1ヶ月で体脂肪率を落とす生活とは-ためない食事と燃やす運動

shutterstock_347083748

身体についてしまった余計な脂肪は落としたいですよね?
肥満は生活習慣病の原因になりますし、大事にしているオシャレな服も着れなくなってしまいます。

肥満かどうかの基準となる数値が「体脂肪率」です。
体脂肪率を落とそうと、歯をくいしばるような思いでダイエットをしている人は、けっこういますよね。

がんばってダイエットをしても、リバウンドしてしまう人が多いのは、根本的な改善ができていないからです。

ここでは、体脂肪や体脂肪率の基礎知識を理解してから、1ヶ月で効果が実感できる体脂肪率の落とし方を解説します。
カギは、「体脂肪をためない食事」と「体脂肪を燃焼させる運動」。

しっかりとした科学的な根拠に基づいた体質改善によって、リバウンドしない身体をつくりましょう。

続きを読む

30分でわかるKPIマネジメントの基礎-用語と設定手順を理解する

shutterstock_681274951

多くの企業が導入している「KPIマネジメント」は、専門用語が多く出てきて、本質が理解しにくいですよね?

KPI、KGI、CSF、PDCAといった経営戦略用語を機関銃のように連発されると、拒否反応が出てしまうという人もいるでしょう。

KPIといってもテニスラケットのメーカーではありません。
“Key Performance Indicator”という英語の略で、日本語に直訳すれば、「成績(Performance)のカギ(Key)となる指針(Indicator)」ということになります。

経営戦略用語としては、「重要業績評価指標」と訳されます。

“Key”には、「必須の手段」や「最も重要な」という意味もあり、“Performance Indicator”は「達成指標」と訳され、「指標」は物事を判断したり評価したりするための目印という意味ですから、「業績を達成するために最も重要なプロセスを『見える化』したもの」という意味になるのです。

ここでは、そのKPIを運用する「KPIマネジメント」の基礎を、用語と設定手順などからわかりやすく解説します。

続きを読む

疲れが取れないときに役立つ6つの対処-自律神経のケアがカギ

shutterstock_485073211

疲れが取れない日が続くと、ストレスがたまりますよね?

「休んでも疲れが取れない」
「しっかり睡眠時間をとっているのに起きるとだるい」
疲労回復によいとされることをしているのに疲れが取れないのは、なぜなのでしょうか。

それは、疲れの取り方が間違っているからです。
現代は、テレビやインターネットによって大量の健康情報がもたらされ、疲労回復の方法やアイテムがたくさん紹介されます。

しかし、それらの情報には、科学的な根拠をもたないものも多く、商品の宣伝や話題性を目的としたものも多いのです。

ここでは、疲れが取れないときのために知っておきたい、6つの対処法を紹介します。
科学的に実証された確かな方法から自分に合ったものを選び、疲労回復に役立ててください。

続きを読む

仕事に疲れた人を癒すネタ6選+年代別の仕事疲れ相談と対処法

shutterstock_1109615525

仕事に疲れた時は、職場に行きたくなくなることもありますよね?

日本人のおよそ60%は何らかの疲れを感じているといわれ、その中でも「仕事の内容と人間関係によるストレス」によって自律神経のバランスを崩し、心身ともに疲れを訴えている人がとても多くなっています。

仕事に疲れた人は、「今日の仕事は精神的に疲れたから、帰りにジムで汗をかいてリフレッシュしよう」というように、精神面と身体面を分けて考えがちです。

しかし、医学的には身体的疲労を感じているときも、精神的疲労を感じているときも、早く帰宅してリラックスタイムをつくり、質のよい睡眠をとったほうがいいのです。

最新の疲労医学では、精神的疲労も肉体的疲労も、脳の自律神経中枢が疲労することによって感じるものであることがわかっています。
自律神経のバランスが崩れることで、疲労感を覚えるのです。

そして、自律神経とストレスはとても深い関係にあります。

ここでは、疲れとストレスのしくみを解説しながら、仕事に疲れた時の癒しネタ6選と、20代から50代までの女性に多い仕事の疲れと、その対処法をピックアップします。

 

続きを読む

疲れ目に効く眼トレと15のツボ-目のダメージが脳の不調を招く

shutterstock_1046811484

毎日のデスクワークで疲れ目が続くと、つらいですよね?
目が疲れたからといって仕事をやすむわけにもいかず、ついつい疲れをためてしまいます。

仕事ではパソコンのモニターとにらめっこ、往復の通勤ではスマートホンの画面を見続け、家に帰ってからは液晶テレビを観るという現代の生活は、気づかないうちに目を酷使しています。

涙が出る、目が渇く、かすみ目、疲労感といった目の不調を訴える人の数は急増しており、症状を悪化させて眼精疲労になってしまうと、簡単には治りません。
眼精疲労は、目だけでなく、全身の不調を招く病気です。

ここでは、疲れ目の基礎知識を説明してから、疲れ目を悪化させない対処法として、1日5分で効果が出る「眼トレ」と、東洋医学にもとづく「ツボ押し」や「お灸」を解説します。

続きを読む

疲れる原因から解放される13の選択-疲れる人は間違っている!

shutterstock_199922927

疲れることはしたくないですよね?

誰でも、疲れることは避けたいはずです。

しかし、実はわざわざ疲れる事柄を選択してしまっていることが、意外と多いのです。
それは、「疲れ」がどのようなものなのか、「疲れたと感じる」のは何が原因なのかがわかっていないからです。

「疲れる」「疲れた」は英語で“get tired”と訳すのが一般的ですが、その原因となっている「疲れ」は“tiredness”よりも、類義語の“fatigue”の方が一般的に使われます。

最新の疲労医学では、疲れる原因である「疲れ“fatigue”」は、身体的疲労においても脳内の自律神経中枢で起こっていることがわかっています。
自律神経中枢が活性酸素による攻撃を受けると、「疲れた」と感じるのです。

ここでは、そうした「疲れ」のしくみをわかりやすく説明しながら、生活の中で疲労を予防したり回復させたりできる選択のポイントを解説します。

続きを読む

疲れの正体がわかる10の真実-最新科学に基づいて疲れをとる方法

shutterstock_716873425

疲れがとれなくて悩んでいる人は多いですよね?

「疲れ」は「疲労」と同義語であり、「筋肉や神経を使いすぎたことによって、身体的、あるいは精神的パフォーマンスが低下した状態」を意味します。
英語では、“fatigue”や“tiredness”という言葉で表され、“tiredness”はちょっとした疲れ、“fatigue”のほうが強度の疲労というニュアンスで使われます。

昔から、いろいろな疲労回復の方法が語られてきましたが、そうした方法を日常生活に取り入れても、疲れがとれない人が多いのです。

なぜかといえば、疲れをとる方法が間違っているから。
最新の科学では、精神的疲労だけでなく身体的疲労も、脳内で起こっていることがわかっています。
ですから、疲れをとろうと思ったら、脳のケアが必要になるのです。

ここでは、科学的に解明された「疲れ」の正体を解説し、その事実に基づいた疲労回復法をいくつか紹介します。

続きを読む

3つの力を高めて記憶力の低下を防ぐ!-記憶を定着させるコツ

shutterstock_1024741144

30代40代と年齢を重ねて、「最近、記憶力が落ちたな」と感じている人は多いですよね?

「どうも忘れ物が多い」「人の名前が覚えられない」といった記憶力にかんすることで、仕事に悪影響を及ぼしてしまったという人もいることでしょう。

脳のパフォーマンスが低下するのは、年齢のせいだから仕方がないことだと、あきらめてしまう人も多いのが現実です。

「年齢を重ねれば、記憶力は低下して物忘れが多くなる」
そう考えている人が多いのですが、60歳を過ぎてから司法試験に合格した人や、70歳を過ぎてから社会保険労務士、宅地建物取引士などの国家資格を取得する人もいます。

そういう人たちが特異な脳の構造をしているかといえば、決してそんなことはありません。
記憶力を低下させないために必要なのは、頭の良さや若さではなくて、記憶を定着させる技術なのです。

記憶力は、努力することによって年齢に関係なく伸ばせることがわかっています。

ここでは、基本的な記憶のしくみや分類を解説してから、記憶力を低下させないために必要な3つの力と、その高め方を紹介します。

続きを読む

決断力に差がつく2択思考のコツ-選択肢を2つに整理する方法

shutterstock_533635579

「物事が決められないので、つい誰かに相談してしまう」
「物事の選択に迷って時間がかかってしまう」
こうした悩みをもつ人は、優柔不断な自分の性格を変えたいと思いますよね?

決断力が乏しいために貴重なタイミングを逃してしまい、後悔した経験をもつ人も多いでしょう。

ここで、決断力を高めたいという人に提案するのは、「物事を2択で考える」方法です。
2択といっても「究極の選択」ではありません。

普通の生活で遭遇するたくさんの選択シーンで、早く簡単に決断する方法であり、その考え方を習慣化することによって、本能的に人生を豊かなものにしていける思考法なのです。

選択肢を2つに整理する思考を身につけて、決断力を高めてください。

続きを読む

記憶力を向上させる10の習慣-短期記憶を長期記憶に換えるコツ

shutterstock_1026276544

記憶力のいい人を見ると、いったい自分とどこが違うのか知りたいと思いませんか?

「覚えたはずのことを忘れてしまう」
「覚えたいことが、なかなか覚えられない」
そうした、記憶力にかんする悩みをかかえている人は多いですよね。

覚えられなくなる、思い出せなくなる原因は、何なのでしょう。
それを知るためには、脳が記憶するしくみを理解する必要があります。
そして、その原因がわかれば、記憶力を向上させる方法もおのずと見えてくるはずです。

ここでは、記憶のしくみや分類、それぞれの性質などをわかりやすく解説し、記憶力を向上させるために誰もができる10の習慣を紹介します。

続きを読む