5つのシーンで考えるストレス発散方法‐プラス刺激のつくり方

shutterstock_1387290422

あなたはストレスと上手に付き合えていますか?
「リフレッシュの方法」や「ストレス発散方法がない」という人はいませんよね。

スポーツなどで体を動かす、趣味のことに没頭する、美味しいものを食べに行くといった、ストレス発散方法のランキングに登場するような気持ちよいことや楽しいことは、何かしらもっていることでしょう。

ここでいうところの「ストレス」とは、五感で受けた刺激が脳に伝わって、マイナスの感情が生まれたときに起こる、自分を守ろうとする脳の反応です。
「ストレス発散方法」を英語にすると“stress relief method”で、“stress”には、精神的な「重圧感」や「圧迫感」といった意味と、物理的な「緊張」や「重圧」という意味があります。

人体のストレス反応は、筋肉を緊張させる、心拍や呼吸を早める、血圧を上げるといった指令を全身に送って戦闘態勢をとり、脳が外敵から身を守ろうとする本能的な反応なのです。
この状態が続くと、心身は疲労して体内に活性酸素が増え、老廃物の排出も滞って、脳を含む全身にいろいろな悪影響が現れます。

ストレスを意識的に忘れようとすれば、原因になっているマイナスの刺激を思い出すことになるので、さらにストレスを重ねる悪循環に陥り、解消することはできません。
ストレスを忘れる方法は、「心地よい」「楽しい」「うれしい」「美味しい」といった感情が生まれるプラスの刺激を自分に与えることにつきます。

ストレスの原因となるマイナスの刺激は、勝手に降り注ぐものですから、減らす努力はできてもなくすことはできません。
しかし、ストレスを忘れさせるプラスの刺激は意識的に増やすことができるのです。

ここでは、「朝」「仕事」「人間関係」「家庭環境」「休日」という5つのシーンで、ストレスを発散させるプラス刺激を紹介します。
ここであげた方法をヒントにして、自分なりのストレス発散方法を習慣化してください。

続きを読む

相手の気持ちを知る方法10カ条―人間の行動に隠されている心理

shutterstock_1185179290

もしも相手の気もちを知ることができたら、人間関係がスムーズになると思いませんか?

外からは見えない他人の気持ちを知ろうとする研究は、古代から行われてきました。
19世紀後半からは、目に見えることから心の中を知ろうとする研究が始まりました。
これが「心理学」という学問です。

 

行動心理学は、多くの人間に共通するような心理を読み解くものですから、個人が置かれている環境や感性などは考慮しません。
ですから、ただ一般的な行動心理を当てはめるだけでなく、相手が置かれている環境やその人の個性にも注目することが重要です。

また、男女の性差や、国民性、地域性なども考慮すべき。
たとえば、行動心理学の中心となる「非言語コミュニケーション」のひとつ、心理的な縄張りである「パーソナルスペース」は、男性の方が距離をとりたがる傾向があります。
女性は、密着しても割と平気な場合が多く、狭い空間などで行動をともにすると、相手に好感を持つ傾向があるといいます。

相手の気持ちを知りたい場合、こうした個人差も考慮しなければ精度が上がらないことを忘れないでください。

続きを読む

4つのステップで嫌いな自分を変える―自己肯定感を育てる方法

shutterstock_553243363

嫌いな自分を変えられたら幸せだと思いませんか?

失敗やミスをして自己嫌悪に陥いることは、誰にでもあるはず。
そんなときは、元気になれる曲を聴くとか、きれいな景色を見て自分を癒しますよね。
これは特別なことではなく、ストレスケアのひとつです。

しかし、自分が嫌いという気もちが強くなりすぎると、常にストレスを抱える状態になって、心と身体に悪影響を及ぼすことに。
強いストレスでふさぎ込むことが2週間以上続くと、うつ病などの病気と診断されることが多くなります。
この状態が悪化すれば、最悪の場合は、生きている価値がないなどと思い込んで自殺願望へと結びつくことも。

価値がない人間などいないのに、自分を肯定的にとらえることができなくなるために、気持ちが内向した状態から脱することができなくなってしまうのです。

自己嫌悪の悪循環から脱するために必要なのは、自分を肯定的にとらえる「自己肯定感」を高めることです。
ここでは、自己肯定感を高めて自分を変える方法を、4つのステップから紹介します。

続きを読む

ストレスフルから脱する4つの方法‐自分を楽にして生きるコツ

shutterstock_334226789

ストレスをうまく解消できないという悩みは、とても多いですよね。
それだけ、ストレスというものが厄介な存在だということです。

ここでは、「ストレスフルな毎日から脱する方法」を解説します。
ストレスフルの意味は、「ストレスが強い状態」。

「ストレス」の語源となっている英語の“stress”は、精神的、物理的な圧力や重圧という意味があり、日本語でも、重圧や心労が類語としてあげられます。

精神的重圧や心労が強い状態とは、どのようにして起こるものなのか。
ストレスフルな状態が続くと、どのような影響が出るのか。
精神的重圧や心労から逃れるためには、どうすればよいのか。

この3点について、最新の脳科学や医学を参考にしながら、わかりやすく解説します。

続きを読む

観察力を磨く5つのキーワード-違和感に気づける人は成功する

shutterstock_756016096

「観察」という言葉でイメージするのは、どんなことですか?

小学生の頃にやったアサガオの観察や、夏休みにつけた植物や虫の観察記録なんていう人が多いかもしれませんね。
推理小説が好きな人は、登場する探偵や刑事の観察力を思い浮かべるかもしれません。

観察力とは、「注意深く物事を見て気づく力」です。
英語では観察力を“Observation power”といい、“observe”には、観察する、目撃するということ以外に、「気づく」という意味もあります。

同じものを見ても、何かを気づく人と気づかない人がいます。
「観察力がある人は仕事ができる」といわれるのは、自分が知らぬ間に陥っている間違いや思い込みに気づけなければ、正しい判断ができないからです。

2016年に話題となった『観察力を磨く 名画読解』は、名画からいろいろな情報を読み取ることで、五感を鍛えることに言及した本でした。
観察力を磨くためには、情報の入り口である「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」という五感を鍛えることが欠かせません。

そして同時に重要なのが、自分の潜在意識や先入観を知って、些細な違和感にも気づくことができるように「思考回路を磨く」ことなのです。
ここでは、5つのキーワードから、観察力を磨く思考を解説します。

続きを読む

意思力を鍛える12の方法―潔く割り切って決意できる人間になる

shutterstock_1309152007

「強い意思をもって決められない自分」にイライラしてしまうこと、ありますよね?
何事に対してもスパっと割り切れたら、気持ちいいだろうと思いませんか?

決意できないのはなぜでしょう。
自分の意思に自信がもてないから?
責任をとることを考えると割り切れないから?
はたまた、考えがまとまらないからでしょうか。

意思力は英語で、“Determination”や“volition”と表現します。
RPGのファイナルファンタジーでは、ダイレクトヒットなどとともによく使われる言葉ですよね。

“Determination”は「決心や決意」という意味をもち、“volition”も「決意、決断力」という意味をもっています。
また、自分の意思で決意することを意味する“decisiveness”には、「潔さ」という意味もあります。

「決心や決意をする力」「潔く割り切る力」があったら、上のような悩みは解消できますよね。
意思力とは、いかなるときでも潔く割り切って決意・実行する能力だといえます。

ここでは、そうした意思力の鍛え方として、12のアクションを紹介します。
アクションのひとつとしてもあげていますが、自分を変えることを楽しみながら、決意できる力を身につけてください。

続きを読む

想像力を鍛える15の方法-やわらかアタマで常識をくつがえせ!

shutterstock_797039932

想像力を豊かにしたいと思っても、なかなか簡単にはできませんよね?

仕事で企画に携わっている人ばかりでなく、脳を活性化する手段としても、人生を楽しくするための要素としても、想像力を豊かにしたいと思っている人は多いですよね。

本をよく読む子どもは、想像力が豊かだといいます。
それは、無意識のうちに、小説の登場人物に感情移入して空想の世界を広げているからなのですが、大人になると子どもの頃のように自由な想像ができなくなっていきます。

そこで多くの人が、想像力を鍛えたいと考えるわけです。
本をたくさん読むようにするとか、想像力の向上を目的としたゲームやアプリをダウンロードして、スマートホンでトレーニングをするという方法もあるでしょう。

しかし、どうやってトレーニングするにしても想像力の根本となるのは、自由な発想ができる「やわらかアタマ」。
ここでは、国民的番組を手掛けた人気放送作家の鶴間政行さんの発想法をはじめ、常識をくつがえすような「やわらかアタマ」をつくり出すための15の方法をご紹介します。

続きを読む

ボクシング世界チャンピオン7人-頂点を極めた人の信念

shutterstock_365279999

ボクシングで世界チャンピオンにまで昇りつめた人の言葉には、重みを感じませんか?

それは、ボクシングの試合が、ほとんど同じ体重の選手同士によるパンチのみの戦いというシンプルな競技であるだけに、勝つためには並外れた努力が必要とされるからです。

日本のプロボクシングを統括しているのは、「JBC(日本ボクシングコミッション)」で、世界タイトルマッチをもっとも古くから行っている「WBA(世界ボクシング協会)」と、1963年にWBAから独立した「WBC(世界ボクシング評議会)」に加盟してきました。

JBCは2013年に世界の基準と合わせ、1983に設立された「IBF(国際ボクシング連盟)」と、1988年にWBAから独立した「WBO(世界ボクシング機構)」にも加盟したため、現在は主要4団体と呼ばれる4つの団体で世界チャンピオンが存在します。

それぞれの団体に、男子が、「ミニマム級(47.62キロ以下)」から「ヘビー級(90.72キロ以上)」まで17階級、女子が「アトム級(46.26キロ以下)」から「ヘビー級(79.38キロ以上)」までの17階級があります。

2019年7月現在、日本人の歴代世界チャンピオンは、男子が92名、女子が25名となっていますが、中でも「5階級制覇王者」や「4団体制覇王者」と呼ばれる世界チャンピオンは、こうした複数の階級や団体で王者になるという偉業を成し遂げた人たちなのです。

ここでは、ボクシングという厳しい世界で頂点を極めた人たちが、勝負に賭ける人生で残している言葉を紹介します。
そこには、どんな苦境でも乗り越えていくための、生き方のヒントがあるはずです。

続きを読む

孤独感を楽しむ16のヒント-ネガティブイメージからの脱出方法

shutterstock_321921797

孤独を恐れて、これからの自分に不安を感じることは誰にでもありますよね?

孤独感は一般的に英語で”loneliness”と訳されますが”solitude”という言葉が使われることもあります。

20世紀前半に活躍したドイツの神学者ポール・ティリッヒの名言に次のようなものがあります。

Language has created the word “loneliness” to express the pain of being alone. And it has created the word “solitude” to express the glory of being alone. 

「言語は1人でいることのさびしさを表すために”loneliness”という言葉をつくった。一方、1人でいることの喜びを表すために”solitude”という言葉をつくった」

孤独には、「孤独死」や「ひとりぼっち」といったネガティブなイメージが定着しているために、孤独感を恐れる人が多いのですが、1人でいることにはいろいろな喜びもあります。

もし孤独感が不安を生んでいるとしても、考え方ひとつで楽しみに変えてしまうことも可能なのです。

近年は「孤独」をテーマとした書籍が何冊も話題になりましたが、ここではそれらの本の中から、孤独感のネガティブなイメージを解消して、1人でいることを楽しむためのヒントとなる考え方を紹介しましょう。

続きを読む

人生が辛いときに役立つ心の3要素―困難を乗り切るテクニック

shutterstock_1199738545

人生が辛い時期は、誰にでもありますよね。
辛いことばかりが続いて、なぜ自分はこんなに苦しい思いをするのだろうと考えてしまうようなときです。

5ちゃんねるなどの掲示板には、同じ境遇の人間が集まり、「俺の人生、辛いだけ」「人生に疲れたヤツ集まれ」「仕事が辛い」といったタイトルで気持ちを吐露し合っていますね。

なじみのない人から見ると、ただ愚痴を書き連ねて傷をなめ合っているだけに思えるかもしれませんが、実は、自分の気持ちを吐き出すことは辛さを乗り切る効果的な手段のひとつ。
そうした場を活用するのもひとつのテクニックです。

ここでは、人生が辛いと感じているときに、乗り切るパワーをもたらす3つの「心のあり方」を紹介します。
「逃げる心」「楽しむ心」「折れない心」という3つの要素から、困難を乗り切るために役立つテクニックを解説していきましょう。

続きを読む