「般若心経」全文から学ぶ生きるヒント30-仏の智慧で楽になる

Pocket

shutterstock_424330555

「般若心経」の現代語訳を見ても、いまひとつリアリティがわきませんよね?

一方、法要などでお坊さんが話す法話は、日常生活や地域に根差したものが多いので、わかりやすいです。
般若心経の内容も、もっと身近なものになったらいいと思いませんか?

般若心経は、大乗仏教を代表する経典群である「般若経」の教えを凝縮したものです。
般若経は膨大な経典群なので、何人もの人によって編集作業が行われました。
その中でもっとも普及したのは、『西遊記』に登場する三蔵法師のモデルとして知られる玄奘が、般若経の集大成として編集した、600巻の『大般若経』です。

般若心経は、その中には含まれていませんが、玄奘が漢訳したとされる『般若波羅蜜多心経(般若心経)』が日本に広まり、現代においても、もっとも多くの人に読まれている、もっとも短い経典として知られています。

経題を除いてわずか262文字に凝縮されているのは、仏教の基本をなす「空」の思想で、そこには現代においても楽に生きるヒントがたくさん詰まっています。

ここでは、般若心経を「苦しみに惑わされることなく」「変化を受け入れて」「こだわりを捨てる」「もう迷うことはない」「さあ、行こう!」という5つの部分に分けて、30の言葉の現代語訳とともに身近な例に当てはめながら、仏の智慧を解説します。

目次

■ 般若心経 全文

1. 苦しみに惑わされることなく
① 観自在菩薩
② 行深般若波羅蜜多時
③ 照見五蘊皆空
④ 度一切苦厄

2. 変化を受け入れて
⑤ 舎利子 色不異空 空不異色
⑥ 色即是空 空即是色
⑦ 受想行識 亦復如是
⑧ 舎利子 是諸法空相
⑨ 不生不滅 不垢不浄 不増不減

3. こだわりを捨てる
⑩ 是故空中無色 無受想行識
⑪ 無眼耳鼻舌身意
⑫ 無色声香味触法
⑬ 無眼界 乃至無意識界
⑭ 無無明 亦無無明尽
⑮ 乃至無老死 亦無老死尽
⑯ 無苦集滅道 無智亦無得
⑰ 以無所得故 

4. もう迷うことはない
⑱ 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 
⑲ 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖
⑳ 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃
㉑ 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
㉒ 得阿耨多羅三藐三菩提

5. さあ行こう!
㉓ 故知般若波羅蜜多
㉔ 是大神咒 是大明咒
㉕ 是無上咒 是無等等咒
㉖ 能除一切苦 真実不虚
㉗ 故説般若波羅蜜多咒 即説呪曰
㉘ 羯諦羯諦 波羅羯諦
㉙ 波羅僧羯諦 菩提僧莎訶
㉚ 般若心経

まとめ

■ 般若心経 全文

shutterstock_387319315

仏説摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是 舎利子 是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 是大神咒 是大明咒 是無上咒 是無等等咒 能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多咒 即説呪曰
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提僧莎訶
般若心経

※以下、漢字のあとのカッコ内がひらがなの読み、2行目が現代語の意味です。

1. 苦しみに惑わされることなく

shutterstock_1122199061

① 観自在菩薩(かんじざいぼさつ)

お釈迦さまに代わって教えを説く観自在菩薩(観音菩薩)は

玄奘は「観世音菩薩」を、救いを求める人々を柔軟な姿勢と自由な発想で救う存在として、「観自在菩薩」と訳しました。
すでに仏となることができるのに、この世にとどまって人々とともにいるのが菩薩であり、苦しみを同じ立場で受け止めて、手を差し伸べるのが菩薩行です。

誰の中にも観音様がいます。
自分の中にも観音様がいらっしゃることに気づき、困っている人に寄り添う気持ちを忘れないようにしましょう。

② 行深般若波羅蜜多時(ぎょうじんはんにゃはらみったじ)

大いなる仏の智慧を知るために深く修行をしていたとき

人生にある多くの「行(修行)」は、思慮深く冷静な、バランスのとれた心で実践することが大事です。
迷いや不安のない、すっきり晴れ晴れとした状態の心が、悟りへの道を開きます。

そのためには、あるがままの自分を受け入れて、自分という存在をまっとうしていかなければいけません。
老いても抗ったりせず、その年齢でなければできないことをしっかりやって生きましょう。

③ 照見五蘊皆空(しょうけんごうんかいくう)

人間は色(しき/身体)と、受(じゅ/感受)、想(そう/記憶)、行(ぎょう/意志)、識(しき/識別)という精神の5つの力で構成されているが、そこに実体はないと見抜き

仏教における「無常」とは、この世に常なるものはないという意味。
世の中に存在するすべてのものは、変化します。
永遠に変わらないものなどありません。

人の気持ちも一瞬一瞬で変化するのですから、ほかの人や物に永遠を求めても無駄なこと。
「永遠の愛」などというものも、ただの錯覚にすぎないのです。
変化するのは自然なことなのですから、嘆く必要はありません。

④ 度一切苦厄(どいっさいくやく)

すべての苦しみを乗り越えて、自由な境地に到達したのだ

人が出会うすべての苦しみも、変化するもので、実体などないことを体感すると、様々な苦しみから解放されます。

人は、突然に降り注ぐトラブルや思いがけない失敗を、ひとつ乗り越えるごとに心が磨かれて、さらなる高みへと上昇していくのです。
だから、苦しみから目を背けないことも大切です。

 

2. 変化を受け入れて

shutterstock_422411512

⑤ 舎利子 色不異空 空不異色(しゃりし しきふいくう くうふいしき)

シャーリプトラよ、よく聞きなさい、色や形があるものは実体がないのだ。ただ一時的な存在として現れるだけなのだ

すべてのものはそれだけで存在できるわけではなく、ほかのものとのかかわりがあって存在しているのであり、かかわりがなくなれば存在も消えてしまいます。

「空(実体のないもの)」は、かかわりによって、「色(目に見えるもの)」となるのです。
自分は「空」なる存在であり、ほかの人とのかかわりの中で存在することに気づくと、他人の意見を受け入れる心の広さをもつことができるはずです。

⑥ 色即是空 空即是色(しきそくぜくう くうそくぜしき)

色や形があるものは実体なきものであり、常に変化している

目に見える物質的なものと、目に見えない精神的なものの調和こそが理想であり、真実の姿なのです。
身体と心は、ふたつでひとつ。
身体と心を同時に磨くことが大切です。

⑦ 受想行識 亦復如是(じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ)

人間の心の働きである「受(感受)」、「想(記憶)」、「行(意志)」、「識(識別)」も、同様に実体がない

考えたり感じたりする心の働きも、移り変わる、実体のないものです。
私たちはどんなときにも、「受」「想」「行」「識」を繰り返しており、移ろいの中で生きているのです。

そうした人間どうしがかかわりをもつことになるので、悔しい感情や怒りの感情がわき上がるのは当然のことです。

そうした感情をいつまでも心に留め置かないためには、自分が変わればいいのです。
自分が変わればかかわりもかわるので、前とは別の「受」「想」「行」「識」が生まれます。

⑧ 舎利子 是諸法空相 (しゃりし ぜしょほうくうそう)

シャーリプトラよ、よく聞きなさい、この世の森羅万象は実体がなく、永遠に変わらないものはない

自分が移ろいゆく存在であることを知ると同時に、相手もまた移ろいゆく存在であることを理解しましょう。

街路樹を見てください。
夏は青々と茂っていた葉が、冬にはひとつ残らず落ちてしまい、また春が来ると若葉を出して花を咲かせ、実をつけます。

移ろいゆくことは自然なことなのです。
変わらないものを求めるのではなく、ありのままの移ろいを受け入れましょう。

⑨ 不生不滅 不垢不浄 不増不減(ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん)

そして実体がないのだから、生ずることも滅することもなく、汚れたりきれいになったりすることもなく、増えたり減ったりもしない

苦しみも悩みも、比べたり選り好みをしたりするから生じるのです。
仕事にしても、やりがいがあるとか、好きだからなどと考えるために面倒な問題がおこるのです。

自分がやるべき仕事が、ただそこにあるだけだと考えれば、どんな仕事にも全力投球することができます。

 

3. こだわりを捨てる

shutterstock_626818022

⑩ 是故空中無色 無受想行識(ぜこくうちゅうむしき むじゅそうぎょうしき)

したがってすべての事象が空であるからには色形も無く、受(感受)も想(記憶)も行(意志)も識(識別)もない

この世のすべての現象に永久不滅など存在せず、個人の感覚も幻のようなものです。
目に見えるものは一瞬で変わるのですから、絶対的な価値など存在しません。

だから、意見やライフスタイルの違いで人と争うのは愚かなこと。
そこに気づけば謙虚になれて、人に優しくなれるはずです。

⑪ 無眼耳鼻舌身意(むげんにびぜっしんに)

空の中では「六根」といわれる眼も耳も鼻も舌も身も意も存在しないのだから、感覚に頼りすぎてはいけない

感覚は人によって違うもの。
同じものを見たり聞いたり、味わったりしても、どう感じるかはその人次第です。
あらゆる人に共通の絶対的な感覚など、この世の中には存在しません。

⑫ 無色声香味触法(むしきしょうこうみそくほう)

「六境」といわれる、目が見た色、耳が聞いた音、鼻がかいだ香り、舌が感じた味、身が感じた触感、心の意識も存在しないのだから、六境に惑わされてはいけない

感じとるものすべてが、人の心を乱します。
絶対的な感覚などないのですから、今感じていることが絶対正しいとか、間違いであるとか思い込む必要はありません。

それがわかると、何かに心を支配されることがなくなり、あるがままの喜びや悲しみを実感できるようになります。

⑬ 無眼界 乃至無意識界(むげんかい ないしむいしきかい)

目に映るものから、それらを受け止める意識まで、六根はすべて「無」なのだ

「いい、悪い」や「好き、嫌い」で物事を判断すると視野が狭くなって、自分が苦しむことになります。

自分の価値観を優先させず、客観性のある柔軟な感性をもつことが、幸せな人生につながります。

⑭ 無無明 亦無無明尽(むむみょう やくむむみょうじん)

自分の無知を知って執着を捨てるのだ。悟ることにも執着してはいけない

知らないことは、恥ずかしいことではありません。
人はいくつになっても学ぶことができます。

未知のことにときめく純粋さを忘れず、今日も学べるということに感謝しましょう。

⑮ 乃至無老死 亦無老死尽(ないしむろうし やくむろうしじん)

老いることや死ぬことまで、すべての苦しみにとらわれてはいけない

死ぬことに不安や恐れの気持ちをもっても、もたなくても、いつかその日がくることに変わりはありません。
それがいつなのかは、誰にもわからないのです。

わからないのですから、考えてもどうにもなりません。
すべてを自然な移ろいにまかせきってしまえば、不安も恐れもなくなります。

⑯ 無苦集滅道 無智亦無得(むくしゅうめつどう むちやくむとく)

苦しみもその原因も、苦が消えることや悟りへの道にとらわれてはいけない。今までに学んだ智慧も御利益も捨てて前へ進みなさい

仕事で最高の成果をあげたと思っても、まだ工夫の余地があるかもしれません。
大切なのは、何があっても歩みをとめないことです。

どんな高みに達しても、安住してはいけないのです。
ひとしきり喜んだら、また一歩踏み出しましょう。

⑰ 以無所得故(いむしょとくこ)

何ひとつ自分のものではないのだから

どんなに多くのものを手に入れても、あの世にもっていけるものは何もありません。
命さえ、仏さまからお預かりしたものなのです。

すべては預かりものなのだということが理解できれば、物事に執着しなくなります。
執着をひとつ捨てれば、ひとつ苦しみから脱することができて、それが喜びとなります。

 

4. もう迷うことはない

shutterstock_204614026

⑱ 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 (ぼだいさった えはんにゃはらみったこ)

すでに仏になれる立場にあるのに、あえて人々を救うためにこの世で修業を続けておられる菩薩は、大いなる仏の智慧をより所とするので、

相手のためになる行いを「利行」といいます。
利行は双方向性をもっていて、あなたが利行を行うと、相手からも利行が返ってきます。

だから、人を助けることで、自分が磨かれていくのです。

⑲ 心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖(しんむけいげ むけいげこ むうくふ)

心にこだわりが無く、不安も恐怖も無い

大切な人を失う、築き上げてきた地位を失う、資産を失うといった喪失感は、恐怖を生み出します。
しかし、未来のことを不安に思ったり、悩んだりしても、未来が変わるわけではありません。

私たちが生きることができるのは、未来でも過去でもなく今、この瞬間だけなのです。
今だけを精一杯生きることしかできないのです。

⑳ 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃(おんりいっさいてんどうむそう くきょうねはん)

あらゆる間違ったものの見方や、ありもしない想像による迷いから解き放たれているので、悟りを極めることができる

先入観で物事を判断すると、大切なものが見えなくなることがあります。

せっかく巡り合った、親友になれるかもしれない相手でも、先入観に固執すると人物を見誤ってしまいます。

先入観は心の翳りです。
苦手な相手だと思っても、すこし長い目で見てみようという姿勢を忘れないようにしましょう。

㉑ 三世諸仏 依般若波羅蜜多故(さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ)

過去、現在、未来に普遍の存在である三世の仏も、大いなる仏の智慧をより所として

仏性(仏さまの命)=真理は、自分の心の中にあります。
ですから、より所にすべきは自分なのです。

迷いのない本来の自分から目をそらさずに、寄り添って生きることで、内なる仏さまと一緒に生きることができるのです。

㉒ 得阿耨多羅三藐三菩提(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)

この上ない、正しい悟りの境地を開かれたのだ

何度も失敗をしてその度にやり直して、また初心で学び直す。
それを気が遠くなるほど積み重ねることが、目標へ到達する道なのです。
人生に近道はありません。

 

5. さあ行こう!

shutterstock_382198903

㉓ 故知般若波羅蜜多(こちはんにゃはらみった)

したがってこう考えなさい。大いなる仏の智慧は

あらゆることが、何かの「おかげ」で成り立っています。
「おかげさま」という感謝の心で生きることで、「真理=仏さまの智慧」を感じる感性を磨くことができます。

㉔ 是大神咒 是大明咒(ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ)

偉大な真言(真実の言葉=マントラ)であり、悟りを得るための真言であり

言葉にはパワーがあります。
思っているだけでは、気持ちを相手に伝えることはできません。
言葉にして伝えましょう。

家族や親しい友人とは、言葉をかけなくてもわかり合える仲だからこそ、感謝の言葉や愛の言葉を伝えると、お互いの心に響きます。

㉕ 是無上咒 是無等等咒(ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ)

永遠に究まることのない真言であり、絶対にして並ぶもののない真言だ

無上の幸せとは、不安や怒り、悲しみといった感情から解き放たれて、心が穏やかな状態にあることです。

幸福は、あなたの内側にあるのです。

㉖ 能除一切苦 真実不虚(のうじょいっさいく しんじつふこ)

すべての苦しみを取り除く、偽りのない真実の言葉である

現代社会で生きていると、見栄をはったり知ったかぶりしてしまうこともあるでしょう。
真実を隠して、都合よく自分を伝えることもあるでしょう。

しかし、真実を知っている自分を騙すことはできません。
自分を偽れば、不幸になるのは自分なのです。

㉗ 故説般若波羅蜜多咒 即説呪曰(こせつはんにゃはらみったしゅ そくせつしゅわつ)

それ故に、般若波羅蜜多を聖なる真言として説こう。その真言の意味は

629年に唐を出発して天竺(インド)へと向かった玄奘は、16年間に及ぶ過酷な旅の途中、食べ物がない老人に施しをしました。
その老人が、「悪魔や怪物が出てきたらこの言葉を唱えなさい」といって、教えてくれた真言こそが、般若心経だったのです。

玄奘はそれを唱えることで内なる幻想や妄想を追い払い、無事に多くの経典や仏像をもち帰ることができたといいます。

㉘ 羯諦羯諦 波羅羯諦(ぎゃていぎゃてい はらぎゃてい)

悟りの世界へ往く者よ、悟りの境地に到った者よ

「できないかもしれない」「苦手」「やったことがないから不安」といったマイナスの感情は、勝手にわき上がるものですから消すことはできません。

それを乗り越える方法は、一歩踏み出す勇気をもつこと。
未来の輝く自分へジャンプすることは、誰にでもできるのです。

㉙ 波羅僧羯諦 菩提僧莎訶(はらそうぎゃてい ぼじそわか)

ひとり残らずみんな一緒に悟りの世界へ行こう。悟りよ、幸あれ!

人は自分のために努力を重ねるよりも、誰かの役に立つために動くときの方が、大きな結果を残せるものです。

あえて己を捨て去り、誰かのために動くことで、幸せを感じることができるのです。

㉚ 般若心経(はんにゃしんぎょう)

これが、仏の智慧の真髄を説く般若心経なのだ

真理は、過去、現在、未来を超えた不変のもの。
般若心経という世界一短いお経も、形を変えながら、2千年以上のときを超えて現代に伝わっているものです。

真実の教えだからこそ、時空を超えて支持されてきたのです。

 

まとめ

shutterstock_422172331

ここでは、楽に生きるヒントとして、冒頭から般若心経の全文を現代的にわかりやすく噛み砕きました。

般若心経の歴史や概要は、「30分で理解できる「般若心経」の概要-歴史と全文の意味を知る」で解説していますので、そちらも参考にしてください。
成り立ちを知ることによって、さらに般若心経を理解することができるはずです。

また、ネット上には、無料でダウンロードできる縦書きのpdfもありますし、般若心経を扱う本には印刷された写経用手本が付随しているものもありますから、ぜひ写経用紙を用意して、意味を噛みしめながら1文字ずつ心を込めて写経してみてください。

【参考資料】
・『ラク〜に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経』 加藤朝胤 リベラル社 2015年
・『生きるのがラクになる 「般若心経」31の知恵』 枡野俊明 サンマーク出版 2017年

Pocket

▼ファミリアスピリット・アプリ(iTunesサイト) ※iphoneでご覧ください bannar-familiarspirits familiarspirits-app-download

コメントをどうぞ

*