劣等感を解消してあなた本来の魅力を解放する方法

劣等感人は多かれ少なかれ劣等感を持っていると言われています。
劣等感をバネにして大きな成功をおさめた人もいれば、劣等感が原因で好きな人にアプローチできなかったという経験がある人もいるかと思います。

私たちはできれば劣等感を感じずに楽に生きていきたいと願っていますが、劣等感というものは悪いことばかりなのでしょうか?

ここでは劣等感を過剰に感じることなく、自分の人生を向上させるために活用するためのコツをお伝えします。続きを読む

職場のエナジーバンパイアへの対処法とコミュニケーション術

energy-vampiresa会社を辞める時の主な原因ともなり得るのが劣悪な職場の人間関係です。

多くの人にとって仕事は人生の大半を占めるものですし、どんな仕事でも一人では出来ないものだったりします。

だからこそ、どんなに仕事にやりがいがあろうとも、どんなに給与が高かろうとも、職場の人間関係が上手くいかないということは会社を辞める大きな原因になってしまいます。

会社で「なんだか、あの人と話すと妙に疲れてしまう」という人が周りにいませんか?

あなたを知らず知らずのうちに疲れさせてしまうあの人は、「エナジーバンパイア」の可能性が高いので要注意。今回の記事では、職場のエナジーバンパイアへの対処法とそのコミュニケーション術をご紹介します。続きを読む

「自分のやりたいことがわからない」をなくす7つの方法

freedom「自分のやりたいことがわからない」
「好きなことで仕事したいけど見つからない」
「人生の目標がない」

など、そんな悩みを抱えていませんか?

自分のやりたいことがわからない人や好きなことを仕事にしたいけど見つからない人は、その前に準備段階やきっかけを得る必要があります。

そこでこの記事では、自分のやりたいことがわからない人に共通する特徴や原因、それを踏まえたやりたいことをやる行動へのきっかけを作っていきます。
続きを読む

直感力に優れた人の6つの特徴

intuitionアマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスの有名なスピーチの中に、「In the end, we are our choices.(結局のところ、私たちは自分自身が下した決断の集大成である)」という言葉があります。

私たちは、日々さまざまな局面で「選択」の連続です。

これから先も、仕事や人生で迷った時、あらゆる壁に遭遇したときに、どの道を選び、どう行動すればいいのかを直感で選ぶことも多いでしょう。

この直感力が磨かれるほど、良い選択ができて、仕事でも趣味でも大きな成果を出すことが出来ます。

そこで、イチロー、錦織圭、メッシなど世界のスーパーアスリートを研究するスポーツ天才学の第一人者の児玉光雄氏の書籍『一流をつくる「直感力」トレーニング』から、直感力に優れた人の特徴と直感力を磨く習慣を一部ご紹介します。
続きを読む

今すぐ「優柔不断」を改善して「決断力」をつける12の方法

determinationあれこれ迷って、なかなか決断できなかったことはありませんか?でも、「優柔不断ですね」なんて他人に言われると、結構傷付きますよね。自分では、「慎重」に物事を決定しているだけなのに、私生活でも仕事面でも、「決断力」がないと思われると、相手にマイナスの印象をもたれやすく、悩んでいる人も多いと思います。

「優柔不断」の意味を辞書でひくと、「ぐずぐずして物事の決断のにぶいこと」「気が弱く決断力に乏しいこと」と書かれています。「優柔不断」というと、どうしても、「弱気」「腰の引けた」「消極的」「煮え切らない」「受け身」といった、マイナスの印象を受けてしまいます。

しかし、裏を返せば、「慎重」「堅実」「思慮深い」「おっとりしている」「マイペース」「真面目」「相手に合わせられる」など、決して、悪いことではなく、良い性質、性格ですので、無理に直す必要はないと思います。

確かに「即断即決」「決断が早い」という印象のある人は、「きびきびとした」「積極的」「ハッキリとした」「強気」「やる気がある」「頼りになる」といった、プラスのイメージをもたれやすいですが、逆に「いい加減」「適当」「ワンマンな」「空気を読めない」などマイナス評価につながることもありますので、無理に性格を変えて、常に「即断即決」が良いとは言い切れません。

但し、ビジネスや私生活で、人から「優柔不断」と思われることで、損をしてしまうのは避けたいものです。この記事では、他人から、優柔不断と思われない方法や、優柔不断を改善する方法をお伝えします。また、優柔不断で意思決定に時間がかかる部下に、「決断力」をつけさせる方法についても解説していきます。
続きを読む

あらゆる問題がシンプル化する「問題解決能力」の身につけ方

problem-solving-ability「直面する課題をうまく解決できない」
「TODOが多すぎて、何から手をつけて良いのか分からない」
「考えすぎで行動に移せず結果を出せない」

など問題を解決できずに悩んでいませんか?

現代人は情報過多の時代を生きており、思考のメタボに陥りがちですが、そんな時こそ、極端なまでに思考の無駄を取り除き、思考をシンプル化させるほど、仕事のパフォーマンスや問題解決能力を最大化させることが出来ます。

Googleの共同創業者のセルゲイ・ブリン氏曰く、「成功は、シンプルから生まれる。」と言います。今、世界の最先端を行くアメリカのテック系企業では、こうした引き算型の思考がトレンドです。

今回は、素早く正しい決断や行動につなげるために、頭の中を整理して、あらゆる問題がシンプル化する「問題解決能力」の身につけ方をご紹介します。
続きを読む

超集中状態「ゾーン」に入って、圧倒的な結果を出す方法

zone1
「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか?最近、TVのスポーツ番組や、雑誌、人気マンガなどでも、この言葉が使われることが多くなってきました。「ゾーン」とは、集中力が極限まで高まって、他の思考や感情、周囲の風景や音などが意識から消えて、感覚が研ぎすまされ、活動に完璧に没頭している特殊な意識状態のことです。

一流のスポーツ選手は、世界レベルの試合などで「ゾーン」に入る経験をすることがあります。そして、超集中状態でプレイすることで、圧倒的にハイレベルなパフォーマンスを発揮することが可能となります。「ゾーン」に入ると、ボールや人が、ゆっくり動いて見えたり、止まって見えたり、時間感覚が歪むことがあると言われます。また、野球やテニスボールが、スイカくらい大きく見えることもあるそうです。

このような究極の集中状態は、スポーツ選手に限って起こる現象ではありません。仕事や、勉強、ダイエットなど、あらゆる場面で、「ゾーン」に入ることは可能です。しかも、以前は才能と考えられていましたが、今では、誰でも、トレーニング次第で「ゾーン」に入ることは可能だと言われています。

「ゾーン」に入ることで、あなたは、特別な感覚を味わうことができ、圧倒的な結果を出すことも可能になります。
続きを読む

自己啓発セミナーで確実に結果を出す方法

success_step自己啓発セミナーや本で学んでも人生が変わらない人がたくさんいますが、確実に望む結果を出ない人には二つの障壁があります。

一つ目は、自己啓発セミナーで学んでも多くの人は行動できないこと。二つ目は、行動しても結果に結びつけられないこと。この2点を解決するだけで確実に成果を出せる状態に変わります。

そこで、今回は、脳科学に精通し、確実な成果につなぐプロフェッショナルの杉本智氏による、自己啓発セミナーの学びを正しい行動に変えて、確実に結果を出すために絶対必要な手法をお伝えします。

続きを読む

禅の思考で仕事の憂鬱を消す方法

zenwork

スティーブ・ジョブスにイチロー、Googleのエリック・シュミットなど、世界の成功者たちの多くは禅の愛好者であるという話は良く知られています。また最近では、Googleやゴールドマン・サックスなど世界の名だたる企業の社内プログラムに禅が取り入れられているということも話題になっています。

禅とは、端的に言うと「余計なモノを捨て、シンプルに今を生きる。」という教えです。禅の思考を取り入れると、仕事の憂鬱が消え去り成功に近づくことが出来ます。禅の思考で仕事の憂鬱を消す方法をご紹介します。
続きを読む

ラポールとは?心を開かせて良好な人間関係を築く方法

rapport人間関係を良好にするためのキーワードに「ラポール」があります。元々心理学用語ですが、一般的にも良く知られている言葉です。

抽象的な言葉のため理解が難しく、使いこなせている人は少ないと思います。また、多くの方はラポールの本当の意味を誤解しています。

この記事では、ラポールの本当の意味を知り、正しく使いこなす方法をお伝えします。
続きを読む