『ドラえもん』×『ティール組織』からよみとく異文化コミュニケーションの秘訣

異文化というと、わたしたちは国や人種、文化のように大きな違いをイメージしがちです。しかしたとえば、あなたとわたしの家とのルールは、隣同士に住んでいても異文化と言えるほどに異なっている可能性があります。

いえ、同じ家の中でさえ、中年にさしかかった父親と高校生の娘とのコミュニケーションは、アマゾンの住民と北極の住民が今日の天気について話すかのように隔絶したものかもしれません。また、自分を生み育てた母親や長年連れ添ったパートナーとの、あまりにも異なる価値基準に、愕然とした経験を持つ方は少なからずいることでしょう。

そのように考えると「自分以外のあらゆる人間は、自分とは異なる文化を生きる存在である」と言うことすらできそうです。

ベストセラー『嫌われる勇気』に登場する哲人は“人間の悩みは、全て対人関係の悩みである”という心理学の巨頭、アドラーの言葉を引用します。たしかに現在、学校や職場に行けなくなったり、家庭にいることさえも憂うつだったりするようなことから、日々起きている事件や犯罪、テロや戦争に至るまで、わたしたちに迫るあらゆる問題は「異文化を生きる他人」との関係から始まっているという考え方もできるでしょう。

ところで『ティール組織』のベースにある「インテグラル理論」は、そこで扱われている意識の発達理論を含む思想であり、序文に推薦文を寄せている思想家のケン・ウィルバーによってまとめられた、さまざまな角度から自分と他人を知るための5つの切り口が示されています。

・ものの見方の4つの角度:【クオドラント】
・意識の発達の段階:【レベル】
・意識の発達の領域:【ライン】
・人の持つ資質:【タイプ】
・その人の今の状態:【ステイト】

『ティール組織』の著者、フレデリック・ラルー氏も言う通り“人はある特定の瞬間に、ある一つのパラダイムに「基づいて活動している」”のであり、常に単一の段階に留まっているわけではありません。

そこでこの記事では、複雑な多様性を持つ人間の意識とはどのような在り方をしているのかを、漫画『ドラえもん』のキャラクターを例にとりながら解きほぐし、わたしたちを悩ます異文化の住人としか思えないあの人との関係を楽にしていくためのヒントを探っていこうと思います。

続きを読む

テレワーク時代の新常識 ― Zoomの基本的な使い方を徹底解説

新しい生活様式が求められる昨今、「Web会議」「ビデオ会議」「オンライン会議」と呼ばれるオンラインでの会議システムに注目が集まっています。
リモートワークでのWeb会議はもちろん、オンラインセミナーへの参加・プライベートでのオンライン飲み会など、Web会議サービスはオンオフ問わず生活の中で身近なものとなりました。まだWeb会議サービスは使い慣れないという人にもパソコンだけではなく、スマートフォンからも手軽に利用できるため、家にいながら活動の幅を広げることができます。
これから仕事でもプライベートでも活用していきたいサービスです。Web会議サービスにも様々な種類がありますが、今回は利用者数が多く、使いやすさから世界中で支持されているZoomについてご紹介します。

続きを読む

仕事のストレスを理解する3つのポイント-原因から解消法まで

shutterstock_374136763仕事のストレスを抱えていないという人は少ないでしょう。

仕事の内容、人間関係、疲労感など、仕事をしていれば業種にかかわらずストレスの要因が存在します。

英語の「stress」には精神的な重圧という意味がありますけども、本来は物理的な圧力に対する反発力を意味する言葉でした。
そこから、外的な要因によって体内で起こる反発を「ストレス」と呼んだわけです。

仕事には、この「外的な要因」が多いということなのですが、仕事道具のように会社に置いて帰ることはできませんから、家庭に持ち込むなといってもムリですよね。
ストレスの原因になる人間がいたとして、会社から退社しても「また明日会わなければいけない」という思いが、またストレスになっていくのです。

仕事で抱えたストレスは生活すべてに影響を及ぼして、過剰になれば心と身体の病気を引き起こすのですから、企業や学校もストレスと向き合わざるを得なくなりました。
ここでは、そうした仕事のストレスのしくみや解消法を解説します。

続きを読む

副業が会社にバレない方法はある?バレる仕組みと自分でできる2つの対策

shutterstock_695625988厚生労働省が副業を認めるようモデル就業規則を改訂したことから、2018年は「副業元年」といわれています。

それから2年が経過した今、副業は世間に浸透しつつあり、主婦からサラリーマンまで誰でも副業を考えられる時代になりました。

しかし、国が副業解禁を宣言しても、すべての労働者が副業をできるわけではありません。
今の会社で副業がNGとされていて、副業をしたくてもできない場合もあります。

さらに副業は、

「稼ぎ方や働き方は、どこまでがセーフで、どこまでがアウトなのか?」
「バレずに副業できるのか?」
「副業がバレたらどうなるのか?」

といったように、基準や規則が曖昧で、禁止されていないとしても「始めるに始められない」という方も少なくありません。

この記事では、副業NGもしくは副業解禁が曖昧な会社員が悩みやすい、

・バレないように副業する方法はあるのか?
・副業をする際の注意点は?
・どのような副業がおすすめか?

このような疑問について、詳しく解説していきます。

続きを読む

8つの疑問から理解するインボイス制度-早めの準備で安心対応

shutterstock_2842038562019年10月から、消費税増税とともに、軽減税率が適用されるようになりました。
スーパーなどで買い物をすると、レシートには10%税率と8%税率の消費税額がそれぞれ表示されていますよね。

この軽減税率は、対応できるレジシステムの導入や、対応する商品の線引きの複雑さ、同じ商品でも買い方で税率が変わることなど、様々な問題が指摘される中でスタートしました。

消費者の立場で考えると、増税が行われても出費を抑えることできるメリットがあるのですが、事業者の立場になると、「なぜこれほどまでに面倒で、複雑な制度を採用したのか?」と思っている人がとても多い制度ですよね。

そして、さらに事業者の頭を悩ませているのが「インボイス制度」なのです。
インボイス制度は、軽減税率がスタートした2019年10月1日から4年後となる2023年10月1日から導入されることが決定しており、正式名称を「適格請求書等保存方式」と呼ばれます。

この名称だけで、もうわかりにくいというイメージを与えてしまいます。
そもそも税務処理には、わかりにくい言葉やシステムが多いですよね。

いくら軽減税率が問題を抱える制度であっても、すでに採用されており、インボイス制度も導入が決まってしまっているのですから、日本で生活する以上は理解しておかなければいけません。
ここでは、インボイス制度の導入で、誰にとって何が変わるのか、わかりやすく解説します。
8つの疑問を解消するスタイルでインボイス制度の知識を身につけ、しっかりと準備をして対応してください。

続きを読む

仕事ができない人に教える20のワザ-人生を逆転して楽しむ方法

shutterstock_1599356410自分を仕事ができない人間だと思っている人は、仕事が面白くないですよね?
面白くない、つまらないと思いながら仕事を続けていると、ストレスが増えて心と身体の病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

そういう人は、「仕事ができない人が嫌いだ」という自己否定をしているケースが多いのです。
これは、自分で自分を仕事のできない人間と決めつけてしまっているということ。
これでは、どんな仕事をしても成果が上がりませんし、自分に自信がもてなくて人との接し方もぎこちなくなり、人間関係にも悩むので、ますますストレスを溜めてしまいます。

こんな状況、なんとか脱したいですよね。

ここでは、自分を仕事のできない人間だと思っている人が自己否定を改善する方法や、自分では仕事ができると思っていても評価されない人の対処法などを「考え方」「話し方」「自分に対する評価」「組織での生き方」という4つのジャンルに分けて紹介します。

続きを読む

記憶力を高める10の方法-年齢に関係なく脳細胞は増えている!

shutterstock_794735215物忘れが多くなったり、人の名前がなかなか覚えられなくなると、心配になりますよね?

「歳のせいだ」とあきらめて現実を受け入れる人もいれば、なんとか記憶力を取り戻そうと努力する人もいるでしょう。
たしかに人間は誰でも老化しますから、現実を受け入れることは大事ですが、こと記憶力にかんしては「歳のせいだ」とあきらめる必要はありません。

脳科学の分野は日々進歩しており、近年も、今までの常識を覆すような発見がいくつか発表されています。
そのひとつに、「人間は年齢にかかわらず、生涯ずっと脳の神経細胞を増やしている」という事実があります。

それなのに、なぜ年齢を重ねてくると忘れっぽくなるのかというと、脳の神経細胞は増えているものの、年齢の高い人の方が、神経細胞の新しいネットワークを作る力や、神経細胞に酸素を運ぶ能力が衰えているからだといいます。

ということは、こうした問題を解決すれば、高齢でも記憶力を高めることが可能なのです。

ここでは、最新の脳科学を取り入れて、日頃から習慣化することで記憶力を高める方法をわかりやすく解説します。

続きを読む

会社員が副業を成功させる4つの要素-会社を辞めずに稼ぐ方法

shutterstock_776878645

今、副業をはじめたいと考える会社員が急増しています。

会社員が副業に後ろめたさを感じていたのは、すでに過去の話。
国家公務員と地方公務員は、許可が得られた場合や実家の農業や林業などを手伝うといった特例を除いて、今も法律によって副業が禁止されていますが、2018年1月から、政府は働き方改革の一環として副業の普及促進を図っています。
この2年間で、会社員副業の実態はずいぶんと変わりました。

会社員にとって副業は、小遣い稼ぎのアルバイトから、豊かな人生を送るための手段、セカンドキャリアの準備というように、認識が変わってきたのです。
しかし、政府が副業を推進しているにもかかわらず、いまだに副業を禁止している会社は少なくありません。
現実に、会社にバレることを心配しながら副業をしている人もいるわけです。

ここではそうした過渡期にある現状を踏まえながら、会社を辞めずに副業を成功させるための基礎知識を4つのジャンルから解説します。

続きを読む

ワーキングメモリが果たす10の役割-日常生活での働きと鍛え方

shutterstock_562126135

日本語で「作業記憶」と呼ばれる「ワーキングメモリ」は、長期記憶や短期記憶とどのように違うものなのでしょう?

「working memory」は、人間の情報処理活動を研究する認知心理学という分野で生まれた言葉です。

「memory」は、「記憶」やそのシステム、装置などを意味し、「USBメモリー」や「メモリーカード」のように「ワーキングメモリー」と発音されることもありますが、情報処理の分野では「メモリ」と発音するのが一般的です。

自分の「記憶」を意識したことがないという人はいませんよね。
たくさんの思い出や、人の名前、自分が好きなものや嫌いなものなど、脳が覚えている数えきれないほどの記憶によって、日々の生活が成り立っているといってもいいでしょう。
こうした記憶は、脳内で短期記憶が長期記憶として定着した情報です。

ところが、ワーキングメモリを意識して使うとか、ワーキングメモリにどのような思い出があるといういい方はしません。
「作業記憶」というからには、記憶の一種であるはずなのに、「思い出」のようなものではないのです。
しかし実は、ワーキングメモリこそ、日々の生活を成立させている記憶だといえます。

ここでは、そもそもワーキングメモリとはどのようなものかという基本的な知識と、日常生活においてワーキングメモリがもたらしている重要な働きを解説し、簡単にできるワーキングメモリのトレーニングを紹介します。

続きを読む

事務の仕事を卒なくこなす12の技-時短と効率化でストレス軽減

shutterstock_646040347事務の仕事は、要領よくこなしたいですよね?

デスクワークにパソコンが欠かせなくなった現代は、以前よりも効率化が図れている一方で、扱う情報が多くなって疲れるようになったという人が少なくありません。

求人情報には、「港区の一般事務」「大阪府の一般事務」というように、一般事務という言葉がよく使われていますが、事務の仕事を英語では「office work」または「desk work」といいます。

一般事務を日本語でわかりやすくいえば、「デスクワークを中心とするオフォスワーク」といったところでしょうか。

大学で就活をしているときには、書類の作成や管理程度しか頭に浮かばなくて、「楽そうだから」という志望動機で事務職を選んだのに、就職してみたら業務があまりにも多岐にわたるので、要領よくミスせずにこなす方法を身につけたいと思うようになる人が少なくありません。

事務の仕事は部門や部署によって業務内容が変わり、淡々とデスクワークを続けていればよいというものではなく、多くの従業員ともかかわることになるので、すべてを要領よくこなすというのはなかなか難しいことなのです。

しかし、だからこそ要領の技を極めれば、やりがいを感じられる仕事です。

事務の仕事を要領よくこなすカギとなるのは、「時短と効率化」。

ここでは「人間関係」「ストレスケア」「文書作成」「情報伝達」という4つのジャンルから、時短と効率化を実現する12の技を紹介します。

続きを読む