初心者必見!断食のやり方と成功のコツを3ステップで解説

コロナの影響で在宅時間が増え、運動できる時間は減り「前より太ったかも…」と悩む方が増えているようです。
そんな無闇に外出できない今の時期でもできるダイエット法として、最近特に注目されているのが「断食」です。

現代は、コンビニなどでいつでも手軽に好きな食事ができ、食生活の偏りや過食による体調不良や肥満が問題となっています。
そんな時代だからこそ、乱れた食生活が断捨離のようにリセットされ、食生活を見直すきっかけを作ってくれる断食が、今世界的に注目されているのです。

そこでこの記事では、断食の基本的なやり方から注意点まで、初心者が押さえておきたい断食のコツを分かりやすく解説しています。

断食は、その人の体調や食習慣によって十人十色のやり方があります。
まずは、自分の心と体に適した方法を見つけられるように、この記事から基本を押さえましょう。

続きを読む

ひどい肩こりを解消する6つの知恵-原因を知って早めの対処を

デスクワーカーには、ひどい肩こりで悩んでいる人が多いですよね。

首や肩のこりを感じていても、仕事を続けないわけにはいかないので慢性化しやすいのです。
少し揉んだくらいでは、またすぐに「こる」「痛くなる」の繰り返し。
肩をもんでくれるマッサージャーを使う、ストレッチをする、薬を飲む、整体を受ける、整形外科の病院で温熱療法を受けると、いろいろなケアを試してみても改善しないというケースが少なくありません。

肩がこるという人のほとんどは、首にも問題を抱えています。
頭を支えている首と、腕を支えている肩は、両方とも重力に耐えて大きな負担がかかる部位でありながら一体化しているのですから、問題を抱える人が多いというのはうなずけますよね。

ここでは、まず肩こりの原因やしくみを知り、セルフケアでできるマッサージやストレッチ、オフィスで簡単にできるエクササイズ、肩こりと深い関係にある自律神経の整え方などを6つの知恵と題して解説します。

続きを読む

3つの効果で実践する体脂肪の落とし方-脂肪を抑制する栄養素

ダイエットをしたいと思っている人に質問です。
「体脂肪」とは何か、理解していますか?

ぷっくり出てしまったお腹や、身体中を太らせている皮下脂肪が体脂肪だということはわかっていても、「血液中の脂肪」や「脂質と脂肪の違い」を理解している人は少ないでしょう。

「脂質」とは栄養素の呼び方で、体内に入って蓄えられると「脂肪」という呼び方に変わります。
「体脂肪」とは一般的に、脂質が体内で蓄えられた「皮下脂肪」「内臓脂肪」「血中脂肪」をさす言葉。
こうした体脂肪が多く蓄積すると、太ってしまうだけでなく、高血糖、高血圧など健康面でもいろいろな問題を生じることになります。

体脂肪を増やさない第一の基本は、摂取カロリーが消費カロリーを上まわらないこと。
しかし、それだけでは体脂肪を減らすことがなかなかできません。

ここでは効果的な体脂肪の落とし方として、「脂肪の燃焼を活性化する」「脂肪の分解を促進する」「脂質の吸収を抑える」という3つの効果をもつ成分の摂り方を紹介します。

続きを読む

5つの習慣で頭が良くなる方法-何歳になっても脳は活性化する

「頭が良くなる」とは、科学的にいうと脳機能が活性化すること。
そこで、ここでは脳機能を活性化させる方法を紹介します。
それも、難しい訓練や勉強ではなくて、習慣として簡単に身につけることで脳機能が活性化する5つの方法です。

近年の脳科学では、記憶と深くかかわっている脳の海馬という部位の神経細胞は、年齢に関係なく増え続けるということがわかっています。
「生まれつき頭が良くないから」「もう歳だから」、という理由で頭を良くすることをあきらめる必要はないということですね。

それなのに、物忘れが多くなったり、何かを覚えることが苦手になってしまったりするのは、神経細胞が増え続けている脳を活かせていないから。
脳の働きを阻害する要因が増えてしまうからです。

脳がきちんと働ける状態にすれば、頭は良くなるのです。
ここでは「記憶術」「睡眠術」「ストレスケア」「食生活」「運動習慣」という5つの習慣で脳を活性化する方法を解説しましょう。

続きを読む

うつで仕事を休む人への注意5項目-本当に困っている人を救え

「うつ病休職」をする人が増えています。
あなたの会社にも、休職中の人や、休職を経験した人がいるのではないでしょうか。

気分がうつで仕事が進まない、仕事が手につかないというときは、誰にでもあるもの。
多少のストレスを抱えながら仕事をしているのは普通のことですよね。
適度なストレスがあるから達成感や充実感が生まれるのです。

しかし、「仕事したくない」「仕事辞めたい」という気分が続き、上司に相談したら心療内科の受診をすすめられ、受診の結果「うつ病休職」になるというケースが増えているのです。

今、休職診断書をゲットすることが簡単にできてしまうために、それほど大きな問題を抱えているわけではないのにうつ病のレッテルを貼られることになり、仕事はできる状態なのに復職や仕事探しで苦労する人も多くなっています。

ここでは、本当にうつ病で困っている人を救うために、うつ病の基礎知識から休職や復職、うつ病休職の問題点など、5項目の注意事項を解説します。
安易に休職しないための知識としてお読みください。

続きを読む

記憶力を高める10の方法-年齢に関係なく脳細胞は増えている!

shutterstock_794735215物忘れが多くなったり、人の名前がなかなか覚えられなくなると、心配になりますよね?

「歳のせいだ」とあきらめて現実を受け入れる人もいれば、なんとか記憶力を取り戻そうと努力する人もいるでしょう。
たしかに人間は誰でも老化しますから、現実を受け入れることは大事ですが、こと記憶力にかんしては「歳のせいだ」とあきらめる必要はありません。

脳科学の分野は日々進歩しており、近年も、今までの常識を覆すような発見がいくつか発表されています。
そのひとつに、「人間は年齢にかかわらず、生涯ずっと脳の神経細胞を増やしている」という事実があります。

それなのに、なぜ年齢を重ねてくると忘れっぽくなるのかというと、脳の神経細胞は増えているものの、年齢の高い人の方が、神経細胞の新しいネットワークを作る力や、神経細胞に酸素を運ぶ能力が衰えているからだといいます。

ということは、こうした問題を解決すれば、高齢でも記憶力を高めることが可能なのです。

ここでは、最新の脳科学を取り入れて、日頃から習慣化することで記憶力を高める方法をわかりやすく解説します。

続きを読む

15分で理解する脳卒中の種類と症状-前兆を見逃さないポイント

shutterstock_668057440脳卒中の予兆がわかったら、問題を抱えている人も少しは安心ですよね?
脳卒中とは、脳内の血管トラブルで起きる病気の総称ですが、どれも知らない間に進行するから怖いのです。

脳の血管が詰まって起こるものに「脳梗塞」があり、脳の血管が破れて起こるものに「脳出血」と「くも膜下出血」があります。

脳は生命維持に必要とされる様々な身体機能を調節したり、五感で受けた刺激から感情を生み出したり、ある部位を動かしたりといった身体のあらゆる機能の司令塔となっており、その役割を担っているのが脳の神経細胞。
脳卒中によって一部の神経細胞に障害が起こるので、記憶障害や、身体のある部位が動かないといった症状が現れるのです。

かつて脳卒中は、日本で死因の第1位を占めていましたが、医療の進歩によって現在は第4位となっています。
しかし発症者の数は、高齢化や食生活の変化によって増え続けているのが現状。

脳卒中を発症すれば、命は助かったとしても後遺症が残って看護や介護を続けなければいけなくなることが多く、治療を継続しても症状の改善が見込めない「症状固定」となるケースも少なくありません。

ここでは、脳卒中の種類別に予兆と症状の現れ方を簡単に解説します。
予防や症状チェックのために、正しい知識を身につけてください。

続きを読む

疲れがとれない4つの原因を改善する方法-心と身体の疲労回復

shutterstock_1032355576

寝ても疲れが取れない、休養をとっても疲れがとれないという時、あなたはどのようなケアをしていますか?

疲れが取れない時は、身体のどこかに不調があるわけですから、その不調をもたらしている原因を改善すればいいのですが、それがうまくいかないと「過労」になって、いろいろな病気を引き起こしてしまいます。

休養すれば取れる疲労が第一段階だとすれば、疲れがとれないという症状が現れた疲労は第二段階にあたり、ここで対処できなければ第三段階の過労へと進行してしまうのです。
ですから、第二段階における対処はとても大事。

第二段階における対処のポイントは、心と身体の両面で疲労回復を図ることにあります。
「精神的疲労」と「肉体的疲労」は、別のものであるように思われますが、実は同じ原因から発していることがほとんど。
心の健康は、身体の健康なくして存在するものではありませんし、逆もまたしかり。
どちらかに不調が残っていては、疲れを完全に取ることができないのです。

ここでは、「ストレス」「栄養不良」「血行不良」「睡眠不良」という4つの原因を改善して、心と身体の疲労回復を図る方法を紹介します。

続きを読む

3つの生活習慣を見直して体力回復!―効率よく疲れをとる方法

shutterstock_330531731

あなたは、どうやって体力を回復させていますか?
「疲れたときは焼肉でパワーアップ」
「ニンニクを食べて疲労回復」
「1日休んでストレス解消」
「とにかく寝る」
人それぞれ、いろいろな体力回復法があることと思います。

ここでもう一度、自分の生活習慣を見直してみませんか?
医療や栄養学、脳科学などは日々進歩していますから、あなたが知らない効率的な体力回復法があるかもしれません。

「体力」とは、身体的活動能力のこと。
人間は、活動すれば脳や筋肉などを使って疲労します。
脳や筋肉の疲労を回復させるために欠かせないのが、栄養と休息と血流改善。

ここでは、「食習慣」「運動習慣」「睡眠習慣」という3つの生活習慣から、効率よく疲れをとって体力を回復させる方法を紹介します。

続きを読む

短期記憶とは何かがわかる-記憶のシステムを理解しよう

shutterstock_516533467

記憶には、短期記憶と長期記憶があるということをご存知ですか?
でも、その2つがどう違うかということや、そもそも記憶はどうやってつくられるのかということは、よくわかっていないという人が多いのではないでしょうか。

ここでは、短期記憶とはどのようなものか理解するために、脳に記憶が残るしくみや記憶の種類、短期記憶の特徴などをわかりやすく解説します。

脳科学や医学の分野は、日々研究が続けられて新しい事実が生まれ、今までわからなかった脳のしくみや機能が、少しずつ明らかになってきています。
そうした最新の情報を交えながら、神秘的な脳のシステムを紹介していきましょう。

続きを読む