自分の強みを見つける5つのカギ-プラス思考で未来を切りひらく

Pocket

Close,Up,Of,Human,Hand,Holding,Golden,Key

自分の強みを活かせる人生は幸せです。
自分の強みを知っている人は、道を切り開く指針をもっています。
例えば新しい仕事をはじめるにしても、転職をするにしても、自分がどこを目指すべきかということがわかっているので迷いません。

しかし、「自分の強み」の見つけ方がわからないという人も多いですよね。
ここでは、自分の強みを見つけるカギとして、5つの要素を解説します。
まず、強みの原動力となる「好き」という感情を分析。
そして、人生の指針となるような強みに共通する「3つのポイント」を解説します。

さらに、「自分の弱み」を知ることの大切さや、そのためにも重要となる「コミュニケーションの在り方」を解説し、最後に自分の強みを知るために役立つ「3つの指標」を紹介します。
あなたが自分を活かして未来を切り開くための1歩を見つけてください。


目次

1. 「好き」という原動力を分析する
1-1. 金銭とは関係のないことは継続できる
1-2. 子どもの頃を思い出す
1-3. 得意なことは行動が結びついている
2. 強みとなる3つのポイント
2-1. 没頭できること
2-2. 世の中にニーズがあること
2-3. 人と比べないこと
3. 自分の弱みを知る
3-1. 長所より短所は気づきやすい
3-2. 弱みをプラスにとらえる
3-3. 強みが弱みを補う
4. 人とかかわって自分を知る
4-1. ポジティブコミュニケーション
4-2. 常に人の話を聴く
4-3. 自分の弱みを知って人に頼る
5. 客観的な指標で自分を診断する
5-1. 自分発見シート
5-2. エコグラム
5-3. ストレングス・ファインダー
まとめ

1. 「好き」という原動力を分析する

Positive,Attitude,And,Happy,Concept.,Hand,Drawn,A,Smile,Face

「好きこそものの上手なれ」とは、誰でも好きなことは熱心になるので上達が早いということわざ。
「好き」という感情がわく事柄は、自分の強みになる第一条件をクリアしているといえます。

ですから、まずはこの「好き」という感情がわく事柄を掘り下げてみましょう。
人間の感情とは、五感で受けた刺激が脳に伝わり、記憶と照らし合わせて生まれるものです。
プラスの感情には、「好き」「楽しい」「心地よい」「美味しい」といったものがあり、マイナスの感情には、「辛い」「哀しい」「怒り」「つまらない」といったものがあります。

そうした感情の中でも、「好きか嫌いか」という決定はもっともシンプルな判断だといえます。
理屈ではなくて、感覚的な判断であることも多いですよね。

なぜ「好き」という感情が強みの原動力となるのか、考えてみましょう。

1-1. 金銭とは関係のないことは継続できる

おカネにならなくてもやりたいこと、対価を求めないことというように、金銭とは無縁のところにある「好きな事柄」は、強みになる要素だといえます。

「おカネ儲けが好き」だという人はけっこう多いでしょうし、仕事として考えたら金銭と無縁ではダメだと思われるかもしれません。
しかし、自分の意識の中で金銭とは無縁のところにある事柄は、継続させやすいのです。

最初から金銭がからむ事柄は、儲からなかったら失敗になる、やってみたものの願望が裏切られる、というようにマイナス感情が伴うので「好き」という感情を継続させることが難しいのです。

1-2. 子どもの頃を思い出す

「好き」という感情がわからないという人はいないでしょうが、自分の強みに結びつく「好き」とはどういうことかわからないという人がいます。

子どもの頃に好きだったことで、大人になった今でもその延長線上にあること。
これは強みになる要素のひとつです。

趣味であろうが仕事であろうが、幼少期から「好き」という感情や、「気持ちいいから」という感情が継続していることはありませんか?
料理をつくるとか、プラモデルをつくるというように、形を残すことに限らず、物事を肯定的に捉える、楽観的に考えるという「考え方」や「受け取り方」も、強みになる要素です。

1-3. 得意なことは行動が結びついている

何かを強みとするためには、自分の行動に現れている必要があります。
行動がともなわないことは、いくら好きでも自分の強みとして表に出ることはありません。

ここで大切なのが、「得意であること」です。
「得意であること」は、「好き」に続く第二の条件だといえます。
自分で得意だと思っていることは、行動に結びつきますよね。

「好きなこと」で「得意なこと」は、自分の強みになる可能性が高い事柄だといえるのです。

2. 強みとなる3つのポイント

Positive,Thinking,Concept:,Having,Fun,While,Enjoying,A,Hot,Cup

「好きであること」「得意であること」以外に、自分の強みを見つけるポイントが3つあります。

2-1. 没頭できること

時が経つのも忘れて没頭できることはありますか?
「没頭する」という状態は、脳で生まれたプラスの感情にひたっている状態。
没頭することは、ストレスケアでもっとも重視される方法です。
人間にとって、これ以上ポジティブな状態はありません。

没頭するようなことは、もっと知りたい、もっと上手くなりたいと思って追求しますよね。
自分の強みとなる事柄は、人より秀でていたり、個性が光っていたりするものですから、そこには強い探求心がともなわなければ、なかなか成立しません。

2-2. 世の中にニーズがあること

自分の強みになるポイントとして、世の中にニーズがあるという点があげられます。
これは言い換えると、「人の役に立つこと」「人を喜ばせること」ということになりますね。

没頭できる、好きで得意なことがあって、それが誰かを幸せにすることであったら強みになります。

松下電器(現パナソニック)の創業者で経営の神様と呼ばれた松下幸之助さんは、「会社の利益よりもお客さんを幸せにすることを第一に考えろ」という社員教育をしたことで知られます。
これは、世の中にニーズがあれば、利益は必ず後からついてくるという教えでした。

自分の好きなことがおカネとは関係のないところにあっても、それが誰かを幸せにすることだったら、仕事の強みとして成立する可能性が高いということなのです。

2-3. 人と比べないこと

3つめのポイントは、「他人と比べる必要がない」ということ。
ここには、「ライバルが存在しない強烈な個性」は強みになるという点と、相対評価によって崩れることは強みにならないという2つの意味があります。

「相対評価」とは集団の中で比較した個々の評価であり、「絶対評価」とはあらかじめ決まっている値との比較です。
小学生や中学生の頃、毎学期が終わるともらった通知表には、数字やABCによって表された各科目の評価がありましたよね。
あの評価は、かつてクラス内における相対評価であったのですが、2000年以降は絶対評価に変わっています。

通知表は、人と比べることよりも、個人を伸ばすことに主眼が置かれたということです。
通知表自体を廃止する学校もでてきているのは、自分の子どもを他人と比べて一喜一憂することに意味がないからです。

3. 自分の弱みを知る

Man,Using,Scissors,To,Remove,The,Word,Can't,To,Read

自分の強みを知るためには、自分の弱みを確認することがとても重要です。

自己分析によく使用されるフレームワークでは、「強み」の対極として「弱み」を置くことが多いのですが、その内容は必ずしも相反することとは限りません。
例えば「おカネと関係のないところにある趣味」が強みだとしても、「マネージメント能力の低さ」が弱みだとは限らないということです。

その人間の強みと弱みは、両面があって個性。
ですから、弱みは否定すべきものではなく、「ありのままの自分」の一部として受け止めることが大事。
それは、自分の強みを知る方法のひとつでもあります。

3-1. 長所より短所は気づきやすい

自分の長所をあげるよりも、短所をあげるほうが簡単ですよね。
人間は、自分の強みよりも弱みのほうが気づきやすいのです。

自分を深く知る方法として、まず自分の短所と向き合うことはとても有効です。
失敗しない人も、ミスを犯さない人もいません。
人は失敗から学び、成長するものですから、失敗につながってしまった弱みがあったとしても、それをしっかりと受け入れて分析することが強みにつながるのです。

3-2. 弱みをプラスにとらえる

自分のダメな部分を考えると、自分が嫌いになるという人は少なくありません。
しかし、ここで一度、その弱みは自分にとってどのようにマイナスとなっているのか考えてみましょう。

例えば「協調性がない」という弱みを感じている人は、周囲の人を理解しようとしていないのか、それとも歩調を合わせることをしないのか、考えてみるのです。
他人を認めないのではなくて、歩調を合わせず自分のペースで生きているのだと考えられませんか?

「責任感がない」ということを弱みだと感じている人は、自分にできないことを安請け合いしないのではありませんか?

このように弱みだと感じていることをプラスにとらえることができると、強みを見つけるヒントになることがよくあります。
他人に発言することではありませんから、こじつけでも強引でも、自分の中でプラスに結びつけられればいいのです。

こうしたプラス思考ができれば、それ自体が強みになってくることでしょう。

3-3. 強みが弱みを補う

自分の中で都合よく弱みをプラス思考に変えても、対外的にはマイナス要素のままかもしれません。
周囲の人たちは、あなたのことを相変わらず「協調性のない人だ」と思っているかもしれませんね。

しかし、弱みをプラス思考に変えてそこから強みが見つかると、周囲の人からの評価も変わってきます。
内面がプラス方向へ向かうと、評価が後からついてくるわけです。
松下幸之助さんの、「利益は後からついてくる」と同じですね。

4. 人とかかわって自分を知る

Close,Up,Portrait,Of,Young,Smart,Successful,Female,Smiling,,Woman

人間はかかわり合いながら生きているのですから、仕事であってもプライベートであっても「強み」とコミュニケーションは切り離して考えられるものではありません。

この項目では、人とのかかわりの中から自分の強みを見つけるカギをあげてみましょう。

4-1. ポジティブコミュニケーション

ポジティブコミュニケーションとは、お互いに良好な人間関係を築こうとする「ポジティブアプローチ」によるコミュニケーションを意味します。

今、なぜポジティブコミュニケーションが注目されているかというと、インターネットの普及でコミュニケーションツールが多様化したからです。
とくに、SNSやメールなどに多い文字だけによるコミュニケーションは、気持ちを正確に伝えることが難しいので、相手を気づかうアプローチが求められるようになったのです。

顔が見えない文字だけのコミュニケーションで、単に情報の伝達だけでなく気持ちのやりとりをしている人たちはコミュニケーション能力が強みだといえるかもしれませんが、常に相手を気づかうやさしさを忘れてはいけませんね。

4-2. 常に人の話を聴く

「聞き上手」になることは、コミュニケーション上級者への道です。
言葉によるコミュニケーションである「会話」のテクニックとして、相づちやうなずきの効果的な使い方を紹介する記事や書籍は多々ありますよね。

自分の弱みも強みも、人の話をよく聴くことから見つかるものです。
積極的に相手の話を聴きましょう。
どんな人が相手でも、自分のことをどう思っているか語ってもらえたら、そこには強みのヒントがあるはず。

会話は自分の評価を求めるものではなくても、言葉のやり取りから自分を知ることができます。
そのためには、「7を聴いて3話す」「8を聴いて2を話す」というくらいの会話術を身につけましょう。

4-3. 自分の弱みを知って人に頼る

人間はお互いに影響し合い、助け合って生きています。
人によって強みも弱みも違うもの。
すべてに完璧な人間などいません。

誰しもできないことや苦手なことがあっていいのです。
大切なのは、誰かの役に立つ強みをもっていること。
そして自分の弱みを補ってくれる人がいること。
これこそが、ポジティブコミュニケーションのもっとも大事なポイントなのです。

5. 客観的な指標で自分を診断する

Winning,,Success,And,Life,Goals,Concept.,Young,Woman,With,Arms

自分が知らない自分の強みを知るために、よく使われる指標を3つ紹介しましょう。
どれも客観的に自分を知って、幸せな未来を築こうとするものです。

5-1. 自分発見シート  

年月日
〇〇 様

私、〇〇〇〇の良いところを教えてください。
・内面

・外見

ご協力ありがとうございました。

これが、「自分発見シート」の必要事項。
紙にプリントしても文字データでもかまわないので、自分といろいろな距離感にある人から書いてもらいましょう。

ちょっとテレくさい内容ですが、「悪いところ」はなくて「良いところ」だけを聞くのが、プラス思考のポイント。
家族から友人、会社の同僚や上司など、いろいろな角度からの評価を見ると、気づいていなかった自分と出会えて、強みに結びつくかもしれませんよ。

5-2. エコグラム

アメリカの精神科医であるエリック・バーンが提唱した交流分析という心理学の分野があります。
「エコグラム」は、彼の弟子であるジョン・デュセイという学者が開発した性格診断ツールで、誰もがもつ5つの心の状態をグラフで表し、自分の性格特徴や行動パターンを知ることができます。

「支配性」「寛容性」「論理性」「奔放性」「順応性」という5つの自我状態をグラフ化するのですが、日本語でわかりやすく5分野の質問を設定して回答の一覧からグラフを作成、行動パターンを5種類の動物に分類して楽しく自分を知ることができる書籍なども出版されていますから、興味がある方はぜひ参考にしてください。

心理ゲームのように遊びながら自分を知ることができて、強みや弱みを考えられるだけでなく、期間をあけて行うと自分の成長も実感できます。

5-3. ストレングス・ファインダー

「ストレングス・ファインダー」は、アメリカのコンサルティング会社であるギャラップ社が開発したオンライン才能診断ツールで、強みを見つける方法として広く認知されています。

Webサイト上で177の質問に答えていくと、「実行力」「影響力」「人間関係構築力」「戦略的思考力」という4つに分類された34種類に資質が順序づけて示されます。

書籍を購入してアクセスコードから行う方法や、公式サイトから直接アクセスコードを購入する方法もありますが、手軽なのはスマホアプリをダウンロードして診断を受ける方法。

iOSの場合、トップ5の資質のみを知る料金が2400円、さらに34位までの資質を知るには8400円、新規で34資質のフルレポートを知るには10800円の料金がかかり、いずれも所要時間は約40分間です。(2021年3月時点)

もっとも安価なのは、アマゾンで約2000円で購入できる書籍に付属しているアクセスコードを使用してトップ5の資質を知る方法です。

まとめ

Think,Positive,-,Motivational,Slogan,On,A,Napkin,With,A

「自分に欠けているものを嘆くのではなく、自分の手元にあるもので大いに楽しむ者こそ賢者である」とは、古代ギリシアの哲学者エピクテトスの言葉。

自分のマイナス要素を嘆いていても、何も生まれません。
小さくても、おぼろげではあっても、自分がもっているプラスの資質に目を向けることから、強みを活かす幸福な人生がはじまるのではないでしょうか。

【参考資料】
・『戦略と情熱で仕事をつくる 自分の強みをみつけて自由に生きる技術』 松永直樹 著  ダイヤモンド社 2019年
・『自分のことがわかる本 ポジティブアプローチで描く未来』 安部博枝 著  岩波書店 2017年

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*