

続きを読む

5つのステップで活用するKPIとは?-PDCAのマネジメントサイクル

shutterstock_599428613

今さらKPIとは、古いビジネス用語だと思ってしまう人もいますよね?

KPIとはなにか?

「KPI(Key Performance Indicator)」は、「重要業績評価指標」などと訳され、「目標達成のために最も重要とされるプロセスの数値」という意味で使われています。

元々はバブル期に流行した言葉で、当時は独立事業部や社内カンパニーなどが多くなり、そうした組織に対する費用対効果の指標として用いられました。

しかし、今またKPIが話題にあがるのは、企業の経営目標を明確にして、全社員が事業成功のために努力できる指標とするためです。
目標達成のためにKPIを活用するマネジメントが、注目されているのです。

ここでは、PDCA(Plan – Do – Check – Action)というサイクルで運用する「KPIマネジメント」の概要を解説します。

ひとつのサイクルは、step1からstep3までが「Plan」のフェーズ、step4が「Do」のフェーズ、step5が「Check」と「Action」のフェーズという、5つのステップから成り立っています。

続きを読む

KGIからKPIを設定する4つの手順-ポイントは絞り込みと数値化!

shutterstock_677948296

KPIの設定方法が難しいと感じている人は多いですよね?

企業でマーケティングやマネジメントに活用されているKPIですが、そのプランニングは外注されることも多く、社員が設定方法をしっかり理解しているという企業は少ないでしょう。

しかし、KPIマネジメントは、企業のトップから現場活動までの関係者全員が、進捗状況や目標達成度を共有していなければ成功しません。
進捗状況を理解するには、KPIがどのような意味をもつものなのか、わかっている必要があります。

自分たちが目指すKPIは、何を根拠にどうやって設定されたものか関係者全員が理解していれば、その組織は、より目標達成の成功率が高くなるのです。

ここでは、最終的な数値目標であるKGIから、目標達成の指標となるKPIまで、4つの手順で設定する方法を、具体例を取り上げながらわかりやすく解説します。

続きを読む

20分でわかるKGI・KPI・KFS・KDIの関係-KPIマネジメントの用語と概要

shutterstock_588174740

ビジネスシーンで使われる用語は、似ているものが多くて覚えるのが大変ですよね?

とくにマネジメントやマーケティングのシーンでよく出てくるのが、「KGI」や「KPI」「PDCA」といったアルファベットの用語です。
これらの用語は、企業や組織が目標達成のために運用する「KPIマネジメント」で使われるものです。

KGIが、“Key Goal Indicator”の頭文字をとった略語であるように、マネジメントで使われるこれらのアルファベットは、ほとんどが略語や造語です。
ひとつひとつの用語にはそれぞれ元になる言葉があるので、もちろんそれを覚えることにも意味はありますが、大事なことはそれらの関係性を理解することです。

ひとつひとつの言葉は難解に見えても、KPIマネジメントの設定から運用という流れの中で覚えれば、決して難しい用語ではないことがわかります。

ここでは、KPIマネジメントで使われる代表的な用語の意味と、「最高の結果を出す目標達成の技術」といわれるKPIマネジメントの概要を解説しましょう。

続きを読む