話し上手になるには欠かせない3つの要素-円滑な人間関係の要

Pocket

コミュニケーションが上手くとれないという悩みを抱える人にとって、「話し上手」という存在はうらやましく思えることでしょう。
話し上手になるなんて夢のまた夢だと、あきらめてしまっている人が多いのです。

実は、人間関係を円滑にすることを目的として話し上手になることは、それほど難しいことではありません。

話し上手に必要な資質とはどのようなことでしょう?
それがわかれば、話し上手への道は開かれるはず。

ここでは、「聞き方」「話し方」「言葉づかい」という3つの要素に分けて、話し上手になるために必要な資質を解説します。
大切なのは、これらの資質を習慣化することです。

意識して積極的に実践し習慣化することで、いつの間にか人間関係がスムーズに感じるようになるはずです。
そう感じたら、あなたは周囲の人たちから「話し上手」という評価を受けていることでしょう。

目次

1. 話し上手になるための聞き方
1-1. 相手との共通点を探る
1-2. ポジティブな相づちのテクニック
1-3. 相手のペースに合わせる
1-4. 相手の言葉を繰り返す
2. 話し上手になるための話し方
2-1. ムダな議論をしない
2-2. ほめ上手の裏技
2-3. 間違いを突っ込まない
2-4. 「また会いたい」と思われる終わり方
3. 話し上手になるための言葉づかい
3-1. 感謝するときの言葉づかい
3-2. 謝罪するときの言葉づかい
3-3. 主張するときの言葉づかい
3-4. 断るときの言葉づかい
まとめ

1. 話し上手になるための聞き方

shutterstock_268932410

話し方やコミュニケーションを扱う本で、必ず書かれていることが、「聞き上手」になることの重要性です。

自分が話すよりも相手の話を聞くことに重点を置き、聞く:話すの割合は、7:3や8:2くらいが会話の黄金比率だといわれます。

ここでも話し上手になる要素のトップに、聞き上手になることをあげ、聞き上手になるためのポイントを4つほどピックアップしました。

1-1. 相手との共通点を探る

会話は何のためにするのでしょう?
きっかけは様々なことがあるとしても、ほとんどは相手と心をかよわせることが目的ではないでしょうか。

そう考えると、話し上手になるための聞き方とは、相手が伝えたいと思っていることをできるだけそのままの温度で感じることだといえます。
「聞く」という行為そのものよりも、「相手は何を伝えたいのだろう」という姿勢で相手の気持ちを汲み取ることができるかどうかが、重要なのです。

会話をする相手は、感情も考え方も自分とは違うのだと考えなければいけません。
そこで、相手の気持ちを汲み取るために必要なのは、共感したり、共有したりできる事柄。
相手の話を聞きながら、こうしたポイントを探るのです。
そういう共通ポイントが見つかれば、そこから相手と心を通わせる道筋が見えてきます。

1-2. ポジティブな相づちのテクニック

「相づち」は、聞き上手に欠かせない基本テクニック。
「私はあなたの話をしっかり聞いていますよ」というサインになるからです。

情況に応じて、ただうなずくことから、合いの手になる言葉を挟む、さらにはジェスチャーを交えるというように、いろいろなスタイルが考えられます。

ここで大事なのは、否定や拒絶といったネガティブなニュアンスを出さないこと。
「うーん」と考えたり、「でも」「しかし」といった言葉を挟むのはNGです。
もし反論があるのなら、相手の話を最後まで聞いてから自分の意見を述べるようにしましょう。

相づちはあくまでもポジティブなニュアンスで、相手が自分の言いたいことを最後まで話して気持ちよくなってもらうことが大切です。
銀座のクラブのママが心がけている「さしすせそ」というものがあるといいます。

さ 「さすが!」
し 「信じられない!」
す 「すごい!」
せ 「センスがいい!」
そ 「そのとおりですね」

これも、相手に共感して気持ちよくなってもらう「相づちのテクニック」ですね。

1-3. 相手のペースに合わせる

聞き上手のスキルとして「ペーシング」と呼ばれるものがあります。
これは、相手のペースに合わせて会話するというもの。

聞き上手は、相手に気持ちよく話してもらうことが大テーマですから、気分を害したり、話しづらくしたりすることは避けなければいけません。
ここで注目しなければいけないのが、相手のペースなのです。

性格がおっとりしている人にせっかちな人、話し方がゆっくりな人に早口な人、というように会話をする相手は十人十色。
ゆっくり話す相手に対して、せかすようなそぶりをしたのでは、気分を害してしまうでしょうし、早口な相手には、気持ちよく話すペースを崩さないような配慮をしたいもの。

ペースとともに、話すトーンにまで気づかえるようになったら、かなりのテクニシャン。
必ずしも同じトーンということではなくて、調和がとれるトーンの相づちというものもあるのです。

1-4. 相手の言葉を繰り返す

相手の言葉を繰り返すのも、相づちのテクニックです。
たとえば、先に紹介した「さしすせそ」の相づちに続けて相手の言葉を繰り返してみます。

「取引が成功したんだよ」
「さすが! 成功したんですね」

「実は国体に出たこともあるんですよ」
「信じられない! 国体に出たんですか!!」

というように、相手の言葉を繰り返すことによって、共感や共鳴がより強調されます。

また、聞き上手のスキルとして、「ミラーリング」と呼ばれるものもあります。
これは、相手の話を聞きながら表情やしぐさを真似するテクニック。

しぐさを真似するのは、嫌味に感じられることも多いので、意識的にはじめるのであったら表情のミラーリングがいいでしょう。
これは難しいことではなく、相手が驚いた顔をしたら、自分も驚いた顔をするというようなことですから、無意識のうちにやっている人も多いのです。

2. 話し上手になるための話し方

shutterstock_1246077505

話し上手な人は、8:2や7:3と、時間的には相手よりも圧倒的に少なくなる話すシーンで自分の気持ちを伝えます。
さらに、相手がまた気持ちよく話せるような空気づくりを忘れません。

自慢話や他人の悪口は、どのような状況においても嫌われる行為ですからNGであることは当然ですが、ほかにも「噂話」や「政治や宗教の話」には注意が必要です。

会話の目的は、心をかよわせることなのですから、ネガティブな相づちをしないのと同じように、相手から嫌われたり相手が気分を悪くしたりすることは、できるだけ口にしない方がいいわけです。

しかし、相手に伝えなければいけないことが、相手にとってネガティブな内容だという場合もあるでしょう。
こういう会話をスムーズに行うためには、話し方のテクニックが求められます。

こうしたことも踏まえて、話し上手になるための話し方のポイントをいくつか紹介しましょう。

2-1. ムダな議論をしない

その会話が、何を目的としたものかということを把握しましょう。
「相手と心をかよわせる」ことを目的としたものであったら、そこで議論する必要はありません。
ましてや、相手を論破することなど、絶対にやってはいけないことです。

よく、高校生や大学生がディベートの練習をしますよね。
ディベートはいかに論理的な自己主張を展開するかということがテーマで、相手に勝つことを考えます。
しかし、感情のやりとりが9割とされる日常会話で勝ち負けは関係ありません。

言葉のキャッチボールをするのであったら、相手を倒すボールではなくて、相手が受け取りやすいボールを投げるべき。
相手が受け取りやすい話し方をする人は、良好なコミュニケーションを築くことが上手いのです。

2-2. ほめ上手の裏技

話し上手のテクニックとして「ほめ上手」になることも、「聞き上手」と並んで大切な要素です。
ともに相手を気持ちよくさせるテクニックですね。
ここでは、ほめ上手の裏技を2つほど紹介します。

ひとつ目は、誰かをほめるときには他人の前でほめる、ほめ言葉を大勢に聴かせるという技。
2人だけで会話をしているときよりも、何人かで会話するときや、周囲に人がいるところで会話するときに発するほめる言葉は、より効果的です。

ふたつ目は、第三者を利用するほめ言葉。
自分がほめるのではなくて、相手にとって大切な人や権威のある人がほめていたと伝えるのです。
「部長が君のことをほめていたよ」
「先生があなたの絵をほめていました」
というように、自分の言葉としてほめるよりも相手にとっては、喜びが大きくなる場合には、この技が効果を発揮します。

2-3. 間違いを突っ込まない

相手の話を聞いていて、間違いに気づくことがありますよね。
ここで、瞬時に自分の話し方を判断できる人は、話し上手だといえるでしょう。

間違いを訂正した方がいい場合と、そのまま流した方がいい場合があります。
仕事上の会話などは、相手が間違った認識のままでいると双方で不利益が発生することもあります。

こうしたケースでは、その場で間違いを訂正した方がいいのですが、その際にも矢継ぎ早に言葉を突っ込むのではなくて、相手が間違った原因や相手の気持ちを気づかってやさしく訂正するのがいいですね。

単なる言い間違いや、大勢に影響のない些細な間違いは、聞き流すことも大事。
話し上手な人は、こういう大人の対応も欠かしません。

2-4. 「また会いたい」と思われる終わり方

話し上手な人の特徴として、人から好かれるという点をあげることができますが、このイメージづくりには別れ際のひと言や表情が大きく影響しています。

「また会いたい」と思われるような会話の終え方として大事なのは、「感謝の気もちを伝えること」と、「キレイに去ること」。

「あなたと会えてよかった」「あなたと話ができてうれしかった」という気持ちを伝えるためには、次項で紹介するような「感謝の言葉」を述べるとともに、笑顔で別れることがポイントです。

キレイに去るというのは、「飛ぶ鳥跡を濁さず」の実践です。
会話をする場所や環境は様々。
ゴミを残して去るなどというのはもってのほかですが、座っていたイスを元の状態に戻す、足跡や汚れを残さないといった気づかいが、話し上手の隠れたスキルだといえますね。

3. 話し上手になるための言葉づかい

shutterstock_1500531605

ここからは、話し上手になるための具体的な言葉づかいに言及していきましょう。

ネガティブな言葉を使わない。
専門用語やカタカナ言葉には注意する。
数値や単位は明確に。
どちらにも受け取れるような曖昧な表現をしない。

こうしたことは、どこでも話し方の基本としてあげられる要素です。
ここでは、「感謝」「謝罪」「主張」「断り」という会話の目的別に、基本を踏まえながら言葉づかいの要点を解説します。

3-1. 感謝するときの言葉づかい

感謝の気持ちを表す「ありがとう」という言葉には、想像以上のパワーがあります。
たったひと言で、相手の気分が驚くほどよくなることもあるでしょう。

「ありがとう」は感謝の気持ちを表す言葉の基本。
この基本にプラスアルファで、感謝の気持ちをより明確に伝える言葉づかいのポイントを2つ紹介します。

まず大事なのが、「誰」に「何」を感謝しているのか明確にする言葉。
ただ「ありがとう」というよりも、「私はあなたのお気づかいに感謝します」「こんな私の話を聞いてくれてありがとう」というように、感謝の内容を伝えるのです。

もうひとつは、最後に「ほめ言葉」を加えるのです。
誰に何を感謝しているのか明確にした後で、「やはり、大勢の社員を率いる方は器が大きいですね」「素晴らしいセンスをもっていらっしゃいますね」というように、素直な気持ちを言葉にします。

3-2. 謝罪するときの言葉づかい

謝罪の言葉づかいでも、「誰」に「何」を謝罪しているのか明確にすることが大事。
ただ、「申し訳ありませんでした」と述べるよりも、「この度のプロジェクト発表における私の不始末、誠に申し訳ありませんでした」と中身を明確にした方が、丁寧な謝罪になって、より相手に気持ちを使えることができるはずです。

もうひとつ謝罪の言葉として大事なのが、自分が「今後どうするのか」という言葉。
これも明確なっていればいるほど、相手には謝罪の気持ちを伝えることができます。

「チームの体勢を組み直し、今後、こうしたミスが起こらないようにいたします」「原因は私の不注意にありますから、今後はアシスタントを加えて2人で状況を監視するようにいたします」というように、単なる謝罪で終えない言葉を加えるのです。

日本人が、感謝や謝罪の気持ちを表すときに使いがちな「すみません」という言葉は、感謝しているのか謝罪しているのか曖昧になってしまうことが多いので、使わない方が賢明。
「ありがとう」なのか「申し訳ありません」なのか、伝えたい気持ちをはっきりした方がいいですね。

3-3. 主張するときの言葉づかい

プレゼンテーションや交渉では、意見を主張するテクニックが問われます。
ここでカギとなる言葉づかいのポイントは「です」「ます」と「思います」を使い分けること。

意見を主張するときに、語尾が「思います」になると自信がないように受け取られてしまいます。
「です」「ます」で主張を明確にしたが方が、相手に響きます。

しかし、すべて「です」「ます」で通すと、押しつけがましく感じられたり、上から目線に感じられたりしますよね。

答えがはっきりしている事柄、明確な方針などは、語尾を「です」「ます」にして言い切り、複数の答えがある、人それぞれ、やわらかい言葉づかいにします。

3-4. 断るときの言葉づかい

何かを断るときの言葉づかいで重要なポイントは2つ。
内容を明確にすることはもちろんですが、「感謝の言葉からはじめること」と、「残念な気持ちを伝えること」を忘れないようにします。

上司から受けたプロジェクトリーダーの指名を断るケースで考えてみましょう。
頭を下げながら、「申し訳ありませんが、お受けできません」という言葉で済んでしまうとしても、今後の関係や上司の立場を考えて、この2つの言葉を加えるのです。

「この度は私を指名していただき、ありがとうございます」
まず頭を下げて、感謝の気持ちを伝えます。

「せっかくご指名いただいたプロジェクトリーダーの件ですが、辞退させていただきます」
明確に断る内容を伝えた上で、残念な気持ちを表して上司の立場を尊重します。

「入社以来ずっと営業畑で仕事をしてきた私にとっては、これほど名誉なことはなく、誠に残念なのですが、すでに決定している業務スケジュールを考えると時間的な限界があり、いい加減な気持ちでお受けするわけにはまいりません。どうかご理解ください」

大事なのは、相手があなたに断られたことで、気分を悪くしない気づかいですね。
そして、できないことは「早く断る」ことも、問題を深くしないための鉄則です。

まとめ

shutterstock_1410222932

話し上手になりたいと思っている人は、まずなんといっても「聞き上手」になってください。
とにかく、相手の話を最後まで聞く習慣を身に着けましょう。

その際には、ここで解説したような、「心をかよわせる」「相手の気持ちを気づかう」というマインドを忘れないことが上達の秘訣です。

場合によっては、自分がほとんど話をしないまま、相手の話を聞くだけで終わってしまう会話だってあるかもしれません。
それでも、相手と心がかよったならば「話し上手」だといえるのです。

「相手と心をかよわせる」ことこそ、コミュニケーションの要。
そこに、話し上手が目指すものがあるはずです。

参考資料
・『好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい』 桑野麻衣 著  インプレス 2018年
・『銀座のママが教えてくれる 「会話上手」になれる本』 伊藤由美 著  ワニブックス 2019年

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*