職場で上手く立ち回るコミュニケーション術

workplace-communication転職理由の第一位にもなっているのが「職場の人間関係」。仕事をしている以上、誰しもが多かれ少なかれ人間関係の悩みを持っています。

悩んで何とかしたいという気持ちはあるものの、「自分はコミュニケーション能力が低いから」と自分を過小評価して諦めていませんか?

実は、コミュニケーション能力は持って産まれた資質で決まる部分ももちろんありますが、訓練次第で変わります。

もう職場で余計な人間関係のストレスで苦しみたくない人に、職場で上手く立ち回るためのコミュニケーション術とコツをお伝えします。
続きを読む

目標達成がグンと楽になる習慣化の法則


習慣 「もっと楽に目標を達成できたらいいのに」と思ったことはありませんか?
あなたは目標を達成するためには日々の努力はもちろんのこと、高い能力や運の良さも
必要だと感じているかもしれませんね。実は、目標達成のために一番効果のある方法は別にあるのです。それが「習慣化」です。

目標達成に関連の深い行動を習慣化することよって、楽に、スピーディーに目標を達成できるようになります。目標達成に効果的な行動をどれだけ多く習慣化するかによってあなたの人生が決定されると言っても過言ではありません。
ここで問題になるのはその習慣化すること自体が決して簡単ではないということです。
習慣化にチャレンジしても三日坊主で終わってしまった経験は誰にでもあるものです。
この記事では新しい習慣を楽に身に付ける方法と習慣化をすることによるメリットについて解説していきます。

続きを読む

忙しい社会人が最少時間で合格する超効率のいい勉強法

study-method-of-working-people忙しい社会人にとって、仕事を抱えながら最短で資格を取得するためには、いかに最少の時間で効率のいい勉強法ができるかが重要です。

しかしながら、同じように勉強をしても、試験に合格する人、試験に合格できない人がいます。

一体、その差は何なのでしょうか?

ここでは、忙しい社会人が最少時間で確実に合格して資格を取得するために、担当講義が即満員になるLEC大人気講師の横溝慎一郎氏の書籍『最短で最高の結果を出す「超効率」勉強法』をはじめ、その他忙しい社会人に効率のいい勉強法などをご紹介します。
続きを読む

あらゆる問題がシンプル化する「問題解決能力」の身につけ方

problem-solving-ability「直面する課題をうまく解決できない」
「TODOが多すぎて、何から手をつけて良いのか分からない」
「考えすぎで行動に移せず結果を出せない」

など問題を解決できずに悩んでいませんか?

現代人は情報過多の時代を生きており、思考のメタボに陥りがちですが、そんな時こそ、極端なまでに思考の無駄を取り除き、思考をシンプル化させるほど、仕事のパフォーマンスや問題解決能力を最大化させることが出来ます。

Googleの共同創業者のセルゲイ・ブリン氏曰く、「成功は、シンプルから生まれる。」と言います。今、世界の最先端を行くアメリカのテック系企業では、こうした引き算型の思考がトレンドです。

今回は、素早く正しい決断や行動につなげるために、頭の中を整理して、あらゆる問題がシンプル化する「問題解決能力」の身につけ方をご紹介します。
続きを読む

相手を動かすプレゼン構成に絶対不可欠な5要素

presentation-constitution「プレゼンは初心者レベル」
「プレゼンが苦手だけど仕事で必要」
「とにかく、結果が出るプレゼンを作りたい」

など、仕事のプレゼンで相手を魅了して即採用されるプレゼン資料を作らなければならないビジネスパーソンも多いかと思います。

結果を出すプレゼン構成とは、どんな要素なのか?
なぜ、Appleのスティーブ・ジョブスやソフトバンクの孫正義社長、TEDの登壇者などのプレゼンは刺激を与え、これほど人の心を動かすのか?

そこで、彼らに共通する秘訣から、今日から使える、成功するプレゼン構成に不可欠な5つの要素とコツをご紹介します。
続きを読む

超集中状態「ゾーン」に入って、圧倒的な結果を出す方法

zone1
「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか?最近、TVのスポーツ番組や、雑誌、人気マンガなどでも、この言葉が使われることが多くなってきました。「ゾーン」とは、集中力が極限まで高まって、他の思考や感情、周囲の風景や音などが意識から消えて、感覚が研ぎすまされ、活動に完璧に没頭している特殊な意識状態のことです。

一流のスポーツ選手は、世界レベルの試合などで「ゾーン」に入る経験をすることがあります。そして、超集中状態でプレイすることで、圧倒的にハイレベルなパフォーマンスを発揮することが可能となります。「ゾーン」に入ると、ボールや人が、ゆっくり動いて見えたり、止まって見えたり、時間感覚が歪むことがあると言われます。また、野球やテニスボールが、スイカくらい大きく見えることもあるそうです。

このような究極の集中状態は、スポーツ選手に限って起こる現象ではありません。仕事や、勉強、ダイエットなど、あらゆる場面で、「ゾーン」に入ることは可能です。しかも、以前は才能と考えられていましたが、今では、誰でも、トレーニング次第で「ゾーン」に入ることは可能だと言われています。

「ゾーン」に入ることで、あなたは、特別な感覚を味わうことができ、圧倒的な結果を出すことも可能になります。
続きを読む

成約率を高めるプレゼンテーションのコツと資料作成の手順

well-presentation仕事相手に自分の提案をわかりやすく伝える力やプレゼンテーションの場で相手に納得してもらい、新たな企画を通していくことは、新規プロジェクトや内外で仕事を効率よく進めていく事を成し遂げていくうえで不可欠なスキルです。

自分の望む提案が通せるようになって、一流のメンバーで効率よく進められるほど成果もトップレベルに変わります。一方で、この企画で結果が出ることを伝えられない人は、いくら素晴らしい企画であっても相手に理解してもらえず、思い通りに仕事を進めることができなくなります。

そこで、社内や商談相手、コンペ、セミナーでの商品販売などプレゼンテーションで相手を魅了でき、自分の提案を次々と通し、成約率を高めるためのコツや方法をご紹介します。
続きを読む

孫正義から学ぶ不可能を可能にする仕事術

Possible日本が世界の誇る起業家と言えば、ソフトバンクの孫正義社長。規格外のスピード感・スケール感で、ブロードバンド事業にプロ野球球団の買収など誰もが無理だと思うことを次々と実現させて来た希有な存在です。

大きなことを次々と成し遂げる孫社長ですが、実は孫社長の仕事の流儀は明日から早速マネ出来るくらいに分かりやすくシンプルなものばかり。自らリスクを取って新しいことにチャレンジして道を開く孫社長の仕事ぶりに倣って、不確実性の高い現代日本の閉塞感から抜け出しましょう。

孫社長の仕事ぶりを一番身近で見て来たと言っても過言ではない元社長室長の三木雄信氏の書籍『99%無理な仕事をやり切る方法』から、孫社長の仕事の流儀をご紹介します。

続きを読む

初対面から成果を出して好印象を植え付ける技術

first-impression人に対する印象は、初対面で感じた時の印象が左右すると言われます。つまり、初対面の自己紹介の段階でしっかりと良い印象を残しておくことがその後の展開を左右しますし、展開内容が素晴らしいほど一瞬で相手の心を掴むことができるようになります。

「人見知りで、いつも自己紹介はしどろもどろになってしまう。」と不安な人でも簡単に自分を知ってもらえて、かつ相手の裏まで理解できるようになって成果を出し続けるための方法についてご紹介します。

初対面の相手が苦手だったり、口下手で緊張しがちという人でも、これからご紹介するテクニックで、仕事で成果を得られるようになり、人望も年収も良い方向に向かいます。
続きを読む

信頼関係を築きたい!今すぐやるべき行動は?

trustable-relationship「信頼関係は自分自身の心の反映だ。たとえ、自分が損をしたとしても、人を信じていく。その中でしか、信頼関係は生まれない。信頼とは、外に求めるのではなく、自らの心の内にもとめるべきものなのだ。」

この言葉は京セラ、第二電電(のちのKDDI)の創業者の稲盛和夫さんの言葉です。

信頼関係を築くことができれば、仕事や生活が今よりも上手く行く可能性がグッと高まりますが、そのためにはあなたが信頼されやすい人になる必要があるということです。

今回はあなたが信頼されやすい人になり、良好な人間関係を作るための信頼関係の築き方の秘訣をお伝えします。
続きを読む